ファンタジー

聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~【ネタバレ8話】可能性

『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』普通の女子高生・愛良は異世界に召喚されてしまった・・・。召喚された先では「聖女」として王子のカイルに歓迎されもてはやされるが、愛良と一緒に召喚されたもう1人の女性こそが本当の「聖女」だという噂が流れ始めてしまい・・・? 

初めての討伐に参加したアイラ。それからずっと自分には何が出来るか模索して

鍛錬や勉強に明け暮れるが・・・・?

 

『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』8話のネタバレを紹介します!

\★今すぐ無料で試し読み!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』8話 ネタバレ!

初めての討伐を終えた後、南の森を中心に何回か討伐にアイラたちは参加しました。

この国では魔物を倒す速度を遥かに超える速度で瘴気が濃くなる時代が定期的に来て、

本来であれば瘴気を払う「聖女」が王国内に現れるはずだったのですが、

今回は現れませんでした。なので「聖女召喚の儀」が行われて、

アイラとセイが異世界から呼ばれたのでした。

西の森の瘴気で出来た黒い沼は、セイが「聖女の術」を使って浄化してくれました。

これからセイが自在に術を使えるようになれば、いずれ魔物の湧きも落ち着いてくるとは

思いますが、何もかもセイに任せてしまうということにアイラは少し気が引けていました。

他に方法があればセイの負担を軽くできるのに・・・アイラは毎日そのことを考えていました。

そんな中、同僚にそのことを相談すると例えばあっちの世界にあって、

こっちにはない物が手掛かりになったりするかもしれないとアドバイスを貰いました。

それからアイラは仕事終わりに図書館へ行って調べものをしたり、

何かヒントがないか日本の事を書きだしてみたりしましたが、

なかなかいい案は見つかりませんでした。

ある日、副師団長に頼まれて薬用植物研究所に行くことになり、

待ち時間の間に研究所を見学させてもらえることになりました。

ポーションを作る場所に連れていかれたアイラは、学園の研究室みたいでワクワクしました。

ポーションの作り方は、鍋に水を入れ火にかけて材料の薬草を入れて

魔力を注ぎながら煮込み、その後濾して冷やして瓶に詰めたら完成です。

その作り方を見ていたアイラは、セイの「聖女の術」をかけた水=聖水なら

魔物や瘴気に効果があるのでは?と思いつきました。

でも、聖水を作るにしてもセイの力を借りる必要があるので、

相談はセイが帰ってからだな~と思っていると、師団長がやってきて周りが

慌ただしくなりました。なんだろう?と思っていると、副師団長に討伐に行くから

荷物をまとめたら広場に集まってくれと言われました。

急な事でポカンとしてしまいましたが、どこに行くのか?と聞くと、

西の森に行くと聞かされました。なんでも大型の魔物を見かけたという報告があり、

第二騎士団から合同討伐の依頼が来たそうです。

レベルが高い魔物が出たと聞いたアイラは怖くて少し不安になりました。

西の森にしては物資の量が多い気がするし・・・この胸騒ぎはなんだろう?

アイラはモヤモヤしながら西の森に向けて出発したのでした。

 

『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』8話 感想

この世界にはまだ「聖水」という考えがなかったんですね。

ポーションを作るには薬草がいるけど、「聖女」の力がこもった「聖水」なら

聖女のセイが一緒に行かなくても、色んな人が各地に持って行って使えば、

それなりの力が発揮できそうですね。まだまだ魔物討伐の経験が浅いアイラは、

これから沢山の経験を積んでいくんでしょうが、今回は何か起こりそうな予感です・・・。

*まとめ*

『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』8話のネタバレを紹介しました!

嫌な胸騒ぎを覚えながら、西の森に魔物の討伐に向かうアイラだったが・・・?

次回の話の続きが気になります。

聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~アイキャッチ画像
聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~【無料・お得に】読む方法を調査!『聖女の魔力は万能です ~もう一人の聖女~』無料で読む方法を調査!普通の女子高生・愛良は異世界に召喚されてしまった・・・。召喚された先では「聖女」として王子のカイルに歓迎されもてはやされるが、愛良と一緒に召喚されたもう1人の女性こそが本当の「聖女」だという噂が流れ始めてしまい・・・?...