ヒューマンドラマ

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【ネタバレ5話】目を合わせてくれない君

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』幼少期のトラウマが原因で、結は人と直接触れ合うことが出来ずにいた。そんなある日、父親が突然再婚宣言をして来てイケメン弟が2人も出来ることになり・・・?!

もうこの2人を悲しませたり失いたくない!そう思った結。

女子4人に囲まれ、もう兄弟に近づくなと言われた結でしたが

ハッキリと「嫌だ」と断る事が出来て・・・・?!

 

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』5話のネタバレを紹介します!

\★今すぐ無料で試し読み!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』5話 ネタバレ!

学校の無い休日には結はリハビリの一環で冬吾と紫をたたき起こす仕事が課せられました。

もう何回か起こしていますが、まず最初に紫を起こすことにしています。

なぜなら可愛い寝顔でスヤスヤ眠る紫はとても起こしやすいからでした。

次に冬吾・・・学校で王子様と呼ばれてるのにも関わらず、

部屋はゴミ部屋で家庭内ではダメ人間・・・先週片付けたのに

もうゴミや物が散乱して足の踏み場がありません。

叩き起こすとどうしていつも紫が一緒なの?と聞いてくるので、

寝起きの危険度レベル順に起こしてるからと結は答えました。

こないだリハビリをしている時、一瞬だけ不穏な空気を2人の間に感じましたが、

しばらくして戻った2人はいつも通りなので、結はあれは気のせいだったんだろうか?と

思いました。その日も学校から帰ると、紫とリハビリをしました。

今日のチャレンジは紫の髪の毛に触れること!

紫は髪に触れられながら、結が触れて自分は黒く映ったりしてるのか?と

聞いてきました。手袋しながら触れているので結は黒くなってないよと答えながら、

紫は綺麗なままなので、汚したくないと思いました。

心を許した相手にすらまだ結は直接触れられません。

早く慣れないとと焦る結に気付いたのか、紫はゆっくりでいいから焦らないでと

優しく言ってくれました。

紫の柔らかい髪の毛を触りながら冬吾の髪の毛もこんな感じなんだろうか?と

結がドキッとしていると、冬吾が帰って来ました。

バイトをして帰ってきた冬吾は疲れていて、じゃあ自分の番ねと言って

結の手を握ってきました。

最近冬吾は結の方をあんまり見なくなっていました。

黙って手を握ってくるので1分が長く感じます。

ここになって気付いたのは以前は自分が緊張しない様に、

冬吾がすごく気遣ってくれていたんだということでした。

なので中々自分が良くならないから冬吾はこういうリハビリに協力するのが

面倒になって来たんだろうか?と少し寂しく感じていたのです・・・。

ーーーー実はあの時、冬吾は紫に話があると言われて

結が好きになったと告白されていました。

その事実を知った冬吾はなぜか言葉がでませんでした。

紫の顔は幼いころ「お兄ちゃんといつも一緒に居たい」と泣いていた

寂しいのを必死でこらえている時の顔でした。

もう二度と紫にあんな顔をさせたくないと誓っていた冬吾は、

自分がなぜそんな顔を紫にさせてしまったのか分からないでいました。

ーーーある日、父親が言おうか迷っていたけど前向きな状態の今の結には

言わないといけないと思ってと「母親」のことを話し始めました。

母親は結が4歳の頃、心の病気で入院したのですが

父親は別れたくなかったみたいですが、母親から離婚届けが送られてきて

別れることになったと父親は真実を話し始めました。

それから数年間治療してだいぶ良くなったと聞いたと父親が話すので、

連絡取ってたんだと結は驚きました。

すると父親は年に一度だけだけど、お見舞いに毎年行っていたと答えたのです。

結の記憶の中の母親は大きな黒い塊でした。

結が高学年の時に会いたいと言われたけど、父親は会わせるわけには

いかなかったんだと言いました。

母親のことを思い出そうとすると、黒いモヤがかかって何も結は見えなくなります。

息苦しくなってよく発作と起こしていたので、そのうち思い出すのをやめました。

母親は結にとってトラウマの原因で変わりはないのです・・・。

どうして今そんな話をするのか?と結が聞くと、母親は

去年再婚してその再婚相手について海外に移住するので、

最後かもしれないからと父親は言いました。

最近の前向きな結に母親のことを言わないままでいたら

10年後の結に怒られそうな気がして今話したんだと父親は結の

好きなようにしたらいいしと笑顔で言ってきましたが、

結は母親に会えば症状が良くなったりするんだろうか?と

当時の母親の事を無理やり思い出そうとしますが、顔も全く覚えておらず

まだ恐怖を感じていました・・・。

最近冬吾の帰りが遅いので、紫がバイトなんで増やしたの?と聞くと、

ゲームをして冬吾ははぐらかしてきました。

翌日、丹羽が最近結の様子がおかしいので何かしらないか?と

兄弟に聞いてきました。もしかして急かしたりしてないでしょうね?と

聞かれたので、冬吾はそんな事してないと言いながらもしかして

自分が焦らせてしまってるのかなと紫に言いました。

紫は冬吾のせいじゃないし、なんとかすると言ってくれましたが

紫のことも結のことも困らせたいわけじゃないのに・・・と思いました。

ーーーその夜、どこでもいいから触ってくれないかな?

結が言ってきたので、紫は驚いて赤面しました。

手袋はした方がいいか?と聞くと、大丈夫と結が言うので、

気分悪くなったら言えよと言いながらまず小指から触りました。

最近なんか焦ってる?と紫が聞くと、これ以上置いて行かれるのは嫌だからと

結は答えました。人と話したりバイトしたり早く普通にしたいと結が

思い詰めてるようなので、ちゃんと止まって見てるし置いていかないから

大丈夫だと紫はくしゃくしゃになるぐらい結の頭を撫でまわしました。

急に大胆に触られたので結は驚いて身体を離しました。

自分が黒く見えてないのなら凄い成長してるよと優しい言葉を

かけてくれる紫に、結はすごく嬉しく感じました。

そしてちゃんと自分は進めてるんだと初めて実感し、感動しました。

すると、紫が来月1回バイトしてみるか?と誘ってくれたのです!

ーーー数日後、冬吾の教室に初めて向かうと友達に囲まれて笑って話している

冬吾の姿がそこにありました。

結に気付いた冬吾が教室の入り口にやってきて珍しいねと声を掛けてきたので、

結はモジモジしながら週末も冬吾がいなくて3日くらいリハビリできてないから

会いに来たと結は言いまっした。

最近忙しくてごめんねと冬吾は謝ってきましたが、

人気者の冬吾はやっぱり自分とはまるで別世界にいる人なんだと思い、

結はすごく遠い存在に感じました。

しばらくリハビリ無理だからその間紫に任せることにするよ

目を逸らしながら冬吾が言ってきたので、結は驚きました。

なぜなら冬吾はいつだってまっすぐ結を見て話してくれる人だったからです。

冬吾は絶対自分を見捨てないと分かっていながらも、結は悲しくて

母親に辛く当たられた時のことを思い出してしまったのです・・・。

 

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』5話 感想

紫に結のことが好きなんだと知らされた冬吾。

でも、冬吾は自分が結のことが好きなんて気づいていません。

めちゃくちゃショックを受けてる冬吾ですが、

この感情はなんなのかさえ分かっていないのです。

紫が寂しい顔をしていたのは、冬吾も結が好きなのに気付かないふりをしているのか?

はたまた本当に好きと気付いてないのかどうなのか?

兄弟で1人の女の子を取り合うことになるのか?という顔だったのかも・・・。

大好きな兄が悲しい顔をするかもしれないけど、自分は本気で結のことが

好きだから取られたくないと牽制をかけたのもあったのかな?

なんとも複雑な心情ですね・・・。

紫の気持ちを知った冬吾は、紫にあんな顔をもうさせたくないと思い、

結になるべく関わらないようにするためにバイトを入れまくります。

それによって結が傷つくことになるなんてまだこの時は分かっていません。

だって結は冬吾のことが好きなんだもん・・・!!

*まとめ*

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』5話のネタバレを紹介しました!

バイトバイトで結とのリハビリを避けるようになった冬吾。

それが悲しくて寂しくて辛い結は・・・?次回の話の続きが気になります!

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできましたアイキャッチ画像
ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【無料】読む!ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【無料】読む!自分のことを汚いと思うトラウマを抱えている結は、人と直接触れ合うことができずにいた。そんなある日、父親が突然再婚し、義弟2人と、一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…。...