女性漫画

鬼上司に秘密のお仕事がバレまして【ネタバレ5話】母親のお見舞い

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』凜香が働く会社の部長・篠原は、血も涙もない冷血漢として部下から恐れられていた。ある日、母が過労で倒れてしまい、急遽副業をして稼がないといけないことになってしまい・・・?!

会社で倒れた凜香を家まで運んで看病をしてくれた篠原。

そんなことを知らない凜香は、なんで家に篠原がいるのか!?と

驚いて・・・?

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』5話のネタバレを紹介します!

\最新話★独占先行配信中!!/
まんが王国公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』5話 ネタバレ!

なんで篠原がここに!?状況がつかめない凜香が動揺しているので、

篠原は経緯を話しました。

ずっと傍で看てくれていたことが分かり、さらに服も楽なものに着替えさせられているのに

気付いた凜香は、「まさか・・・着替えさせてくれたんですか?」と聞きました。

篠原はギクッとして真っ赤になりながら、仕方なかったんだ弁解してきました。

でも凜香にとっては下着姿を見られたのが恥ずかしいのではなく、

片付けてないぐちゃぐちゃなクローゼットを見られたことが恥ずかしかったのです!

なんだそっちか・・・と篠原は呆れながら、

片付けが出来なかったのは副業のせいか?と聞きました。

「なぜ無理して出勤してたんだ。清水 いや・・・リン君・・・か?」

キャバクラで男装時の名前を呼ばれた凜香はギクッとしながら、

何の話ですか?とシラを切りました。

休めば肯定することになるから凜香が無理して出勤してきたことに

気付いた篠原は、体調を案じて忠告したつもりが

逆に自分の発言が凜香を追い詰めていたことに反省しました。

凜香は篠原が心配してくれている姿を見てドキッとしましたが、

凜香が起きたのに気づいた弟の蓮太が部屋に入ってきました。

心配かけてゴメンと謝ると、蓮太は篠原に懐いており

顔をペタペタ触りながら笑顔で「ありがとう」と篠原にお礼を言いました。

こんな短時間で家族以外の人に蓮太が懐くところを見た凜香は驚きながら、

今日は母親のお見舞いの日なので病院へ向かう事にしました。

休日の午後は蓮太と一緒に母親のお見舞いに行くのがお決まりで、

自分にとっても蓮太にとっても家族3人で過ごせる大切な時間なのですが、

報告もかねて挨拶に行きたいと篠原がついて来ることになってしまいました。

もうバレてしまったら仕方ない・・・そう思った凜香は、

キャバクラの件は母親には黙っていてくれと篠原に釘を刺しました。

病室に入ると、母親は篠原を見て「まぁ!彼氏さん!?」と喜んだ顔をしました。

違うから!と否定すると、篠原は母親に挨拶すると凜香の直属の上司だと説明し、

名刺を渡しました。体調を崩したのでそのことで報告に来てくれたんだと

凜香が付け足すと、母親がどうしたの?!と心配してきました。

前より痩せた母親にこれ以上心配させまいと、こちらのことより

自分の事だけ考えてと凜香は言って、花瓶の水を変えてくることにしました。

病室に母親と2人きりになった篠原が、慣れない兼業で少し寝不足気味で

送り名目とはいえ自宅に踏み入ってしまったので、その報告と挨拶に来ましたと

ここに来たことの説明すると、コンビニで副業すると聞いた時に

こうなるんじゃないかと思ってたんですと母親は言いました。

母親はコンビニで副業してると思ってるのか・・・と篠原は思いながら、

凜香が父親を亡くしてから母親に気を遣って弱音を吐かなくなったこと、

弟の蓮太の目を治すためにお金が必要なのに母親が過労で倒れてしまったことを聞き、

彼女の置かれている状況を知ることになりました。

凜香が無茶しないよう見張って置くのでご自身の回復に集中してくださいと言うと、

母親はお礼を言ってきて、凜香と蓮太がちょうど帰って来たので

その後少しの時間そこで皆で過ごすと3人は病院を後にしました。

ーーーその帰り道、凜香は母親に余計な事を篠原が話してないよね?と

疑っていました。でも蓮太と仲良く歩いている姿を見ると、

親子みたいに見え、蓮太がこんなにはしゃぐのを見たのは久しぶりに見た

凜香は篠原のお陰かな・・・?と少し嬉しく感じました。

並んでいたら3人家族に見えるのかもしれないと変な妄想をしてしまい、

1人心の中で何考えてるの私!とツッコんでしまいました。

家に着くとよほど楽しかったのかはしゃぎ疲れた蓮太はすぐに眠ってしまい、

蓮太を部屋に運び終えた篠原は、凜香に

「キャバクラで働いていることお母様にも言ってないんだな。」と言いました。

母親に話したのか?と凜香が聞き返すと、あの仕事を辞めさせるためにも

報告すべきだと思い、そのつもりで同行したが言えなかった

篠原はため息をつきました。

なぜなら凜香の暮らしぶりや家族の事を鑑みて、自分が簡単に介入して良い

案件じゃないと判断したからです。

部長としては正しい判断とは言えないが、母親が退院するまでは気付かなかったことにする

と言われた凜香は、「それって見逃してくれる・・・ってことですか?」と驚きました。

篠原にバレたからには懲戒処分を覚悟していた凜香は脱力し、

それを見逃す自分も共犯者ということになるから

これからも監視し続けるし覚悟しておけよと篠原は優しく言ってきました。

「小遣い稼ぎと言った事は悪かった。」と謝ってくれ、

そのまま帰ろうとする篠原を引き止めて、

「私の方こそ・・・・すみませんでした・・・。」と凜香は謝ったのでした。

また会社でと言って帰って行った篠原にドキッとして、

凜香は勘違いしてしまいそうになりました。

ーーーそれからというもの、前はとっつきにくかったのに

篠原は最近ちょっと雰囲気が変わったといい評判が立ちました。

久しぶりに凜香がキャバクラに出勤すると、

優がキャスト不足で困っているんだと頭を抱えていました。

ボーイはするから今日だけキャスト(キャバ嬢)をやってくれないか!?

お願いされてしまった凜香は押しの強さに断ることができず・・・?

 

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』5話 感想

篠原が優しくていい人なのを弟の蓮太は気付いたので、

とても懐いたんでしょうね~。蓮太も懐いて母親にも挨拶したんだし、

もうこれ付き合っていい感じじゃない?

凜香も最初は篠原のこと嫌っていたけど、本当の姿を見て

ときめいちゃってるしね♡凜香と色々話せるようになってから

篠原の評判もよくなったみたいだし、お似合いだと思うな~♪

*まとめ*

『鬼上司に秘密のお仕事がバレまして』5話のネタバレを紹介しました!

キャスト不足だから今日だけキャバ嬢になってくれないか!?と

お願いされてしまった凜香はどうなってしまうのか・・・?!

次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/