漫画ネタバレ

御曹司の並ぶ店【ネタバレ4話】やっぱり天井人だった

『御曹司の並ぶ店』 旅館をクビになった園は、父の営む小料理屋で働き始めます。すると天井人と崇めた元職場の御曹司が一文なしで店の前に現れ、面倒をみることになりました。園は御曹司の護と一緒に働き出すのですが・・・!?

スーパー『レイン』の御曹司である善が園に会いにお店へやって来ると、遅れて帰って

きた護はヤキモチを焼きます。酒場アイドル的な存在になった園ですが・・・!?

『御曹司の並ぶ店』4話のネタバレを紹介します!

『御曹司の並ぶ店』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『御曹司の並ぶ店』4話 ネタバレ!

台所から「キャーッ」という悲鳴が聞こえ、

園が行ってみると、

ゴキブリが出たと言って、

護がブルブルと震えています。

園は新聞紙をクルクルと棒状に丸めると、

スパーンと一発で仕留めるのでした。

もう大丈夫ですよと園が言うと、

やだ、かっこいい・・・と言って、

護は胸キュンします。

御曹司の護が引っ越して来て1週間、

最近は自炊にも挑戦し始めたようで、

朝から目玉焼きを作ろうとしています。

うまく卵が割れなかったようで、

黄身は潰れてしまい、

殻がぐちゃぐちゃに割れているのでした。

殻を取り除いてスクランブルにしてみれば?

と園がアドバイスをします。

出来上がったスクランブルエッグを

嬉しそうに護が頬張ると、

ジャリっと音がしてすぐさま吐き出すのでした。

一生懸命やって、落ち込んだりする護を

園は可愛いなと思ったりするのでした。

バタバタと護が出勤して行くのを見送ると、

園は掃除機をかけます。

すると、護の携帯電話が置きっぱなしに

なっていることに気がつきます。

すると、その携帯電話に着信が入ります。

園は恐る恐る受けてみると、

相手は護からでした。

これがないと困るのではと思った園は、

持って行ってあげることにしました。

代わりに護がランチをご馳走してくれることになりました。

ホテルのロビーで12時に約束をした園は、

ウキウキした気分になります。

お洒落をして身支度を整えると、

一条ホテルへと向かいます。

ロビーに着いた園は、

高級感のあるホテルで少し緊張してしまいます。

すると、ホテルのスタッフから声をかけられました。

約束の時間までもう少しかかるようなので、

ラウンジにご案内しますと言って、

最上階へ連れて行かれます。

普通はスイートに泊まる人しか使えない場所です。

ごゆっくりおくつろぎ下さいと言って、

通された場所には、

グランドピアノと高級なソファーと装飾品が

置かれたラウンジでした。

園は完全に萎縮してしまって、

ソファーに座ることができません。

場違いすぎると感じた園は、

入り口で待たせてもらうことにしました。

するとドアが開き護がやって来ました。

ほっとしたのも束の間、

護の後ろには大勢のスタッフがついて歩き、

護があれこれと指示をしています。

やっぱり、天井人だ・・・

園は固まってしまいました。

園に気づいた護は嬉しそうに駆け寄って来ます。

すみません、お待たせして。

ラウンジに入らなかったんですか?

お腹空いたでしょ?

ここのフレンチレストランを予約してるんで行きましょうか。

と護はいつも優しい笑顔で言いました。

しかし園は固まっています。

頭を下げながら、両手でスマホをお返しすると、

申し訳ありません。

やっぱりお店に早く戻らないといけないので帰ります。

そう伝えるとスタスタと小走りで帰ってしまうのでした。

その日もいつものように小料理屋そのは営業しています。

接客をしていると、護が帰って来ました。

お帰りなさい・・・と園が言います。

食事は済ませて来たのでもう2階に上がります

護が言うと、二人の間にぎこちない雰囲気が流れるのでした。

店が終わると、

園はどう接したらいいんだろう・・・

今まで通りやっててもいいのかな・・・

とあれこれ考えながら2階へと向かいます。

すると、またコタツで護が寝ています。

そばにひざまづいて、

護さん、ちゃんとお部屋で寝てください。

風邪ひきますよと声をかけますが、

ぐっすり眠ってしまっていて起きません。

と、その時、

護が園のエプロンの裾をつかみます。

そして目を開くと、

どうして帰っちゃったんです?

と質問をします。

理由ありますよね?と聞かれた園は戸惑います。

まるで護は子供のように、

エプロンの裾を掴んだまま離してくれません。

天井人だったなって・・・思って。

と園が答えます。

雲の上の人・・・

仲居をやっていた頃に、初めて護さんを見た時、

住む世界が違う人のように思えたんです。

でも、ここで一緒に過ごし始めて、

こんなふうにゴロゴロしたり、

銭湯や百均に喜んだり、

できない家事に一生懸命だったり、

頭ん中で護さんはこういう人だって思い始めちゃって、

だから、今日ホテルでの護さんを見てびっくりしたんです。

やっぱり天井人・・・御曹司様なんだって・・・

そう園が言うと、

御曹司は嫌いですか?と護が言います。

そうじゃないですと園は答えて、

畏れ多いと言うか、知らない遠い人みたいで・・・

と本音を話します。

すると護は、

今こうやって僕がコタツでゴロゴロしてるのを

知ってるのは園さんだけですよ?

と言います。

そしてコタツの中から体を起こし、

でもまぁ、僕は御曹司ですけど、天井人ではないですし、

どの僕も僕なので、もっといろんな僕を知って下さい。

そう言って微笑みます。

すると園は顔を真っ赤にするのでした。

園は言われて気づきました。

私もっと護さんのこと知りたいのかもしれません。

すると護は、早速次のランチの約束をしようとします。

園はあんまり高級すぎるのは気後れしてしまうのだと言って、

あたふたするのでした。

『御曹司の並ぶ店』4話 感想

今回もほっこりしました〜!

特にコタツのシーンがドキドキしました。駄々っ子みたいにエプロンの裾を

つかまれたら、胸キュンしてしまいました!

*まとめ*

『御曹司の並ぶ店』4話のネタバレを紹介しました!

是非とも今度は御曹司の護の世界も園さんには体験してもらいたいです。

かっこいい護をもっと園さんが知っていけるといいですね!楽しみです。

『御曹司の並ぶ店』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/