ファンタジー

転生先で推しの弟に美味しくいただかれています【ネタバレ13話】秘密ののぞき穴

『転生先で推しの弟に美味しくいただかれています』 管理栄養士として働いていた雪野は山で転落死してしまい、乙女ゲームの悪役令嬢・イオナに転生します。今度はヒロインとしてではなく、イオナとして”推し”の第一王子セオに再会するのでが・・・!?

グレイ王子のおかげでなんとか宮殿から逃げられたイオナは、グレイの山小屋で一息つきます。そして、全てコレットの策略だと知ると同時に、イオナはどのEDでも自分が破滅するところまでは同じシナリオなんだと気づきますが・・・!?

『転生先で推しの弟に美味しくいただかれています』13話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『転生先で推しの弟に美味しくいただかれています』13話 ネタバレ!

イオナ自身が運命をねじ曲げたことで、コレットは狂ってしまいました。

グレイはあんまり思い詰めるなよと言いますが、イオナはやりきれません。

ぐぅーーー

グレイとイオナのお腹が鳴りました。

グレイはごめん・・・と言い雨ますが、イオナもパーティー中は忙しくて何も食べられませでした。

イオナはチャチャっとご馳走を作ります。

グレイは初めて見る料理だ!と言って喜びます。

親子丼の完成です!

悪役令嬢特製・森の幸の親子丼です。

材料は山鳥の肉・きのこ類・卵・リーク・パックご飯・だしざんまい・砂糖・しょうゆです。

グレイが獲った山鳥と森のキノコを使いました。卵はグレイが王宮からくすねてきたものです。

グレイは感激します。

美味い!!腹が減っては戦は出来んからなと言います。

こんな時でもお腹は減るし、作った料理を美味しく食べてもらえるのって嬉しいものです。

でも、イオナはこの光景に既視感があります。

昔の刑事ドラマの取り調べ中のアレでしょうか。

それにしても不思議なことにイオナのリュックがなぜかグレイの山小屋にあります。

私のリュック、いつの間に持ち出してきたの?とイオナが聞くと、棚を調べにキッチンに入った時だとグレイが言います。

その辺に放ってあったので、嫌な予感がして、万が一にも悪用されないようにここに持ち帰っておいたと言います。

何事もなければ、後でイオナの家まで届けて、ついでにメシをいただくつもりでいたのでした。

えっ!?じゃあこの距離をあの時間で往復したの!?とイオナが驚きます。

だとしたら健脚過ぎます!!

するとグレイは、ここから城まではそんなに離れていないと言います。

さっきは兵士を巻くために遠回りしました。

とはいえ、骨が折れたことは事実ですが、間に合ってよかったとグレイは言います。

・・・ありがとう。私のために・・・なのにさっきは・・・ごめんなさいとイオナが言います。

いいんだ。俺も悪かった。頭ごなし決めつけて・・・でもあのお嬢ちゃんが一番怪しいのは事実だとグレイは言います。

そして、私怨の線でなければ、彼女もまた陰謀に巻き込まれたのかもしれないとグレイが言います。

陰謀・・・!?

グレイは・・・おそらく国外の何者かにこの国は狙われていると言います。

それを調べようとした矢先にグレイは、敵国に情報を送るスパイだと疑惑をかけられたのだと言います。

つまり、グレイは濡れ衣で城を追われたことになります。

正確には拘束される前に自ら身をくらませたのでした。

そのためグレイは容疑が確定してしまいお尋ね者の王子なってしまいました。

でも上等だ!城で大人しくしてられるかよ。俺は必ず暗躍者の尾っぽを掴んで見せる!とグレイは言います。

すごいよグレイ、立派だわ!とイオナは言います。

ボロボロの身なりで、山小屋暮らしをしていますが、この人こそが本物王子様だとイオナは思いました。

私にも何かできたらいいのに・・・!私もグレイを助けたい!っと言っても私なんて、料理ぐらいしか取り柄がないんだけど・・・とイオナが言います。

するとグレイは、料理ぐらい?いつも何もないところからこれだけのモノを作り出して見せるなんてすごい技術だよ。長い時間をかけて鍛錬したんだろうと言います。

・・・長い時間・・・イオナは前世の自分を思い出すと同時に、あることに気がつきました。

・・・そうだ、そうよ!検食がある!!とイオナが叫びます。

検食とは、食中毒とかの衛生事故が発生した時に原因がたどれるように、作った料理を少量とっておくものをいいます。

確かキッチンに1つだけ皿が残っていたのをグレイも覚えていると言います。

つまりソレを調べれば、イオナの料理に毒が入っていなかったと証明ができるわけです。

2人は再び王宮へとお戻るため、走ります。

地下に隠し通路がありました。

グレイはこうしてお城に潜入していたのです。

先祖の誰かが作ったと思われますが、兄達や父でさえも存在を知らないのだとグレイは言います。

子供の頃からのグレイのとっておきの秘密でした。

もうすぐセオの部屋へと差し掛かります。

様子を見てみようとグレイが言います。

なんとのぞき穴とルーペまでありました。

2人は中の様子を伺うと、ベッドの上にセオいて意識を取り戻したようです。

そして、ベッドのそばにはコレットが座っていました。

君の看護のおかげだよとセオが言うと、よかったです。セオ様がご無事で・・・とコレットが言います。

セオの無事を確認できたイオナはほっとします。

でも、まさかイオナさんがこんなことするなんて・・・とセオが言いますが・・・!?

『転生先で推しの弟に美味しくいただかれています』13話 感想

検食ってなんだろうと思っていたのですが、謎が解けました。これでうまくイオナの濡れ衣が晴れるといいのですが。秘密の地下通路にのぞき穴、グレイらしくてよかったです。今回の印象に残ったシーンは、親子丼を美味しそうに食べてくれるグレイの顔が印象的でした。やはりイオナの料理はいつも美味しそうで食べたくなります。

*まとめ*

『転生先で推しの弟に美味しくいただかれています』13話のネタバレを紹介しました!

この国を狙っている者がいるとグレイは言っていましたが、もしコレットがその陰謀に巻き込まれたとしたら、イオナの濡れ衣が晴れれば、グレイの濡れ衣も晴らすことができそうな気がしました!次回も楽しみです!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/