漫画ネタバレ

御曹司の並ぶ店【ネタバレ5話】理想のプロポーズ

『御曹司の並ぶ店』 旅館をクビになった園は、父の営む小料理屋で働き始めます。すると天井人と崇めた元職場の御曹司が一文なしで店の前に現れ、面倒をみることになりました。園は御曹司の護と一緒に働き出すのですが・・・!?

園はホテルで働く護を見て、まるで別人のように感じてしまいます。天井人だと引いて

しまった園ですが、「どんな僕も僕なので、いろんな僕を知ってください」と護に言

われて仲直りをするのですが・・・!?

『御曹司の並ぶ店』5話のネタバレを紹介します!

『御曹司の並ぶ店』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『御曹司の並ぶ店』5話 ネタバレ!

園サンは理想のプロポーズってありますか?

テーマパークの御曹司であるケインが聞きます。

突然の質問で、

店のカウンターに並んで座る御曹司たちも

みんなが驚きます。

今、ケインの会社ではテーマパークとゲームアプリの

連動企画を作っているのだと言います。

いわゆる乙女ゲー的なやつで、

テーマパークの各スポットに行くと、

お気に入りのイケメンキャラが、

素敵なプロポーズのセリフを語ってくれる

っていうものを考案中なのでした。

なので園の意見を参考したいのだそうです。

どんなシチュエーションのどんなセリフが

いいと思います?

園が返答に困っていると、

例えば・・・

貴女の作ったこのきんぴら、

毎日食べたいな

とケインが言います。

作ったのは俺だぞと園の父親が言います。

園はまだ結婚とか考えたことがないので、

すみませんと言うと、

あははは、振られてやんの。

ダッセー台詞すぎんだろ

と善が茶化します。

じゃあ善はイカしたプロポーズできるの?

とケインが聞くと、

善はたじろぎます。

すると隣で飲んでいた呉服屋の幸士郎は、

善には無理やろ・・・と言います。

できるっつーの!!

おめーらよりイケてるプロポーズ!!

と言って善はいきり立ちます。

ちょうどその時でした。

ただいまと言って護が帰って来ました。

いきなりその現場を見た護は、

えっ善くん結婚するの!?と言います。

善は否定すると、

ケインと善ではどちらのプロポーズが

上手そうかと質問します。

すると護は、

僕かなと言いました。

うわなんだその自信!?

と言ってケインと善と護の3人で、

子供のような喧嘩が始まってしまいました。

幸士郎、お前、高見の見物してんじゃねぇぞ

と善が言うと、

巻き込まんといてと幸士郎は言います。

するとケインが案を出します。

実際にケインのテーマパークの

『ロジックワンダーランド』で

誰が一番使えそうな素敵なプロポーズができるか

決めようということになりました。

ジャッジは園がします。

おいおい、ウチの娘で遊んでんじゃねーぞ

と親父さんが言います。

遊びじゃないです。大事な企画のお仕事ですよ!

お給金も出します!

とケインが言うと、

困っている園をよそに、

おっ、それなら・・・

と親父さんはOKするでした。

困った園は護に助けを求めますが、

一緒にテーマパーク楽しみですね!!

と言ってにっこり微笑むのでした。

私なんかがいいアドバイスできるのかしら・・・

と心配になりつつ当日を迎えました。

いいお天気で、テーマパーク日和です。

園はプロポーズの言葉集検索して、

ノートにびっしりと書き出していました。

使えますかね?と園が言うと、

真面目ですね。

言葉を考えるのは僕らなんで、

園さんは感想を述べてくれるだけでいいと思いますよ

と護が言います。

まーそもそも悪ふざけだし・・・

と護は心の中で言います。

護は久しぶりのテーマパークでご機嫌です。

園も高校生以来でした。

それを聞いた護は、

園さん働きすぎじゃないですか!?

お休みの日もお掃除とかしてるし、

遊んでなさすぎです。

と言うと、

お掃除は半分趣味なので・・・

と園は答えました。

わかりました!これからは・・・

僕が休日のたびに連れ出して、

貴女を楽しませます!

園は驚きます。

すると、

ってこんなのはどうです?

ドキッとします?と護が言います。

もうプロポーズ企画、始まってるんですか?

と言って園は戸惑います。

すると、

そんなんじゃトキメキませんよねぇ

と言いながらケインが登場しました。

ロジックワンダーランドはケインの城だからね

ここからはケインがエスコートしますよ

と言って園に手を差し出します。

今度は馬車に乗って、

ケインと一緒に出発します。

園は馬車に乗るのは初めてなので、

すごいと言って感激します。

目の前に大きなお城が見えてきました。

さぁプリンセスと言うと園を手を取ります。

貴女の笑顔を一生守らせて下さい。

とケインが言いました。

・・・それ、検索した言われて嬉しい

プロポーズの言葉集にありました!!

と園が言います。

すると、

ケインはんは、オリジナリティいうもんが

足らんのちゃう?

と言って幸士郎が姿を現します。

馬車を降りた園は、幸士郎と歩きます。

今日は珍しくお洋服を着ています。

お城の裏まで歩いて行くと、

そこは大きな庭園になっていました。

やかましいところや、

人混みが苦手だという幸士郎は庭園を選びます。

私も人の多いところは苦手なので、

こういうところ落ち着きますと園が言うと、

おや、気ぃ合いますねと言って、

二人ははんなりと微笑み合います。

すると庭園にウェディングフォトを撮っている

お嫁さんがいました。

綺麗ですねぇと園が言うと、

うちは呉服屋やから、

園さんには是非、白無垢でお願いしたいわ

よう似合うと思います

と言って幸士郎ははんなりと微笑みます。

なるほど!オリジナリティ!

と言って園はメモを取ります。

なかなかええでしょ?と幸士郎が言うと、

はい!と園は答えるのでした。

すると草木の影からガサゴソと護が出てくると、

呉服屋の営業っぽいですよ!!

と言います。

護の体のあちこちに葉っぱが付いています。

次は善の番ですが土壇場で恥ずかしがってしまい、

護が代りに迎えに来ました。

おーい、善くん、連れてきたよー

と護が言うと、

メリーゴーランドの前で花束を抱えて

待っていた善はビクッとします。

可愛らしいチョイスやな・・・と幸士郎が言うと、

善は案外ロマンチストだからねとケインが言います。

いつの間にかケインも合流し、

御曹司4人が揃いました。

3人に見られているせいで、

ますます善は緊張します。

おまけにメリーゴーランドを選んだために、

子供たちも集まって来ました。

気づくとどんどんギャラリーが増えてきます。

この中だと私も恥ずかしいんですけど・・・

と園が言います。

ほら、善くん早く!!と急かしますが、

なかなか言えません。

すると、

じゃや僕が先行こうか?

と言って護が花束を持とうとします。

あっ、待て!と言って護の肩をガシッとつかむと、

善が勇気を振り絞って言います。

お、お・・・おっ・・・俺を選んでくれっ!

ギャラリーから歓声がわきます。

善、それすごくいいよ!とケインが言うと、

必死な感じが返ってええやんと幸士郎が言います。

ムッとした護はちょっと待った!!と言うと、

花束を奪い取り、僕の方を選んでください!!

と言って頭を下げます。

えっ、護、ずるいよ!とケインが言うと、

幸士郎も誘って4人で、

よろしくお願いしまっす!!

と園へ猛アピールします。

なんですかこの状況は?

企画にこれ使えるんですか?

と園が言うと、

みんなーおーまーたーせー!!

と言って莉音くんと爺やがやって来ました。

平日の昼間に遊ぶなんて怠けた大人たちだね。

僕はちゃんと小学校に行って来たんだから!

と莉音くんが言います。

すると、

園お姉ちゃん!

ハイっ!と園が返事をすると、

シュタッと莉音くんがひざまずくと、

ボクのお姫様になってくださいっ

と言いました。

園はズキュンときます。

はいとお返事をすると、

おおーという歓声と、

ええーというブーイングが

同時に聞こえてくるのでした。

お姉ちゃん、次はあれ乗ろう!

と莉音くんが言うと手を繋いで、

二人は乗り場へと向かいました。

子供はずりぃだろと善が言い、

しゃーないですわなーと幸士郎が言います。

企画に使えそうだった?と護が言うと、

ふふふ、どでしょうねとケインが言います。

連れ出して、

夢みたいな世界で楽しんでくれたら、

成功のようです。

家に帰った来ると、

大将のいびきが聞こえてきます。

今日はお店も休みだったので、

もう寝てしまったようです。

護はテーマパーク内が禁酒だったので、

対象にお酒を付き合ってもらおうと思っていました。

残念そうにしょんぼりしている護を見て、

園が私で良かったら付き合いましょうか?と言います。

園はまだ未成年なのでお茶で乾杯です。

園はお湯割りを用意して持って来ました。

園さんも飲めたらいいのに・・・

と言いながら護は美味しそうにすすります。

ふふふ、あと3ヶ月後です。誕生日。

と園が言います。

その時はお酒でお祝いしましょう

と護が言います。

記念すべき二十歳ですし、

どこかお店を借りてみんなを呼んで

パーっとやりましょうと護は提案しますが、

園は家でこじんまりで十分ですと言います。

ドラマティックなシチュエーションで、

プロポーズっていうのも素敵ですが、

園には身に余り過ぎていました。

日常の中で何気ない方が私は好きかもしれません。

と園が言うと、

なるほどっと言って護はお酒をくぴっと飲みます。

台詞はどんなのがいいかと聞いてみると、

普通でいいです。

「ずっと一緒にいよう」とか・・・

と園が言います。

僕も貴女とずっとこうしていられるなら、

家を捨てても構いませんよ。

と護が言います。

園が動揺していると、

こんな感じですかね?と言って護は笑います。

すると園はまだ続いてるんですか!?

もう勘弁して下さい!!と言って怒ります。

でも本当に、ここでの生活は楽しいので、

ずっとこうしていられたら嬉しいと言って、

護は笑います。

むすっとした園は無表情のまま、

そうですか・・・と言います。

そして、

もう一杯飲みますか?と園が聞くと、

ハイ!と護は答えるのでした。

『御曹司の並ぶ店』5話 感想

4人の御曹司との夢のようなプロポーズ企画でした!最後のオチまで面白かったです。

それから家でお酒を飲みながら護が言った「貴女とずっとこうして・・・」のシーンは

護の表情がすごくセクシーで胸キュンでした!

*まとめ*

『御曹司の並ぶ店』5話のネタバレを紹介しました!

3ヶ月後に園の二十歳の誕生日です。護と一緒ならばきっと素敵な思い出に残る

誕生日を迎えられそうです!楽しみです!

『御曹司の並ぶ店』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/