漫画ネタバレ

推しが上司になりまして【ネタバレ7話】映画館デート

『推しが上司になりまして』 舞台俳優・桐生斗真の突然の引退!おっかけが生きがいのOL・中条瞳は悲しみに暮れていたが、そんな中、押しが自分の「上司」として会社にやってきて・・・?!

イベントが終わった後の飲み会で社内恋愛の話題になると、瞳は高城と自分の恋愛を

勝手に妄想してクラクラになります。お酒に酔ったと言って外に出るとそこに高城が

現れるのですが・・・!?

『推しが上司になりまして』7話のネタバレを紹介します!

『推しが上司になりまして』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『推しが上司になりまして』7話 ネタバレ!

私、推しの恋人になっていいんですか?

そう言われた高城は、

・・・推しか・・でもまぁ・・・

一歩前進だなと言って瞳を優しく抱きしめます。

その瞬間でした。

腕の中から瞳が消えます。

すすすすみません、今のはなしでお願いします。

と言って瞳は距離をとると、

妄想が暴走どころか爆走してレッドゾーンを

ぶっちぎってしまいました!!

忘れて下さい!!

と言います。

わ・・・私何口走ってんのー!?

パニック状態の瞳は、

私・・・酔ってるみたいなので

外の空気吸って来ますね

と言うと高城に腕をつかまれます。

高城はニコッと笑ってここが外だが?と言います。

そして、

高城も少し酔っているから、

俺の酔い覚ましに付き合ってくれないか?

と言います。

瞳は嬉しすぎて言葉になりません。

ぐはっ!

どうしても高城部長が斗真にしか見えません!!

2nd写真集の32Pにあるキラキラ、シャララーン

の斗真のポーズです!!

いやご本人なのですが、

そして夜なのに眩しい!!

瞳はまた完全にトンでしまいました。

中条さんの心に俺を刻みつけないといけないな・・・

と高城がボソッと言います。

中条さんは休日どんな過ごし方を?

と高城が質問します。

な、何故そんなことを知りたいのですか?

と瞳はドキドキしてしまいます。

もっと君のことが知りたいだけだが?

ビャーーーっっ!!

ええと休みの日はDVD鑑賞とか読書とか・・・

というと、高城がどんな?と質問します。

どんなって・・・

舞台パンフレット片手に、

ハチマキしてにペンライトを持って画面に向かうのですが、

直近ですと『迷宮ランデブー』の円盤を繰り返し・・・

と言います。

すると高城は斗真関連意外で!と言います。

ガーン!封じられました!

私の人生99%は斗真でできてると言うのに・・・!?

瞳は斗真以外を必死に考えますが、

出てきません・・・

私って本当に斗真以外何もない??

それに気づいて落ち込みます。

いきなり大粒の涙をぼたぼたと流しだすと、

高城がギョッとします。

ど、どうした!?

部長・・・

私は推しが生きがいで

推しのためだけに生きてきました・・・

私から推しを取ったら、

ただのオタクの抜け殻でしかなく・・・

推し活オタ活を細々と続けて、

おかげで申し訳ない程度に細胞分裂を繰り返し、

辛うじて生きていられるようなオタモブ女から、

斗真を取ったら・・・

ぶわっ、死んだも同然です!!

そう言って泣き出しました。

すると、

わかった、落ち着け!この話はやめよう

と言って高城が慰めます。

こんなに落ち込むほど、

俺を応援してくれていたのか・・・

と高城は知るのでした。

中条さん、泣くな

できるなら、笑顔を見せて欲しい・・・

そう思って高城は頬にキスをします。

え?今のは・・・?瞳は現状を理解できません。

週末予定はあるか?と高城が聞きます。

あ、特に何もっ・・・と瞳が答えます。

あ、あれ?

見たい映画があるから一緒に行かないか?

映画鑑賞は嫌いか?

いえ、好きです!でも・・・

あれ?あれあれ?

じゃ決まりだな!と高城が言います。

あまりにもサクサクと話が進んでしまって、

パニックを起こそうにも起こせません。

しかし、

高城は週末に読み聞かせの予定が

あったことを忘れていました。

ボランティアで子供達に絵本を読んでいます。

え!?斗真が読み聞かせ!?

その情報もっと詳しく知りたい!!

ボランティアされてるなんて知りませんでした。

素敵ですね!!

と言って瞳の顔がパァッと明るくなります。

そうだ、もしよければ一緒に来ないか?

と高城が言います。

すごい!!推しの読み聞かせ!?

これは是が非でも目に焼き付けなければ!!

と瞳の目がギラギラします。

ぜひご一緒させて下さい!

と瞳が言うと、話が決まりました。

そして週末・・・

高城が瞳を迎えにきました。

瞳は布を被り顔を隠します。

引退したとはいえ

モブ女を連れ立って歩く推しをパパラッチされたら、

迷惑がかかってしまいます!

高城はいきなり瞳をスッと引き寄せると、

ほら、日に当たりたくないんだろ?

俺の影に入ればいい

と言います。

瞳は感動しすぎて、

高城が太陽より眩しく見えます。

二人はおはなし会にやって来ました。

たくさんの子どもたちが集まっています。

高城は最初のお話に『ももたろう』を選びました。

すると子供たちから、

ええー、もう飽きたよー、違う話がいいー

とブーイングが起こります。

まぁ待て、まずは王道からだろ

と言って高城が絵本を読み始めます。

最初は嫌がったこどもたちですが、

あっという間に高城の読み聞かせの世界に

引き込まれていきます。

それを後ろから見ていた瞳は、

すごい!!

そしてイケボすぎる!!

耳が幸せ〜と感じるのでした。

すると児童施設のスタッフの方が、

よかったらお掛けになって下さいね

と瞳に声をかけてくれました。

ふふ、高城さんが人を連れてくるなんて

珍しいわねとその方が言います。

瞳が初めてだと言います。

特別な人なのかしら?と言われました。

あの、高城さんはいつから読み聞かせを?

と質問してみると、

10年ぐらい前からだと言います。

知りませんでした・・・

忙しい合間を縫って10年も続けていたのです。

読み聞かせがとても上手というのもあるけれど、

彼自身がとても楽しそうに読んでくれるから、

子供たちもみんな笑顔になってしまうのだと言います。

あんなに優しい笑顔・・・

会社でも舞台でも見たことがありません

尊い・・・!

そうだ私、

いつもだったら激写するはずだったのに、

ただこのまま、

彼を見つめていたいと思うのはどうして・・・!?

読み聞かせが終わって、

高城が出て来ました。

お待たせ、デートはこれからだな

と言います。

デートという言葉に反応して、

瞳は顔が真っ赤になります。

高城はぶっと吹き出すと楽しみだと言います。

映画館に着きました。

ひええええええー

まさか推しと二人で映画を観る日が来ようとは!!

高城の見たい映画は終了していて、

瞳が見たい映画を見ることになりました。

というか高城は単に誘う口実だったのです。

瞳は見たい映画を考えていなかったので、

どうしようかと迷ってしまいますが、

あ・・・ちょっと気になってたやつがありました。

高城もそれが気になっているようです。

へー!!こういう作品も好きなんだ!!

新発見です。

瞳はこの映画はどうかと提案してみます。

開演時間もちょうどもうすぐです。

え・・・いいのか?と高城が言います。

この反応はドンピシャです!!

ふふ、いいって何がですか?これが観たいです!

と瞳は言います。

席に着くと高城はパンフレットを見始めました。

高城部長もパンフレット買う人なんだ・・・

なんだかお揃いみたいで嬉しく感じます。

そしてパンフレットを眺める高城の顔、

これはワクワクしている時の顔です。

この映画に決めてよかったな・・・

と思いました。

そして、

この人血も涙もない人だと思ったけど、

まさかの大ドンデン返しです!!

瞳は号泣してしまいます。

この親子が報われてよかった・・・

そう思って手を動かした時、

高城の手に触れてしいました・・・

すると高城はぎゅっと瞳の手を握り返します。

チラッと高城の横顔をみてみると、

瞳は胸がキュンとしました。

待って!手当たってる!

いや繋いでる!!

顔がボッと赤くなります。

ねぇねぇ、手繋いでるよ!?

これまでの私だったらもう手は洗わないって

大騒ぎしているはずです。

でも・・・

温かい大きな手

手を繋いでいるとホッとします。

本当に私、どうしちゃったんだろう・・・

『推しが上司になりまして』7話 感想

瞳に心境の変化が訪れるのがわかる回でした!!今までとは違う推しは推しでも、

高城を一人の男性として見始めてる気がしました!特に映画館での手を握るシーンは

瞳の一番大きな変化だと感じました。

*まとめ*

『推しが上司になりまして』7話のネタバレを紹介しました!

『斗真』である高城に対する気持ちの変化が出てきた中条瞳ですが、

少しずつ二人の距離が縮まっているようです。次回もどんな変化があるのか楽しみです!

『推しが上司になりまして』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/