ファンタジー

転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい【ネタバレ6話】お気楽第二王子

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』 アラサーOLの政子は彼氏にフラれ、駅の階段で転落し乙女ゲーム『ドS王子輪舞〜俺様を選べよ〜』の中の悪役令嬢に転生します。断罪の日、どうせ死ぬならとドS全開で王子のお尻を叩くと王子もまんざらではない様子で・・・!?

舞踏会でラストダンスを踊ったフレイアとアーサー王子。「その褒美に可愛がってやる」と言うアーサーをバルコニーに呼び出したフレイアはお仕置きをするのですが・・・!?

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』6話のネタバレを紹介します!

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』6話 ネタバレ!

ブレイクはテディを呼びにやって来ました。

しかし、テディはエミリーが来ていると聞いて、鏡の前でせっせとおめかしをしていました。

それに比べて、兄貴のアーサーはずっと働き詰めです。

少しは手伝ったらどうだ?勉強もしてないんだろ?と言うと、テディはブレイクに抱きつきました。

勉強なんてなんの意味があるの?と言って目を潤ませます。

テディは第二王子です。

大変なことは全部優秀なお兄様がやってくれます。

それにテディは、お兄様に子供ができなかった時、王家の血を途絶えさせないためだけに作られた予備のようなものなのだと言ってしょぼくれると、ブレイクは頭をなでなでしてあげます。

実際、兄は優秀で、テディはあらゆる場面で出番がないお気楽王子です。

兄はたくさんの賞賛を浴びました。

しかしテディは、ちょっと泣くとみんながやってきてチヤホヤします。

今も、ちょっとしょんぼりすれば、周囲の人間が甘やかしてくれます。

勉強は必要なくない?僕は仕事しないし〜!

僕は可愛いもの、綺麗なものだけ愛でて生きていたいのです。

だって僕は可愛くてキレイだから!

みんなが愛でてくれるこの状況が大好きなのです。

そんなにめかし込んだところで、エミリーとは遊べないぞ。なんせフレイアが来てるからなとブレイクが言います。

今、フレイアはアーサーの仕事を手伝っています。

フレイアって仕事ができるお姫様だったんだ。意地悪なだけかと思ってたとテディが言います。

お后教育のおかげか、フレイアはすごく優秀です。

アーサー王子とフレイアがくっついたら、超優秀な国王夫婦の誕生になります。

それってすごい楽〜!とテディは思うのでした。

お兄様の様子がおかしいので、フレイアとの関係も時間の問題かもしれません。

そしたらエミリーは僕にくださるかな!?

ところで、フレイアが仕事を手伝うなんてどいう風の吹き回し?とテディが訊きます。

さぁ、仕事に支障をきたした責任を感じてるみたいだが・・・最近、エミリーにも優しいし、別人のようで、何を企んでるんだかとブレイクが言います。

確かにフレイアは変わりました。

エミリーに優しくなったって言うなら・・・

僕も甘やかしてくれる?!

だって僕可愛いし!

そして、執務室に着くなり、テディはフレイアに駆け寄ります。

おーねーさまっ!

そう言ってテディはフレイアに抱きつきました。

な、何をしている!?とアーサーが叫びますが、フレイアの表情はピクリとも動きません。

誰?・・・うわ曲がった・・・と言ってフレイアは書類を気にしています。

第二王子のテディだよ。冗談がお上手だね!と無邪気な笑顔を見せてテディが言います。

ああ・・・それで『お姉さま』ね。まだ正式に結婚していないから、やめてちょうだい。そんなことより・・・と言ってフレイアは書類の束を差し出します。

あなたも仕事してよ。第二王子ならできるでしょ?とフレイアが言うと、ええーー?僕できなぁいとテディが甘えます。

それを聞いた瞬間周りが凍りつきます。

あっ、そうなら用はないわとフレイアは言いました。

めちゃくちゃ塩対応に、テディはゾクゾクとしました。

しかしテディは、よ、用がないならいいや!と拗ねて部屋を出て行ってしまいました。

あれなんなの!?

フレイアは素で分かりませんでした。

歳!?

否!

昔からガキに興味がなくて、あんなにやり込んだゲームなのに、さっきのガキは数回しか攻略してないから、影が薄かったようです。

まいっかとフレイアが言います。

テディ様が出て行ってしまったんだぞ。追いかけてお許しを得なくていいのか?とイーサンが言います。

はぁ?ああいうのは、かまうからつけあがるのです。無視が一番!とフレイアが言うと、出て行ったドアのすぐ裏で会話を盗み聞きしていたテディは焦ります。

はぁ〜!?無視とかはじめてなんだけど!?とムズムズしてしまいます。

それに比べてうちのエミリーは、『お姉さまがお仕事なさるなら、私もお手伝いしたいです!』って私が資料を頼んだら、資料室にすっ飛んで行ったし・・・可愛かった〜!とフレイアが言います。

それを聞いたテディは、ふぅん、それならばと、エミリーに甘やかしてもらうことにしました。

資料室に入ると、エミリー!こんなところにいたんだねと言ってテディは目に涙を溜めてキラキラさせて見せます。

ど、どうなさったんです!?とエミリーが心配して駆け寄ってくると、僕も君と同じ!君のお姉さまにいじめられたんだ!と言って泣きつきます。

ほら、よしよしして慰めて!

するとエミリーはお姉さまはそんなことしません。もしそれが事実なら、また悪霊が取り憑いてしまったのでしょうか!?と言って動揺します。

知らないけど、そういうんじゃないな。僕にはとてもできないような仕事を押し付けてきてねとテディが言います。

あら、羨ましいですとエミリーは言います。

テディ様はきっとできると一目で見抜いたのですよ。だってお姉さまはアーサー様の代わりに指示を出して仕事を割り振っていましたから。

何にも分からない私には、資料集めのお仕事を任せてくれました!ですから、お放しになってください。私お仕事の途中で・・・

ああ・・本当腹立つ

テディは話を遮っていきなりエミリーに壁ドンします。

だからそれもいじめなんだってぇ。エミリーが可愛いから、わざわざこんな埃っぽいところに追いやったんだよ、あの女。可哀想なエミリー。騙されてるんだ。

そんなことありません!とエミリーは否定します。

その時でした!

エミリーを放しなさい!!

フレイアが現れました。

遅いと思って来てみれば、何をしているのです!とフレイアが言います。

漏れ聞こえてくる話を聞いてみれば、なんやかんやと理由をつけてまともに働かなかった前世のヒモ男にそっくりです。

フレイアがテディを睨むとテディはたじろぎます。

な、何睨んでるんだよ!叩かれても、僕はお兄様みたいに屈して意見を変えたりはしないよ!とテディが言います。

フレイアは深いため息をつきました。

そして、資料はそれで全部?イーサン、全部持って執務室に戻りましょうとフレイアが言いました。

テディはまたしても完全に無視されてしまいました。

なんだあの女・・・!?

資料室に一人取り残されるテディですが・・・!?

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』6話 感想

今回は甘ったれ第二王子の登場で面白かったです!そしてフレイアのまさかの塩対応に笑えました!

印象に残ったのは、「ああいうのはかまうからつけあがるのです。無視が一番」と言って甘ったれテディをヤキモキ、むずむずさせたところが爽快でした!

*まとめ*

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』6話のネタバレを紹介しました!

全然フレイアにかまってもらえない第二王子・テディ。次はどんなことをして気をひくのでしょうか!?そして次はどんなお仕置きがあるのでしょうか!?楽しみです!!

『転生悪役令嬢は見せかけドS王子をお仕置きしたい』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/