ヒューマンドラマ

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【ネタバレ9話】誰も傷つけたくない

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』幼少期のトラウマが原因で、結は人と直接触れ合うことが出来ずにいた。そんなある日、父親が突然再婚宣言をして来てイケメン弟が2人も出来ることになり・・・?!

もう自分の気持ちを抑えることができない冬吾。

そしてこの手を振り払ってどこかに行かないでほしいと願う結・・・。

二人の想いが通じ合う日はいつ?

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』9話のネタバレを紹介します!

\★今すぐ無料で試し読み!/
コミックシーモア公式サイトバナー

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』9話 ネタバレ!

いつもの様子の結ではないので、何かあったのか?と思った丹羽は紫に

家では普通なのか?と聞きに行きました。

まぁいつもあんな感じだけどと紫は答えるので、どにかくすごい違和感を

感じるし何か小声で自分に言い聞かせてる感じだから、

無理しすぎてる気がするんだと丹羽は話しました。

どうせまた冬吾が原因なんだし、結を苦しめるなら自分が守らないとと

言うと、「それはもし結が冬吾を好きでも?」と紫が言いました。

それを聞いた丹羽は自分が好きなのは結だから今までもこれからも

関係ないし、結を守るのは自分だと真っすぐな目で庭は答えました。

そんな丹羽に紫はやっぱり丹羽には敵わないやとボソッと言うので、

いつもの紫と違うので丹羽は何があったんだろう?と思いました。

2人がベンチで話していると、冬吾の友達がなんだか今日のアイツ変だから

なんとかしてくれないか?と助けを求めに来ました。

丹羽は今の紫じゃなんか逆効果な気がするからと言って冬吾の元へ1人向かいました。

一番大事な結を泣かせてしまった・・・そう思いながら冬吾が打ちひしがれていると、

後ろから丹羽に飛び蹴りされました。

痛くて悶絶していると、話があると言われたので場所を移動しました。

人気のない所へ行くと、丹羽は「二度と結に触らないで。私は何度も忠告した。」

と言って冬吾を睨みました。

どうして結を傷つけるのか?と丹羽に言われた冬吾は、

丹羽は正しいし必要以上に関わらない方がいいんだって何度も思うし、

頭では分かってるけど心も体も言う事聞かないんだと冬吾は答えました。

それからこんな感情は初めてなので自分でも戸惑ってると言うと、

結は冬吾を怖がってるから忠告がダメなら土下座でお願いしたらいいの!?

と丹羽は結の心をこれ以上お願いだから壊さないでと声を荒らげました。

ーーーその頃、結は授業を受けながら動悸を感じていました。

最近なえか多く、どうしても薬に頼ってしまいます。

何年経ってもこの症状に慣れることはなく、視界がグルグル回って吐きそうになりますが、

公衆で吐いてしまったらどうしよう・・・倒れたらどうしようという恐怖に駆られます。

結はちょっと抜けますと教師に告げ、教室を出て薬を飲みました。

きっと誰にも理解なんて出来ないと思いますが、それでも丹羽は心のどこかで

冬吾に期待していました。

理解されることを諦めた自分を理解しようとしてくれたのは、

今までは父親と丹羽だけでそれだけで十分だと思っていたのです。

でも、そこに冬吾が入って来て理解してほしいと望んでいる結がいました・・・。

ーーーその夜、遅く帰って来た冬吾を紫は待ち構えていました。

自分とも結とも顔会わせたくないから遅く帰って来てるの?と

紫は言うと「何か言いたい事あるだろ?」と詰め寄りました。

すると・・・「なんでキスした?」と直球で聞いてきたので、

紫は少し考えて可愛かったからと答えました。

いい加減素直に言って欲しいし、冬吾はどうしたいのか?と聞くと、

「結に触るのが怖い」と冬吾は落ち込んだ顔でそう言いました。

触れたいのに傷つける事しか出来ない・・・どうしたら・・・

結も紫も傷つけたくないんだ・・・と辛そうな顔で言う冬吾を見て、

紫は何も言い返すことができませんでした・・・。

ーーー翌日の放課後、結は丹羽と2人で下校していました。

最近本当に大丈夫なのか?と丹羽が聞くと、大丈夫だよとしか

返ってこないので、丹羽は自分には甘えていいって言ってるのにと言いました。

「もしかして・・・なんかされた?」丹羽の勘が働き、そう聞くと

一瞬にして結の顔が真っ赤に染まりました。

そんな結に丹羽は赤の他人には警戒心の塊なのに、

心許した相手には好きだらけだよねと言うと、

「私は昔結にフラれてるけど諦めたとは言ってない。」

顔を近づけてキスをしようとしてきたのです・・・!

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』9話 感想

初めての恋で、その人には理解してもらいたい・・・

けど嫌われるのはもっと嫌・・・の狭間で揺れ動く感情のせいで、

どうしても薬が増えてしまっている結。

そんな結の気持ちを知らない冬吾は冬吾でかなり悩んで苦しめられています。

もっと素直にお互い腹を割って話せる場が持てたら、気持ちも晴れるのにな~。

でも、結は初めての恋でそこまで今の状況だと余裕はないし、

冬吾もモテる割に初めてこんな気持ちになったようで(本気の恋)

臆病になってしまっています。嗚呼・・・うまくいくのかな?

でも結かなりモテモテだよね~羨ましい!

*まとめ*

『ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました』9話のネタバレを紹介しました!

再度結に告白した丹羽。誰よりもあなたの事を分かってるつもりなのに・・・

切ない感情が溢れ出し・・・?次回の話の続きが気になります!

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできましたアイキャッチ画像
ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【無料】読む!ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました【無料】読む!自分のことを汚いと思うトラウマを抱えている結は、人と直接触れ合うことができずにいた。そんなある日、父親が突然再婚し、義弟2人と、一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…。...