ファンタジー

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【ネタバレ7話】お忍びで密会

『元、落ちこぼれ公爵令嬢です。』 大国ノストン国の王子アスベルトから突きつけられた突然の婚約破棄!?そして新妃候補はまさかの・・・!?

平穏な学園生活は出来なくなったけど、いい友人も出来て充実した毎日を

送ることができているクレア。これから増々頑張ろうと前向きになるが・・・?

 

『元、落ちこぼれ公爵令嬢です。』7話のネタバレを紹介します!

\最新刊★独占先行配信!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【7話】ネタバレ!

夜、仕事から帰ってくると部屋にヴィークがまたお忍びでやってきていました。

どうしてここにいるのか?と聞くと、顔を見に来たんだよとヴィークは笑いました。

あの一件以来学校ではお互い距離を置くようにしていましたが、

この1ヵ月でヴィークとは大分親しくなりました。

なぜかというと、毎日のようにこうして部屋を訪れてくるからです。

毎日こんなところに来て仕事とか大丈夫なのか?と聞くと、

「数分のご褒美ぐらい いいだろう?」と行ってくるので、

クレアはドキッとしました。そんなヴィークにクレアは個人レッスンで

王宮にある特別図書館の事を聞いて、色々な魔術や伝説に関する

禁忌図書が置いてあると聞いたので、滅びた国の事も記録してあるようだから

見たいので今度リュイを借りれないか?とお願いしました。

そんな事なら明日でもいいか?とヴィークが言うので、

いきなりはリュイに悪いからもちろん大丈夫だとクレアが言うと、

ヴィークが「俺が行く」と言い始めたのです!

明日は忙しいのでは?!とクレアが驚くと、これから帰ってすぐ終わらせるから大丈夫だと

ヴィークは答えました。

昼前には終わらせて王宮で待ってると顔を近づけて言われたので、

ヴィークはそのまま去って行きましたが、

クレアはドキッとしてしまい、顔を真っ赤に染めてへたりこんでしまったのです・・・!

 

元、落ちこぼれ公爵令嬢です。【7話】感想

毎日お忍びで会いに来るってもう好きすぎやん!

そんな好意をなんとか気付かないでおこうとクレアは頑張りますが、

それは無理のよう・・・(笑)。

やっと王宮にクレアが来るのに自分に会いに来るとかじゃないなんて・・・

とヴィークはヤキモチを妬いたようですね~。

ああ甘い~♡早く2人が良い感じになるのを願います!

まとめ

『元、落ちこぼれ公爵令嬢です。』7話のネタバレを紹介しました!

特別図書館で色んな文献を調べることにしたクレアとヴィーク。

2人っきりの空間で何が起こるのか!?次回の話の続きが気になります!

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー