漫画ネタバレ

【腹黒御曹司は今日もマテない】1話ネタバレ!猛烈に甘やかされて

【腹黒御曹司は今日もマテない】財閥の御曹司・皇衣壱月(すめらぎ壱月)は穏やかな物腰で非の打ちどころがないように見えるが、幼馴染の佐野小春(さのこはる)の前では態度が一変して・・・?!

バイト先にも大学にもいつも迎えに来て「可愛い可愛い」を連呼してくるお坊ちゃん。

幼馴染だからってどうしてそんなに甘やかしてくれるの?

【腹黒御曹司は今日もマテない】1話のネタバレを紹介します!

\今すぐ無料で試し読み!!/
まんが王国公式サイトへ

腹黒御曹司は今日もマテない【1話】ネタバレ!

大学生の小春はカフェでバイトしていました。

いつものようにバイトを終え、帰ろうとすると店前に高級外車が止まり、

「小春!バイトお疲れ様!今日もいつも以上に可愛いよ。」

と言ってバラの花束を持った高身長イケメンが降りてきました。

そう、この男は小春の幼馴染で皇財閥の御曹司・壱月・・・

皇財閥とは世界的に有名な一流ホテル等を経営する大企業で、

一見ぼやぼやで頭が悪そうな壱月も実はアメリカの名門大学を出ています。

そんな天上にいる人と小春がどうして幼馴染かというと、

小さいころ小春の母親の職場だった壱月の屋敷に度々遊びに来ていて、

それ以来兄のように慕うようになったのでした。

母親が亡くなり今の両親に引き取られて去ってからもずっと壱月は気にかけてくれていました。

昔は「将来いっちゃんと結婚する!」と言ってしまうほど大好きでしたが、

年頃になると妹扱いが悪化し、過保護に拍車がかかるようになってしまいました。

更に小さい時に誰に言われたのか覚えていませんが

”お前は壱月とは結婚できない”

という決定的な言葉を言われ、理由もわからないままモヤモヤして育ちました。

どうして壱月はただの幼馴染にこんなに良くしてくれるんだろう?

このまま甘やかされ続けるとダメ人間になってしまう!小春は危機感を覚え始めました。

ーーー大学の授業を終え、帰ろうとすると友達が

「なんか門の前に目立つイケメンがいるんだけど!」

と言って来たので、「まさか・・・」と思った小春が校門前に向かうと

やはりそこには壱月が立っていました。

壱月は明日から海外出張で会えなくて寂しいから小春を充電しておこうと思って♪

と呑気なことを言う壱月の周りには人が集まってきていました。

小春の友達にもニコッと挨拶をする壱月に、小春は

みんな見た目に騙されていっちゃんの本当の顔を知らないのよ・・・と思いました。

そしていつものように車に乗せられ、「今日はプレゼントがある」と言って

渡されたのは、大好きな猫のキャラクターのキーホルダーでした。

壱月は「俺がいない間の御守り」と言い、何かあったらすぐに連絡するようにと

小春に言い聞かせました。

ーーー3日後、壱月の襲撃がないからバイトも学校も平和だなぁと小春が

思いながら学校から帰ろうとすると、

「おい、あんた・・・4年の佐野小春?」

といかにもガラの悪そうな大学院生の男子集団に声を掛けられました。

すると、男子たちは

皇壱月って・・・あんたの幼馴染らしいな?

そいつ絡みの話なワケ。付き合ってくれるよな?」

と言って小春を人気のないところへ連れて行きました。

案の定、男子たちは財閥の壱月と小春が恋人同士だと思ってるらしく、

恐喝してきました。

お小遣いもらってるんでしょ?と言われましたが、

一切貰ってないし無理ですと小春が断わり、その場を去ろうとすると

肩をガッと掴んできて

待てよ。大事な幼馴染であることには変わりねぇよなぁ?」

と言い、小春の口を押えて車に連れ込もうとしてきました。

流石にまずい!小春が抵抗しようとした瞬間・・・

1人の男子が吹き飛びました。その先に目をやるとそこに立っていたのは

怖い顔をした壱月!

「いっちゃん!?」

「小春・・・30秒待ってて。すぐに片付けるから。」

壱月はそう言うとあと2人を次々に殴り倒していきました。

その姿を見た小春は、壱月は温室育ちなのにこんなになんで強いの!?と驚きました。

すると後ろから壱月の助手の下田が現れ、

「後始末すんの俺なんだから坊ちゃんいきなり暴れないでくださいよ。」

と言って男を締め上げました。

下田は小春に「久しぶり」と挨拶をすると、

「壱月様がさっさと学校向かうんで必死に追いかけたらこの有様で・・・

本当にビビりましたよ。無事でよかったです。」

と聞かされたので、小春はドキッとして

「助けてくれてありがとう・・・」

と壱月にお礼を言いました。

でも、いいタイミングだったけど・・・まさかね・・・・?小春は1つ疑問が浮かびました。

その疑問は大当たりで、なんと壱月は小春にプレゼントとして渡していた

猫のキーホルダーに盗聴器を仕込んでいたのです!

盗聴器に録音されてる音声を再生させ、縛り上げられた男子たちの前で

再生させると、

大学院生なんだって?これを提出したらどうなるかなぁ?

素性はすっかり調べてるし、将来に関わるかな?」

と怖い顔で壱月は男子たちの前で笑いました。

そんな壱月を小春は「もういいよ」となだめると、

男子たちが必死に謝ってきたので、

「今後一切彼女に関わるな。

お前等の将来なんてクソどうでもいいが、小春に免じて

弱味を握るぐらいで許してやる。」

と言い、解放しました。

自分のためにやることがいつも大袈裟だよ・・・と思いながらも、

小春は嬉しく感じました。

ーーーその後2人で壱月の車に乗り込むと、

「無事でよかった」

と壱月が抱きしめてきたので小春はドキッとしながら、

「いっちゃんが助に来てくれて嬉しかったよ。ありがとう。」

とお礼を再度言いました。

「どうしてこんなに良くして甘やかして守ってくれるの?」

小春がずっと聞きたかった壱月の気持ちが知りたいと、そんな質問をすると・・・

「大事な人だから。」

と言われ、「好きな人だから」という言葉を期待していた小春は

自分が馬鹿みたいに感じ、結婚できない人をこれ以上好きになってはいけないと思い、

「じゃあこれ以上甘やかされると一生嫁の買い手が無いダメ人間になっちゃう。

だから・・・・」

と壱月に抱きしめられた体を離しました。そんな小春に壱月は、

嫁になんて行かせない。

一生俺が面倒みるから俺のそばに居ればいいんだよ。

俺も一生結婚しないで小春の傍にいるから・・・

悪い男どもは全員俺が排除してあげるよ。」

と目が笑ってない顔で言ってくるので、小春はゾッとしながら

「ぜっ・・・絶対いっちゃんより素敵な人見つけて結婚して

良い嫁になってやる!!」

と宣言したのでした・・・・

腹黒御曹司は今日もマテない【1話】感想

こんなに溺愛してるのに、結婚したいとかではないの?

壱月自身も結婚しないで一生小春に悪い虫がつかないように見張るみたいな

事言ってるけど、どうして結婚できないんだろうか・・・・?

小春は幼い時に誰に言われたか分からないけど、壱月とは結婚できないと

言われてしまったからそれが引っかかってるよう。

なので壱月もまたその誰かに小春とは結婚できないと言われてるのだろう・・・

まぁ財閥の御曹司と一般人とじゃ身分が違うから結ばれないって事なのかなぁ?

まとめ

【腹黒御曹司は今日もマテない】1話のネタバレを紹介しました!

小春を溺愛するがあまり盗聴までしちゃう壱月。

今回の恐喝男子たちから助けてくれたのは感謝だけど、

この愛狂気を感じる・・・・(汗)次回の話の続きが気になります!

腹黒御曹司は今日もマテない
腹黒御曹司は今日もマテない【無料漫画】一気に読む方法!『腹黒御曹司は今日もマテない』(漫画)無料で一気に読む方法!頭脳明晰で見目麗しい財閥の御曹司の皇壱月は、幼なじみの佐野小春のためならなんでもするほど溺愛している。その行き過ぎる異常なまでの溺愛は周囲を巻き込みはじめ…?...