サスペンス・ミステリー

【ミステリと言う勿れ】2話その④ネタバレ!会話する犯人(前編)4

『ミステリと言う勿れ』謎めいた天然パーマの久能整(くのうととのう)は突然任意同行されて、近隣で怒った殺人事件の容疑にかけられる。しかもその被害者は整の同級生で・・・。次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整は一体どうなるのか・・・・?!

トイレ休憩を取ってる間、整は犯人はこんなに余裕な時間を使ってるってことは

他に仲間がいるのではないか?と推測し始めます。

逃げたら連帯責任で皆殺しだと言う犯人に整は・・・?!

『ミステリと言う勿れ』2話その④のネタバレを紹介します!

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

ミステリと言う勿れ【2話その④】ネタバレ!

全員のトイレ休憩を終え、最後の人が帰って来たところでバスはまた走り始めました。

「どこに向かってるのか?」と整が聞くと、

「じゃあ落ち着いた所でまだ色々聞いてみようかな。

例えばこの中で・・・人を殺したことがあるやつはいるか?

とバスジャック男が言いながら、奈良崎の方を先に見ました。

すると、奈良崎は

「あるわけ・・・ないだろう・・・」

と言いながら、その顔は思い出した風でした。

「あれぇ?心当たりあるのかな?」

バスジャック男がそう聞くと、

「そんなものはない!私は真面目に働いてきた。

人を殺したりするはずないだろ!」

と顔を背けました。そんな奈良崎に男は

「じゃああんたはどうして人を殺しちゃいけないと思う?」

と質問をしました。

「そんなもの当たり前のことだろうが!」

と奈良崎が言うので、話にならんと言った顔でバスジャック男は露木に

「あんたは?人を殺したことがある?」

と聞きました。露木は間を置くと、

「ないわよ」

と答え、人を殺しちゃいけないのは自分が殺されたくないからでしょ!と言い、

「他人にされて嫌なことは他人にするなって習わなかった?!」

と答えると、男はそれだと殺されてもいいってやつは殺してもいいことになっちゃうよと

返しました。

「あんたは?柏さん?人を殺したり殺したいと思ったことは?」

とても疲弊した顔で柏は「やめて・・・」とだけ答え、

男はヒートアップして熊谷にも聞いてきました。すると・・・

「残された人が悲しむから。」

と熊谷が答えたので、悲しむ家族がいないなら殺してもいいのか?と

男が言って来たのでそれは屁理屈だと返しました。

最後に淡路に聞くと、

「罪になるからみんなやってないんだよ!」

と言うので、捕まらないならやるのか?だからその罪になる理由を聞いてるんだよと

男はまたも大きな声で言いました。

「どうしてだ 教えてくれ!どうして人を殺しちゃいけないんだ!?」

その時・・・

「いけないってことはないんですよ。」

と後ろから聞こえたので男が振り返ると、整がいました。

「別に法律で決まってることでもないですし。

罰則はありますがね。

なぜ人を殺しちゃいけないのか いけなくはないんだけど

ただ・・・秩序ある平和で安定した社会を作るために便宜上そうなってるだけです。

今は殺しちゃいけないことになってますけど、一たび戦時下となれば

いきなりOKになるんですよ。

それどころか沢山殺した方が褒められるって状況になる。

そんな二枚舌で語られるような適当な話なんですよ。

だから戦時下にいる人たちは子供になんて説明してるんだろうと興味があります。

だから・・・あなたもそういうところに行ったらいいと思います。

そういう所ではあなたもさくっと殺されます。

あなたが今殺されないでいるのはここにるのが秩序重んじる側の人たちだからです。

どうして人を殺しちゃいけないんだろうなんてわざわざ考えることもない。

そういう人たちだからあなたは殺されないですんでいるんです。

戦争になればあなたのような人は重宝されると思います。

ただし、もしそういうところには行きたくない・自分は殺されたくない・

自分だけが殺す側でいたいとか思うならそれはまた別の話です。

それは単に人より優位に立ちたいとか人を支配したいとか

いたぶったら心地いいとかそういう話で、

つまり、劣等感の裏返しだからです。

コンプレックスの裏返し・・・それだけの話です。

どうして人を殺したらいけないんだろうなんてレベルの話じゃそもそもないんですよ。」

整がそこまでつらつらと話すと、ブチ切れたバスジャック男は整の方へ

ナイフを持って

「このやろう!!」

と言いながら襲ってきました。これはマズい!そう思った

熊谷が整を庇うと、次に坂本が出てきて拳で男を殴り飛ばしました。

すると、バス内が「坂本さんすごい!」と尊敬の眼差しと

安堵した感情に包まれました。

しかし、坂本は足元に転がっているナイフを拾い上げると

「全く だからすぐキレるのはダメだとあれほど。

・・・そういうことで引き続き大人しくしてくれるかな?

こちらにナイフを向けてきたのです!

実は坂本はバスジャック男とグルで、その男は坂本のことを「兄貴」と呼びました。

熊谷は整の耳元で

今のはミスったの?計算?

ずっとはかってたでしょ?どこまで言って大丈夫か。

どこまで言えば犯人は怒るか。

ずっと観察してるよね。」

と囁いてきたので、そんなことないけどそう思うってことは

熊谷がそれをしてるってことですね?と整は返しました。

自分たちは少し似てるところがありそうだと整が言うと、

「反骨精神が好きなんだね。整君は。俺もだよ。

と熊谷がニヤッとしながら言って来たのでした。

坂本はその様子を見ながら、

「宴もたけなわで結構だが、またおしゃべりでもしようか?

みんながそれぞれ一番いやだと思う死に方を教えてくれるかな?

と質問してきたので、皆はざわつき始めました。

その方法で自分たちを殺すってことか!?と奈良崎が青ざめた顔で聞くと、

そうじゃなくてアンケートを取りたいだけだと坂本は言いました。

促されるまま1人ずるその質問に答えて行きます。

小林は「病気」、奈良崎は「病気」だけど「棺桶に入って焼かれてる時に

うっかり息を吹き返したらゾッとする」と答え、

淡路は「溺れたくない」、柏は「孤独死」と答えました。

家族に看取られたいと柏が言うと、

「その言い方なんとかならないですかねー

単に1人でしんだからって楽しくて充実した人生だったかもしれないのに

失礼ですよ。これからは1人で死ぬ人が増えるんでしょ?

それいちいち可哀想とか言わないで欲しい。」

と小林が口を挟んだので、整は自分も孤独死だからそれ常々思っていました!と

話しに割り込んできました。そんな風に言われた柏は「すみません」と謝ると、

小林は「そりゃ家族に看取られるのがいいでしょうけど」と遠い目をして言いました。

その後、整の順番が回って来たので

「事故、もしくは殺されたのに自殺だと片付けられること」と答えると、

坂本は「ほう・・・」と何か考えている様子を見せました。

熊谷が「埋められたくないな。特に生き埋めは。」と答えると、

露木が「私も」と同調しました。

カーテンを開けてもいいと言われたので開けてみると、

そこは「翔陽カントリークラブ」と書かれた看板があり、

外はもう真っ暗で山の中でした。

ずっと気になってたんだが坂本という名前は偽名ですよね?と

整が聞くと、坂本は「犬堂ガロ」という名前でバスジャックをしているオトヤは

弟だと答えました。

「僕は最初に聞いたんですよ。3時までに終わりますかって。

そしたら彼が終わるわけねぇだろって。

あまりに即答でちょっと不思議な気がしたんです。

普通にバスジャックなら交渉相手次第だろって言うだろうなって。

でもあなたたちは長くなるって分かってた。

交渉相手はいない。僕たちそのものが目的ですね?

整がそう言うと、君は色々考えるねとガロは言い

「とりあえずお疲れ。バスジャックはここで終わりだ。

あれが目的地だよ。」

と指さすと、そこには豪邸が建っていました。

「ようこそ犬堂家へ。皆さんを我が家に招待するよ。」

 

ミステリと言う勿れ【2話その④】感想

なんだ?!犬堂家の兄弟2人がバスジャックをしてまで何かをしようとしてる・・・

どうしてこの路線のバスでこの7人が人質にならないといけないんだろう?

この中から兄弟が探している誰かがいるってこと?

でも、何のために?「死ぬならどんな死に方が嫌だ?」とか

聞いてこられるから、それを答えたら嫌がる殺され方で最後殺される?

ゾゾゾ・・・・どういうつもりなんだろうか?

まとめ

『ミステリと言う勿れ』話のネタバレを紹介しました!

訳も分からないまま人質になり、連れて来られた山奥に聳え立つ

犬堂家。果たしてここで何が行われるのか・・・?

次回の話の続きが気になります!

ミステリと言う勿れ
ミステリと言う勿れ【無料】で最終回まで読めるサービスまとめ『ミステリと言う勿れ』無料で読む方法!田村由美先生の新シリーズ!主人公は、天然パーマが特徴の大学生の整。次から次へと語り口調で事件を解決していく姿に人気上昇中。次は どんな事件が起こるのか目が離せません!!...