ファンタジー

【ネタバレ1話】男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。◇そんなシステム本当ですか?

画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『仕事ができない榊くんは夜だけ有能』↓↓

↓↓『外面の良い幼馴染』↓↓

↓↓『モブ推しJKの悪役令嬢異世界転生2』↓↓

↓↓『女性向け風俗で淫魔を指名しました!』↓↓

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』
死んでしまった主人公は、女神に転生システムで伯爵令嬢に転生させてやるから王子を救って恋をせよ!と命じられて・・・?!

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』1話のネタバレを紹介します!

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』
今すぐ無料で試し読み!!

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』1話 ネタバレ!

異世界転生してみたいと思った事はありましたが、主人公はまさか自分がそんな状況になるとは思ってもみませんでした。

前世で亡くなってしまった主人公は、転生先で王子様の命を助けてもらうという命を女神から受けました。今から魔法のある世界の貴族令嬢に転生させ、死にそうな王子様に出会ったら心の中で快癒を願えば恋に落ちてそのまま幸せな結婚が出来ると言われた主人公は、難易度高いな~とツッコみました。

女神はニコッと笑って美しい容姿と加護を与えるので大丈夫だと言い、「誰でも簡単!ラクラク恋愛シミュレーション転生システム」を採用しているので大丈夫だと説明しました。

もしかして神様の遊びに付き合えってことですか?と主人公が疑いの目でじとっと見つめると、女神はドキマギしながらあくまで幸せになるためのものなのでとそれを否定しました。

微妙に納得いかないこともあるけれど、その話に乗ってやろうと思った主人公はそのシステムで転生することを決めました。

願いを一度だけ叶える加護と、念のための回復魔法のスキルとさらに薬師の家系に転生するように祈りをかけてもらい、主人公はある世界に飛ばされました。

目覚めた主人公は幼いお人形みたいにカワイイ伯爵令嬢のリディアとして新たな生を得ました。

家族は両親と3つ上の兄で、父は伯爵家の当主であり国を守る騎士で母は代々薬師の家系の出身で主人公に薬師としても知識を惜しみなく与えてくれました。

幸せな日々が流れ12歳になった時、母親が疫病にかかり末期を迎えてしまいました。

女神の加護は一度きりですが、それでも大好きな母親を見殺しになんかできない主人公は、快癒魔法を使って母親の命を取り留めました。

母親が元気になり、家族がこれからも一緒に暮らせると安堵したのも束の間・・・

主人公は女神より命じられた王子の命をどうやって救おうか?!と焦り始めました。

念のため回復魔法を貰ってるし、薬があればどんな状況でも助けられるのでは?

そう思った主人公は回復魔法を上達させるために勉強を始めました。

しかしどう頑張っても切り傷を治したり浄化させる程度しかできず、訓練すればマシになると信じ、次に病や薬草に栽培について勉強を進めました。

その後、新しく出会った師匠のお陰で主人公は人の生命力を飛躍的に伸ばす究極ポーションを完成させることができました。

そして15歳の春、隣国がいきなり責めてきて国は戦場と化しました。

回復魔法が使える主人公は駆り出され、そこで王子と出会いました。

エドフォード王子は17歳ながらおそろしいカリスマ性を発揮して、あっという間に敵軍を蹴散らし平和をもたらしてくれたのですが、勝利を収めてすぐにエドフォードは病を発症してしまいました。

やはりこのえどがシナリオの王子様かと主人公は思い、好みではないけどすごくイケメンでしかも謙虚でみんなに優しい王子に死んでほしくないと思うようになりました。

自分が作ったポーションなら救えるかもしれない・・・そう思った主人公は、飲むと胸に激痛を伴い三日三晩苦しむがこれを飲んで治療してみないか?とエドフォードに言いました。見た目もグロテスクなそれを見たエドフォードは

飲むのを躊躇しました。何度おススメしても飲まないので、主人公がどうしようかと思っていると、甲冑を着た有名な黒騎士がやってきて

「ここで死ぬ気か?せっかく今回の功績で王太子として認められたというのに」とエドフォードに言い放ちました。

それでも従わないエドフォードに、黒騎士は少しだけ甲冑を開けて口元を出すとポーションを一気飲みしました。

その様子を主人公とエドフォードは唖然としながら見て、ここまでされたら飲まないわけにはいかないじゃないかとようやく言う事を聞いてくれエドフォードはポーションを一気飲みしました。

助けてくれた黒騎士にお礼を言うと、あんな苦くてマズいポーションを一気飲みして手依然としてられるなんて男らしい・・・と主人公は淡い恋心を抱いてしまったのです。

エドフォードが治療を始めて2週間が経ち、彼は散歩どころか馬に乗れるほど回復していました。

そしてその治療をきっかけに主人公とエドフォードの間には特別な感情が芽生えていました。

そうそれは・・・友情という名の美しい感情でした。

王子を助けられて恋に落ちなくても友達に慣れた主人公は、女神様はどう思ってるか分からないけどこれはこれでハッピーエンドだと思う事にしました。

しかしこの時主人公は不幸な未来がこの先待ち構えているとは、

まだこの時は知る由もなかったのです・・・・

 

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』1話 感想

せっかく王子様とハッピーエンドになるようなシステムで転生させてもらったのに、

1度しか使えない快癒魔法を使ってしまったことで棒に振ってしまいました。

だってしょうがないよね~大好きな母親が死にそうだったら、そっちを優先して助けちゃうのはさ!

結果王子と恋には落ちなかったけどいい友達になったようで、頼もしい師匠の下で勉強してすごいポーションを作れて命を救えたのだからこれはこれでよかったと思うのですが・・・

なんだか女神様の命令を無視して過ごしていることで悪い事が起きそうな予感・・・。

*まとめ*

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』1話のネタバレを紹介しました!

もし時を戻せるなら過去の自分に行ってやりたい。

悪いことは言わないから王子様を捕まえておけと!

次回の話の続きが気になります。

『男運ゼロの薬師令嬢、初恋の黒騎士様が押しかけ婚約者になりまして。』
今すぐ無料で試し読み!!
画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』↓↓

↓↓『またたび荘のシロくん』↓↓

↓↓『隙あらば彼氏の性癖を歪めたい!』↓↓