お知らせ News

【庭園出展紹介】『芝生がつなぐ』みどりの交流広場

2019.05.02 お知らせ展示出展

信州フェアの庭園出展作品をご紹介をします

 

  • タイトル:『芝生がつなぐ』みどりの交流広場
  • 出展者:TOYBOX・(株)信州グリーン・(一社)長野県造園建設業協会
  • 場所:メイン会場 芸術と花の森と信州彩園の間
  • 出展者コメント:
    松本山雅FCのホームスタジアム「サンプロ アルウィン」の臨場感をバーチャル体験!今話題の最先端技術「ハイブリッド芝」を用いたスポーツターフで、サッカー体験もできます。
    横のふれあい広場は、緑の芝生の上で寝転んだり、はだしで歩いたり自由にご利用ください。
    この体験を是非、SNSで発信

 

デザインスケッチ

 

<事務局担当者より>

自宅でも、公園でも、スポーツ競技場でも、あらゆる所で目にすることがある”芝生”
そんな身近にある緑の1つ”芝生”をPRする出展です。
主催である松本市では、学校や保育園の芝生化に取り組んでおります。(私の息子の保育園の園庭も昨年度、芝生に変わりました)
作品の中で遊ぶ子ども達からは、
”心が安らぐ””転んでも痛くない”など、にぎやかな声が聞こえてきます。
また、芝生は、私たちに安らぎらやくつろぎを与える他にも、学校や保育園などに通う子ども達の運動量を増加させるとのこと・・・・そんな
たくさんある”芝生”の効用を紹介しています。

サッカーコーナーの横は、休憩スペースになっています。天気がいい日などは、レジャーシートを敷いてくつろぐなど、直に芝生の魅力を堪能してください。

見どころ1

芝生に一部は、人工芝が混じった”ハイブリッド芝”があるそうです。私には違いが判りませんでした。。。

見どころ2

もう1つの見どころ。作品バックパネル
このバックパネルは、今シーズンのホーム開幕戦3月9日(土)対浦和レッズ戦のスタンドの写真です。
とっても大きくて迫力満点です。松本山雅フェアには是非、ご覧いただきたいですね。
実は、ここは隠れて写真スポットでもあります。まるでアルウィンのピッチにいるような臨場感が体験できます。
2万人のサポーターの歓声の前で、フェア来場者の皆さま、ご家族でサンプロ アルウィンのピッチでプレーしてみませんか。
(SNSへの写真投稿よろしくお願いします)

 

リストにもどる