ファンタジー

押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが【ネタバレ7話】自室に籠り、自分を責めて・・・

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』 伯爵家の後継ぎ・ノエルに恋をした男爵令嬢のシェリー。会うたびに挨拶のように好きだと伝えても関係は変わらないまま。ならばと思って実践したのは・・・?!

ノエルの親友・チェスターにノエルが突然学園を辞めたあの日、

自分のせいで彼の人生を大きく変えてしまったという事実を聞いたシェリーは・・・?

 

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』7話のネタバレを紹介します!

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』7話 ネタバレ!

ノエルが自分のせいで夢を諦めていた事を知ったシェリーは自室に引きこもって

1人ベッドで泣き崩れていました。

小さい頃からの夢があると言って誰よりも必死に努力していた彼を知っていた

シェリーは自分のせいで夢を捨ててしまっていたという事実を知りたくありませんでした。

そしてどうして夢があると言った彼が突然学園を辞めて騎士団に入った事を

疑問に思わなかったのか・・・と自分を責めました。

追い続けていた夢を捨てて血のにじむような努力をし、

師団長にまで上り詰めた彼が就任後、無理して寝ずに婚約したいと申し込みに来てくれたのに、

制約魔法をかけられていたシェリーは「俺の事が好きじゃなくなったんですか?」

と聞かれた時に、「そうかもしれませんね」と冷たい一言を放った

事を思い出し、さらに自分を責めました。

1人で空回りをして、こんなにも想ってくれていた彼を傷つけて

何をしてるのだろう・・・ノエルには自分は相応しくないと

声を上げてシェリーは泣きました。

それなのにノエルは自分を責め、今だにシェリーを愛してると言ってくれます。

きっと数ヵ月前の自分んらば大人しく身を引き、彼の幸せを願えたはずですが

彼に愛される喜びもkれに触れられる幸せもたくさんの感情を知ってしまったため、

ただ遠くから彼を眺めてたまに話すだけの関係になんてもう戻れないとシェリーは

思いました。すべては2ヵ月前制約魔法なんてかけなければ

こんなにも彼を傷つけることはなかった・・・と重く感じ、

こんなにも好きと伝えられないことが辛くて悲しくて苦しいことだなんて

思いもしませんでした。

ーーーそれから数日、シェリーは部屋から一歩も出られず

具合が悪いと伝えてるので誰とも会っていませんでした。

そんなある日、ずっと部屋に籠りきりのシェリーが心配でノエルが

やってきました。具合はどうか?ここ数日顔も会わせてくれないのは

本当に体調が悪いだけなのか?とドアの外で聞かれたシェリーは、

ギクッとしました。顔も見たくなくなる程迷惑なのか・・・と

ノエルの悲しそうな声色を聞いて、ノエルは制約魔法のせいで

また冷たい態度を取ってしまってこれ以上傷つけてしまうのが

怖いだけで迷惑なんかじゃない!と心の中で思いながらも、

言葉に出来ません。

どうかここから出てきた話を聞いてくれないか?とお願いされたノエルは、

恐る恐るドアを開きました。その顔は少しやつれていて涙が溢れ出ており、

ノエルは咄嗟に抱きしめました。

ごめんなさいと謝るシェリーにノエルは謝らないでと言って

シェリーの体調を気遣い、落ち着いたところで自分の生い立ちについて話し始めました。

ーーーノエルの母親は初めて参加したパーティーで声を掛けられた父親と出会いましたが、

その日の父親はひどく悪酔いしており酒の勢いで母親に嫁に貰いたいと

言ってきたそうです。箱入り娘の母親はその言葉を鵜呑みにしましたが、

翌日目が覚めた父親は母親の存在すら覚えていませんでした。

待てど暮らせど来るはずの父親からの婚約の申し込みがないので、

どうしたんだろう?と調べると父親には将来を誓う恋人がいたことを知ります。

父親の気持ちが自分にない事を受け入れられず、母親はやがて心を病んで

体調を崩してしまいました。そんな母親の姿を見た祖父は可愛い娘を弄ばれたと

激怒し、責任を取るように父親に婚約を迫りました。

父親は逃げ場がなくなり、押し切られる形で婚約し

心の病んだ母親と結婚せざるを得ませんでした。

それからしばらくしてノエルが生まれたのですが、父親は結婚後も元恋人に

未練があり、母親もノエルに愛情を抱くことが出来ず、

常に父親の浮気を疑う母親は少しずつ壊れて行ったのです・・・。

やがて父親は母親を捨てて家を出て元恋人の下へと行き、

父親が返ってこないと知った母親は魂が抜けたように虚ろになり

父親に似ているのえるの顔を見るのが辛いと避けるようになりました。

そしてノエルが成人したのを機に逃げるように屋敷から出て行ったのです・・・。

自分を捨てたのに父親らしいことなど何一つしなかったくせに

都合のいい時だけ父親面してノエルを利用する父親に、

ノエルは飽き飽きしていました。

そんな両親を見てきたからこそ自分は誰のことも好きにならないと

生きてきましたが、学園でシェリーに出会い恋をしたのです。

でも実はノエルは父親の選んだ相手と婚約することが決まっており、

シェリー一緒になりたいといくら頼んでも許してもらえず、

騎士に誰よりも憧れていて損得勘定でしか動かない騎士になれなかった父親に、

騎士になるから結婚を許して欲しいとお願いしました。

今まで祖父が盾になってくれて好きな夢を追いかけられていましたが、

このカードを切るしかシェリーと結婚できる方法はないと思ったのです。

しかし父親は師団長になるまで婚約は認めないと言い出したので、

あれから3年も経ってしまったが、師団長になった翌日に嬉しさのあまりすぐに

婚約を申し入れたんだとノエルは話してくれました。

でも結婚適齢期の女性にとって3年とはとても長い時間だったので、

シェリーの気持ちが変わってしまっているかもしれない・・・

全て自分が悪いと思いながら、ノエルは

「一生君だけです。愛しています。」ともう一度告白しました。

自分のせいで夢を捨てることになってしまったのに、あの日彼に伝えた

言葉を自分に言ってくれたことがとても心に響いて、

シェリーはまた涙が溢れ出ました。

契約魔法が解けた後、すべてを話そう・・・でも、

優しい彼だってきっと怒るだろうし、こんな自分に愛想が尽きるかもしれない・・・

それでも彼が許してくれるまで何度も何度も心の底から許しを請おうとシェリーは

思いました。早く彼に好きだって伝えたい・・・今は口にできない言葉を

辛く感じながらも優しいノエルに抱き寄せられて、シェリー何度も謝ることしか

出来ませんでした。

 

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』7話 感想

ノエルの生い立ち壮絶ですね・・・父親は責任感がまったくない

阿保な人です。でも、母親も箱入り娘すぎて世間知らずだったため

「酒の勢い」ってやつに騙されてしまいました。

なのにこんなに素敵な男性に育ったのは祖父や周りの使用人たちが

いかによくしてくれたかが現れてるなと思いました。

普通だったらグレてしまってもおかしくないですからね~。

素敵な性格で可愛いシェリーの熱意ある好き好きアピールにほだされ、

恋なんて一生しないと思っていたノエルの氷の心を溶かしたようです。

まさに運命の相手!制約魔法がなければめでたしめでたしで

即効終わる話でしたが、そのお陰で激甘ノエルが見えるのでキュン♡しちゃいます。

*まとめ*

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』7話のネタバレを紹介しました!

制約魔法が解けるまであと少し・・・!早くこの優しいノエルに

想いを伝えたい!次回の話の続きが気になります。

『押して駄目だったので、引いてみることにしたのですが』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/