漫画ネタバレ

オジサマと、恋。【ネタバレ7話】気を失ってみた夢

『オジサマと、恋。』 6歳の愛犬・るんるんと一緒に暮らしている28歳の和花は、男の人が逃げ出て今まで恋愛に縁もなく過ごしてきた。そんなある日、朝の散歩ですれちがうおじさんとるんるんをきっかけに知り合いになり・・・?

シャワーを浴びてる最中に倒れてしまった和花。

るんるんが異常なまでに吠えているのでどうしたんだ?と家に戻って来た

久慈が和花が倒れているのを発見して・・・?!

 

『オジサマと、恋。』7話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『オジサマと、恋。』7話 ネタバレ!

久慈は浴室で倒れている和花にバスタオルをかけ、声をかけました。

意識が朦朧とする中、和花はなんとか返事をし

久慈は和花を抱きかかえて寝室へ運びました。

その間に意識を失った和花は、父親方の祖父母の家に幼い頃行った夢を見ました。

そこにいた犬も「るんるん」と言って、和花に懐いていて

「あんちゃん」と呼んでいた男性がいた・・・そんな思い出の夢・・・。

あの人は誰だったんだろう?そう思いながら目を覚ますと、

久慈が「起きたか」と言って側で和花の顔を覗き込んでいました。

浴室で立ち眩みして久慈がここまで運んできてくれた事をやっと思い出し、

裸を見られたってことだよね!?と恥ずかしくなった和花は顔を真っ赤にしました。

倒れた時に頭打っていたらまずいから病院に行くぞと心配そうな顔で言われ、

和花は自分のせいでそんな顔をさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

寝不足からのめまいでふらついただけで痛みはないので大丈夫ですと和花が答えると、

身体は大事にしてくれと言われキュンとしました。

明日になっても具合悪かったら引きずってでも病院に行くから

今日はもう寝てろと言ってくれ、久慈は部屋から出ていきました。

人と暮らすなら心配かけないためにも自己管理できないと駄目だな・・・と

思った和花は、今の自分にできるのは良く寝て体調を整える事だと

お言葉に甘えてゆっくりすることにしました。

実は寝かせてもらってるのは久慈の寝室で、

布団から久慈の匂いがして和花は暫くドキドキして眠れませんでした。

ーーーその頃久慈はるんるんに餌をやりながら、体調不良に気付いてやれなかった

自分を責めていました。するとるんるんは落ち込んでいる久慈の手を優しくペロペロ舐めて

慰めてくれたのです。

翌朝、よく寝た和花は完全回復をしました。

リビングに向かうと久慈もるんるんもいないのでどこに行ったんだろう?と

思っていると、散歩にるんるんと言ってくるというメモが置かれていました。

 

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『オジサマと、恋。』7話 感想

お姫様抱っこして運んでくれるとかキュンする。。。♡

というか和花の夢の中にヒントありましたけど、「あんちゃん」と幼い和花が

呼んでいたのが久慈の可能性大?うーん・・・父親の弟とかそういうことなのかな?

それか近所のお兄さん・・・。でもここでまた再会できるとか運命を感じますね~。

久慈しかその真相をハッキリ覚えてないので、早く和花に昔話をしてほしいと思いました。

*まとめ*

『オジサマと、恋。』7話のネタバレを紹介しました!

朝の散歩に行ったるんるんと久慈を追いかけて外に出た和花。

次回の話の続きが気になります。

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/