ファンタジー

悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい【ネタバレ5話】ダブルデート!?

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』乙女ゲームの悪役令嬢・ロザリアに転生した主人公。目覚めたら前世の最推しキャラである完璧従者のリュカの姿が!しかしこのままだと彼は主人公の道連れに処刑される運命で!?

ヒロインのサラはとても可愛く、主人公によく懐いていました。

これだけ可愛ければオスカーも惚れるだろうと思っていたのに、

2人の関係は大して進展していなくて・・・?

 

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』5話のネタバレを紹介します!

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』
今すぐ無料で試し読み!!

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』5話 ネタバレ!

2人があれから何も進展がないので主人公が何か手を打たないと・・・と

思っていると、来月に舞踏会があることを思い出しました。

それはオスカー主催の舞踏会でゲームの中でも大事なイベントでした。

好感度が高いキャラがサラをパートナーに誘い、ロマンチックな時間を過ごすという

流れなのですが、今のところ攻略対象の中でオスカーが一番サラと親しいので、

パートナーはオスカーで決まりだろうと主人公は踏んでいました。

しかし、オスカーが主人公宛てに招待状を送ったと言ってきたあたりから

予想外のことが起き始めます。

ゲームの中ならとっくにロざりは蚊帳の外になってる頃なのに、

どうしてこうやってお誘いが来るの!?と主人公は困惑しました。

しかし、主人公はいいことを思いついたのです!

舞踏会できるドレスを仕立てるのに付き合ってほしいとオスカーを誘ったのですが、

そこにはサラもリュカも一緒に同行することにしました。

2人で主人公のドレスを選ぶんだと思っていたオスカーは

「これはどういうことだ?」と驚きました。

実はゲームでサラは舞踏会を貸衣装で参加し惨めな思いをするという

ストーリーになっており、だけどちゃんとしたドレスを着て行けたら

どんなに気持ちが楽になったことだろうと思っていました。

なので親しくしている男性がそれを送ってくれたとなれば、

心を動かさずにはいられないのでは!?と考えたので、オスカーに

サラのドレスを一緒に選んでもらって、それをサラに送ってもらうという流れを

作りたかったのです。

オスカーは不服で「お前のドレス選びと言ってなかったか?」と言ってきたので、

早くついて時間が余ってしまったから自分のドレスはもう決めたんだと

主人公は答えました。

2人で土ラスと髪飾りなどを選ばせていましたが、オスカーがセンスが少しないので

主人公は気になってサラにはこの髪飾りが似合う!と口出しをしてしまいました。

喜ぶサラとそれを見て楽しそうに選ぶ主人公を見て、オスカーは見惚れてしまいます。

その視線に気付いた主人公ですが、こんなに可愛いサラに見惚れるのはしょうがないよね!

いい感じだと勘違いしました。

その後、オスカーがサラをデートに誘うだろうと思ったのに

なぜか主人公とリュカも誘われてしまいました。

サラのことをもっと知りたくなったオスカーと2人で街でデートする

イベントだと思っていたのに、なぜか4人で遊ぶ図になり

主人公はあれ?と思いながらも、状況に多少違いはあるけど

オスカールートのシナリオが進行してるのは間違いないだろう思う事にしました。

4人はアイスを一緒に食べることになり、それぞれチラシを見ながら

どれを食べようか悩みました。

リュカが「ロザリア様はこちらですよね?ストロベリーチョコレート」と

言ってきたので、主人公は「さすがリュカ!私もこれがいいと思ってたの」と

リュカを褒めました。それを見て面白くないオスカーは、自分も主人公と

同じものにすると言い出しました。

真似しないでよと主人公が嫌そうな顔をすると、

「いいだろう?俺もお前が好む味に興味を持っただけだ」と言うのです。

しょうがないと思いながら、リュカと2人で主人公は4人分のアイスを買いに行くことにしました。

ここで2人きりになるんだからいいな感じになって貰わなきゃ困る!と

思って街を歩いていると、美男美女の主人公とリュカはどこへ行っても

視線を集めてしまいます。

でも、主人公は自分の容姿が端麗なのに気づいていないので、

リュカが女性たちの注目の的になってると思って嫉妬してしまいました。

「こんなにも女性たちから注目されるなんて。私が隣にいるのに・・・」

とつい我儘じみた発言をしてしまい、主人公はカッと顔が熱くなるのを感じました。

その言葉を聞いたリュカは嬉しそうにほほ笑むのでした。

ーーーアイスを勝手戻ってきて、ベンチに座りながら食べようとしたところで

リュカが自分の味も一口食べませんか?と主人公に言いました。

その味が気になってたから食べてみたいと主人公が口をつけようとすると、

「待て 俺のも食べていいぞ」と言ってオスカーが自分のアイスを差し出してきました。

同じ味だからいらないわよと主人公が答えると、

オスカーはぐうの音も出ませんでした。

自分のアイスを食べようとしたところで、公園にいた妖精が主人公の肩に乗ってきました。

それをわけてと言われたので、可愛らしい妖精に主人公は笑顔でアイスを分け与えました。

眩しい笑顔の主人公を見てオスカーは

「お前は本当にすごいな・・・」と見惚れています。

そんな大げさだよ~と主人公が返すと、横に座っていたリュカは

「ロザリア様は本当に誰をも魅了するお力がおありですから」

なんとなく含みある言い方をしてきました・・・。

 

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』5話 感想

サラへの感心より、主人公へのオスカーの恋心が加速していってる・・・・!

それに気づいていないのは主人公だけなんだよな(苦笑)。

リュカは婚約破棄すると言っていたのに、このままじゃ2人が良い感じになって

本当に結婚してしまうと焦っているようですね。

にこやかではいられないそんな雰囲気が出ています。

サラは可愛いけどいまいち特徴がないんだよな~。平凡な女の子って感じなので

オスカーが恋するような相手ではないのかもしれない。

*まとめ*

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』5話のネタバレを紹介しました!

オスカーにはサラに恋慕を抱いてもらって、こちらとの

婚約は解消へと導こうとしているのに、なぜか主人公へのオスカーの好感度は

爆上がりで・・・?!次回の話の続きが気になります。

『悪役令嬢は二度目の人生を従者に捧げたい』
今すぐ無料で試し読み!!