ファンタジー

押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが【ネタバレ3話】好きになったきっかけ

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』 伯爵家の後継ぎ・ノエルに恋をした男爵令嬢のシェリー。会うたびに挨拶のように好きだと伝えても関係は変わらないまま。ならばと思って実践したのは・・・?!

魔法のせいでノエルに対して酷く冷たい態度を取ってしまうシェリー。

好きと言われてすごく嬉しいはずなのに笑う事さえできなくて・・・。

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』3話のネタバレを紹介します!

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』
今すぐ無料で試し読み!!

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』3話 ネタバレ!

時は少しだけ遡り、学園に入学して3ヵ月の頃

ノエルはシェリーにいつも遠くから見られているのに気づいていました。

会話をしたことなく何も知らないのに変な女だな・・・とノエルはその時は

そう思っていました。なぜならモテモテなノエルは好きだというような女は

媚びるように近づいてくることが多かったからです。

顔や爵位につられているだけで、両親にすら愛された記憶がない

ノエルからすれば恋や愛などくだらない感情でした。

結婚だって父親の決めた相手とすることになるだろうし、それにこの学園には

幼いころから目指している文官に就くために進学したのでした。

最初声をかけたのは好奇心からで、話しかければシェリーだって

そのうち欲が出てくるだろうと思っていたからでした。

しかしシェリーはいつも腰が低くて何も欲してきません。

何かしてほしいことはあるか?と痺れを切らして聞くと、

ゆっくりお風呂にでもつかっていつもより早く休んでくださいと言われたのです。

自分のしてほしいことや欲を出してくると思ったのに、

最近疲れているノエルを気遣って、それが自分の願いだと言ってくるシェリーに

ノエルは調子を狂わされました。

1年経っても2年経っても変わらないシェリーの態度に、

シェリーの一途な想いを流石のひねくれたノエルも認めざるを得ませんでした。

純粋な彼女の好意は何の見返りも求めておらず、

ただただ素直に「好き」だと言ってくれることにノエルの心は少しずつ

動いて来たのでした。

いつの間にかシェリーがとても可愛く愛おしく思えるようになっており、

彼女の好意がとても心地よく感じていましたが、

こんな日々はいつまでも続かないと分かっていました。

卒業したらそれぞれ父親が決めた相手と結婚することになると考えると、

想像しただけでノエルは胸が張り裂けそうになりました。

そんなある日「ノエル様以外の方を好きになれる気がしない。

一生ノエル様だけです。」と言われたので、シェリーはきっと自分を裏切らないと

確信が持てたノエルは、永遠に変わらない愛情が欲しかったんだと気づいて

「その言葉忘れないでくださいね」と言い、シェリーの髪の毛に誓いのキスをしたのでした。

愛というものを何よりも誰よりも求めていたノエルは、

シェリーに出会って本当に欲しいものに気づかされたのです。

勿論父親が簡単にシェリーとの将来を許してくれるはずがないのをわかっているので、

心を決めたノエルは幼いころから描いてきた夢を捨てて、

シェリーと一緒になりたいんだと父親に初めて直談判したのです。

愛しい彼女を手に入れられるならこの決断は後悔していない・・・

今シェリーに嫌われてしまったと思っているノエルはどう行動に出ようかと

さらに想いを募らせているのでした・・・。

 

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』3話 感想

なるほど・・・最初は変わった奴と思っていたのは、

自分の容姿や爵位に目をギラつかせているだけの女と一緒だと

思っていたからなんですね~。

でも、素直にただ純粋に「好き」だと思われているのを知り、

愛に飢えていたノエルの心の氷をシェリーが溶かしていったようでした。

長く時間はかかりましたが、ちゃんと想いは届いてたんですね(涙)。

そんなこと知らないシェリーは制約魔法を自分にかけてしまいました。

なんというバッドタイミング!まぁでも好きだという気持ちを全然表してくれなかった

ノエルがもう1度振り向かせる!と燃えてくれてるんだから、

しばしこの状態を楽しんでみてもいいのでは?と思っちゃいました。

*まとめ*

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』3話のネタバレを紹介しました!

実は学園にいるときからシェリーのことが好きだったノエル。

もう1度振り向かせるためにはどうしたらいいのかと模索して・・・?

次回の話の続きが気になります。

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』
今すぐ無料で試し読み!!