ヒューマンドラマ

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【ネタバレ1話】父親の再婚

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』幼少期のトラウマが原因で、結は人と直接触れ合うことが出来ずにいた。そんなある日、父親が突然再婚宣言をして来てイケメン弟が2人も出来ることになり・・・?!

母親に幼いころ虐待されていた結。それから強迫性障害になってしまい、

自分が触れてしまえばその人は汚れてしまうと思い込むようになっていった・・・

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』1話のネタバレを紹介します!

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』
今すぐ無料で試し読み!!

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』1話 ネタバレ!

幼い頃、結は母親に虐待されていました。

殴られたりしたわけではありませんが、世に言うネグレクトと言うものでした。

出張ばかりで家にいない父親が悪い、母親がおかしくなったのは父に見て欲しかっただけ

仕方ないと思うようにいましたが、母親に「汚い」と言われ

手を振り払われたときに結の中で何かがプツンと切れてしまったのでした・・・

ーーーそれから13年後、高校2年生になった結は父親と2人暮らしをしていましたが

突然父親が再婚をすると言い出し、さらに2人弟が出来る!と言うので

結は困惑しながらも父親に反抗しました。

高校に入ってからも友達はいませんが、

なぜか付きまとう丹羽という女の子がいました。

今日も高校に登校して教室に入ると、日課の机拭きを丁寧にしました。

そんな結を見て「潔癖症」だとクラスメイトはヒソヒソと話しますが、

こでは「潔癖症」とは少し違いました。

ーーー結が虐待を受けていたのは2,3カ月ほどだったらしいのですが、

帰って来た父親がすぐに気付き母親は病院へ連れていかれました。

その時久しぶりに父親に触れられたとき、

自分が「汚物」に感じで、こんな汚い自分に触ってしまったら

優しい父親まで汚れてしまうと思ったのです。

それからクラスメイトが貸してくれるもの、一緒に食べようと差し出してくれたお菓子

まで触れることは出来ず、結が人付き合いを嫌がってると思った

クラスメイトたちは自然と結から遠ざかって行きました。

そんな中、丹羽は違いました。何を言っても突っぱねても結についてきました。

今日も2人で下校していると、イケメン2人組に結がぶつかってしまいました。

ネクラな結にとって最も苦手なキラキラした人種に

ぶつかってしまったと思った結は、触れたのは鞄だったから大丈夫だと

思うようにして耐えました。家どの辺?送って行こうか?と

サラ艶髪イケメンが手を差し伸べてきたので、

丹羽が結との間に割り込み、その手を払い除けました。

私のに触んな 変態と言ってギロっと丹羽がイケメンを睨むと、もう1人の黒髪イケメンが

結をじっと見つめながらわりと本気でかわいい・・・

と言いました。丹羽はそちらのイケメンにズカズカ近づくと、

この子潔癖で軽い対人恐怖症だからダメだと言うと、

その事を聞いた2人は顔を見合わせて・・・

女の子で潔癖症ってことはもしかして長谷倉結?

と聞いて来たので、結は難で自分の事を知ってるんだ!?と驚きましたが、

その答えは帰ってすぐ分かりました。

なんとその2人は父親の再婚相手の連れ子で結の弟になる人物だったのです!

最悪だ・・・

サラ髪男は冬吾といい結と同い年、黒髪男は1個下でだと紹介され

結は最悪な気分で次の日を迎えました。

ーーーお昼の時間になると

なんと冬吾が結の教室に現れ、一緒にお弁当を食べようと言ってきました。

丹羽が「どういうつもり?」と聞くと、「仲良くするように母に言われたので」

とキラキラした表情で答えました。

結の学校に転校してきた冬吾と紫はその日からイケメン過ぎて話題となり、

結の教室に現れたことで女子たちはキャイキャイ喜びました。

いきなり姉弟になったから打ち解けたいっていうのもあるけど、

結には個人的に興味があるんだと冬吾は言いながら、

1人でいるのが好きなの?それって寂しくないの?

ストレートにそんなことを聞いてきました。

それを丹羽が代わりにキレそうになっていると、やっぱりここにいた!

と紫も現れました。そして結に近づくと、

冬吾はアホだから色々直球すぎて誤解されやすいし、

言い方下手くそなだけど本当にただの天然だから嫌いにならないで?

とカワイイ顔でそう言うので、

心に矢が刺さったようにドキッとしてその顔に結と丹羽は思わずやられてしまいました。

そして「寂しくないの?」と言って来た冬吾が

どうして自分より辛そうな顔をしていたんだろう?と不思議に思いました。

ーーーその夜、家に帰ると父の再婚相手の文子が

結に合わせて総菜を買ってきてくれました。

すごく気を遣ってくれてるのは分かるし、皆が打ち解けようとしてくれるのも

分かるけど、でも結は「汚い」と本当の母親に言われてから

ずっとトラウマを抱えており、人と仲良くするのが怖くなっていました。

【どうしてみんな平気なの?頭からつま先まで私の体はこんなに汚れてるのに。

もう誰も汚したくないのに・・・】

そんな中・・・紫が結のコップを間違って手に取り口をつけてしまったので、

その瞬間、結は「ダメ!!」と言って目の前の食事を咄嗟に紫にかけてしまいました。

謝らないとと思いましたが、

自分は理解して欲しいなんて頼んでないし、

仲よくしようとも思ってないからほっといて!と言ってしまいました。

そんなことが言いたいんじゃないのに嫌われたいわけじゃないのに、

正反対の言葉が口からつらつらと出てきて、結はその場に居ずらくなり

家から飛び出していきました。

ーーーその後、結のいなくなった家で冬吾が

結はただの潔癖症じゃないよね?と父親に聞いてきたので、父親は説明しました。

結は潔癖症じゃなくて強迫性障害

周りじゃなくて自分が汚いと思い込んでること、

母親に4歳の時に虐待されてから、その時からずっと

自分の身体全部が黒いバイ菌で覆われてるように見えることを話しました。

自分が触るとそれが人や物に移っってしまうから板だと

カウンセラーの先生に当時、自分のせいでお父さんが死んじゃうかもしれないって

ボロボロ泣きながらそう結が言った話を聞いて父親も心が苦しくなりました。

投薬治療もなかなか効果がないけど、

とても優しい子なんだよだから2人とも結をよろしく頼むねと紫と冬吾に父親はお願いをしました。

ーーーーその頃結は、家から少し離れた公園のベンチに腰を掛けていました。

勢いで出てきてしまいましたが何も持って出て来ておらず、

結は紫が自分のバイ菌を飲み込んで大丈夫だっただろうか?と心配しました。

【あの子が熱とか出してたらどうしよう・・・私のせいで・・・】

結は発作が起こり、息苦しく感じましたが薬も持っておらず

その場に倒れてしまったのです・・・

 

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』1話 感想

イケメンが急に弟になると知らされた結は、強迫性障害なのに

そんなの一気に無理!ってなったでしょうね。でも、イケメンなのに2人とも

イイ子っぽい。まだまだまだ時間はかかると思うけど、大事に思ってくれる皆の事を

普通に接して触れれるようになれたらいいなと思いました。

心の傷は中々治療薬じゃ消せないけど、心が温かい人が周りにいれば

少しずつ緩和されていくんじゃないかなと思います。

*まとめ*

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』1話のネタバレを紹介しました!

家を飛び出してしまった結。

嫌われたいワケじゃないけど、自分が触ると皆汚れてしまうから・・・。

次回の話の続きが気になります!

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』
今すぐ無料で試し読み!!