漫画ネタバレ

蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~【ネタバレ6話】もしかして…好き!?

『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』 5話では、乃梨子は嫌われ作戦を立てて夕食に蓮司の嫌いな茄子料理を出したりします。

しかし、普段は嫌味を言ってくる蓮司がフラワーアレンジメントにとお土産に花をくれたりするので少し調子が狂ってしまいます。

同棲して2週間が経ち、蓮司から今後ベッドをどうするかと聞かれた乃梨子は動じないフリをしながらもドキドキが止まりません…!!

本当に服を脱がされ始めると、強気でいた乃梨子は動揺が隠せず…。

『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』6話のネタバレを紹介します!

\先行配信!!今すぐ試し読み!/
BookLive公式サイトへ

『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』6話 ネタバレ!

どうせ本気じゃないはず

と思っていた乃梨子は本当に服を脱す蓮司に思わず待って!と言います。

そして自分は男性とこれまでお付き合いしたことが無いこと、食べたら茄子よりまずいから!

と…とうとう自分から男性経験が無いことをカミングアウトしてしまいます。

本当なのか?

と蓮司。

笑いたければ笑えば!

と、なりふり構わず答える乃梨子に蓮司は…

からかって悪かった

と脱がせかけた乃梨子の服を整えます。

そして、茄子は美味しかったし乃梨子が作ってくれる料理は食べるからと話して部屋を出て行きます。

乃梨子は…カミングアウトしてしまったことの恥ずかしさと茄子は食べられても自分はどうなの!?とモヤモヤした気持ちでいっぱいになります。

明日の朝からどんな顔をして過ごせば良いのか、とも。

翌朝の蓮司はいつもと変わらない様子でした。

一緒に食事に行った同僚から、乃梨子は蓮司との生活はどうかと聞かれます。

特に何もと答える乃梨子に、同僚は橘部長と乃梨子の縁談を壊すためだけだったらもう目的は果たされたはず…もしかしたら乃梨子のことが好きだからなのでは?と言います。

否定しない乃梨子にちょっと驚く同僚は…

乃梨子も素直に蓮司を好きになっちゃえば!?と話します。

好きになんかならない!と返す乃梨子でしたが、自分は最初から好かれていないのだから嫌われようとしてもやりようがない…この同棲はいつまで続くのだろう、と思うのです。

帰宅すると蓮司は既におり、蓮司の表情を見て何となく仕事で大変なことがあったのだろうと察した乃梨子は、二人でワインを飲みながらつまめる簡単な料理を作ります。

並んで飲んでいると、蓮司がふと乃梨子に採用面接の時は申し訳なかったと謝り出します。

そんな四年も前のこと…しかも乃梨子にとっては黒歴史だから思い出さないで欲しいと乃梨子は言います。

あれも自分の仕事だったから、と話す蓮司に乃梨子は白川花壇への義理で自分を採用してくれたのかと聞きます。

すると、蓮司は乃梨子が怒っていても誇り高くて礼儀正しかったから採用したのだと話します。

更に蓮司は、乃梨子の橘部長との小さい頃の思い出とは何なのかと聞いてきます。

昔祖母の家の近くに白詰草が生えている大好きな花畑があったのだがある日突然フェンスに囲まれていた。

ある日その花畑が高いフェンスに囲まれていて入れなくなっており、見知らぬ男の子が泣いている乃梨子に少しばかりの白詰草を渡してくれた。

その男の子は、ここを潰したのは自分の父だと話してくれてあやまってくれた

と乃梨子は話します。

後日橘系列のホテルが建ったからその時の男の子は橘部長ではないか、と乃梨子は話します。

そして、頂いた白詰草は枯らしてしまったけれど…白詰草をもらった時にその男の子に自分が「日本一の花屋になる」と宣言したら「いつか買いに行く」と男の子も言ってくれたのだ、と。

ずっと話を聞いてくれていた蓮司に乃梨子は、自分は蓮司の年齢すら知らないと話します。

蓮司は自分の生い立ちを話し、年齢は33歳だと言うと乃梨子が思わず

「橘部長と同じ」と言ってしまいます。

蓮司はため息をつきながら、

乃梨子の頭の中には橘部長しかないのか

と言うと乃梨子は「もしかして橘部長のことが嫌い?」と聞きます。

すると、蓮司の顔つきはこわばりはじめて…。

『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』6話 感想

最初のシーンからドキドキが止まりませんでした。

このままなるようになるのか?それとも中断!?とか。

まさか乃梨子の方から自分の男性経験の無さをカミングアウトするとは思いませんでした。

でも、蓮司は乃梨子の気持ちをとても大切にしていることが伝わってきました。

本当はからかったたつもりは無かったんだと思います。

でも、さすがに乃梨子が嫌がっているかもしれないのに強引にはできないと思ったんですね。

大切な人だからこそ、相手の気持ちを汲んだのでしょう。

乃梨子が作った料理の茄子は食べると言って部屋を去っていった後に乃梨子が

「茄子は食べられても私は…?」のくだりがちょっと笑えてしまいました。

乃梨子、わかってないですねー。

蓮司は乃梨子を傷つけまいとして、大切な人に自分の行動で嫌な思いをして欲しくないと思っての言葉だったのに…。

私が現場にいたら囁いて蓮司の気持ちを伝えてあげたいくらいでした。

白詰草の思い出話は、乃梨子がその時に出会った少年は橘部長だと思い込んでいたようですけど…どうやら違うような感じがします。

橘部長だったら、とっくに乃梨子に対して「あの時の女の子は乃梨子だ!」って思って乃梨子に伝えていたかもしれませんよね。

蓮司の、橘部長とは限らないだろうという返答も気になります。

日本一のお花屋さんになる、と宣言した乃梨子が今もまだその夢に向かっていることがとても素敵だなぁと思いました。

乃梨子の話の中に橘部長が入ってくることを嫌がる蓮司をみて、乃梨子に早く蓮司の思いを気づいて欲しいなぁと思ってしまいました。

蓮司はまわりくどく契約結婚を言い出しているけれど最初から乃梨子が好きだったと思うんですね。

乃梨子も早く自分の素直な気持ちに気づいて欲しいです!

乃梨子の気持ちはもう橘部長には無いはずです。同僚でさえ薄々気づいているのに…。

でも、もしかしたら薄々自覚しはじめてるのでは!?とも思えてきました。

次のお話がとても楽しみです。

6話で特に印象的だったシーンは、

乃梨子が同僚から蓮司は元々乃梨子のことが好きだったのではないか?と聞いた時に、乃梨子が否定しなかったところです。

以前なら「そんなわけない!」と真っ先に否定しそうでしたが今の乃梨子の気持ちの中には蓮司が自分のことを好きでいてくれてるのかな?と思い始めてきたのではないかと思います。

嫌味ばかりいってくるわけではない蓮司と過ごしているうちに、乃梨子の気持ちも変わってきたのがわかるシーンでとても印象に残っています。

*まとめ*

『蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~』6話のネタバレを紹介しました!

蓮司が橘部長に対して嫌な感情を持っている理由が明らかになってくるのではないでしょうか?

そして乃梨子が子供の頃に祖母の家の近くの花畑で会った少年は、もしかしたら橘部長ではなくて蓮司だったとか?

想像が色々膨らんでしまいますね。

蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~アイキャッチ画像
蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~【無料】で今すぐ読む方法を調査!蜜愛婚~極上御曹司とのお見合い事情~【無料】漫画を今すぐ読む方法を調査!実家の家業を立て直す為にお見合いをすることになった乃梨子。憧れの上司がお見合い相手と思い込んでいたが、現れたのは苦手な天敵上司・鷹取蓮司で…!?...