ファンタジー

王太子妃になんてなりたくない!!【ネタバレ9話】何か様子が変?!

『王太子妃になんてなりたくない!!』 公爵令嬢のリディの婚約者は王太子のフリード。いくら美形だろうと、一夫多妻制の王族に嫁ぐなんて絶対嫌!そう思ったリディが婚約破棄のために思いついたのはとんでもない計画だった!

魔女の店で王華は消せないと知ったリディは、王族に嫁ぐことを決意します。

その帰り道に突然いとこのウィルに遭遇するですが、、、!?

『王太子妃になんてなりたくない!!』9話のネタバレを紹介します!

『王太子妃になんてなりたくない!!』
WEB小説投稿大人気作をコミカライズ

『王太子妃になんてなりたくない!!』9話 ネタバレ!

従兄弟のウィルに遭遇したリディですが、

急いで家へと戻らなければなりません。

ウィルはちょうどリディの屋敷に行く途中だったので、

同乗していくといいと言って、

馬車に乗せてもらうことになりました。

どうやらウィルはリディに話があるようです。

魔術師団の団長の服を着たままのウィルは、

途中で仕事を抜けだしてきたことを意味していました。

リディはそんなに急いで何の用事だろうと

疑問に思うのでした。

馬車の中では沈黙が続きました。

リディが先に話かけます。

「どうかしたの?」

するとウィルは今朝方、

王太子殿下とリディの正式な

婚約発表があったのだと言います。

リディは殿下と父親が最短の日程で

結婚式を進めようとしていることが分かりました。

屋敷の手前で馬車を止めてもらって、

リディが降りると、

走って屋敷へと向かいます。

自分の部屋の窓から下がっている

綱を握ると壁をよじ登って戻ります。

町娘の服装から、ドレスに着替えると、

部屋のドアをノックする音が聞こえました。

「ウィリアム様がおいでになったので、

奥様が食事を一緒にとのことです」

と召使いの声が聞こえてきました。

リディはすぐに向かいますと答えて、

ギリギリセーフで間に合いました。

ウィルと母親とリディの3人での昼食です。

機嫌の良さそうな母の顔を見るところ、

バレてはいなさそうでほっとします。

和やかな雰囲気で昼食が終わると、

ウィルの話を聞くために、

応接室へと場所を移します。

また、馬車の時とおんなじ、

沈黙が続きます。

元々口数は多い方ではありませんが、

昼食会の時はしゃべっていたのに、

またダンマリです。

これでは埒が明かないと、

リディが先に沈黙を破ります。

「ウィル、今日はどうして家に来てくれたの?」

「君が正式に婚約したと聞いたから、、、」

ウィルはリディが王族と結婚したくないと

知っていたので心配して来てくれたようです。

リディは正直に話ます。

お会いしてみたら悪いお方ではなさそうだし、

もう決まったことなので、

私ならなんとかして見せるから大丈夫

とリディが言うと、

ウィルは膝の上で握っていた

拳をさらに力を入れてぎゅっと握るのでした。

そして、本当は少しだけ凹んでいたんだけど、

ウィルが来てくれて元気が出たよと

言ってリディは微笑みました。

ウィルは「本当に?」と聞きます。

リディが「うん」と答えると、

また黙ってしまいました。

めちゃくちゃ空気が重くなりました。

するとウィルが

「君は幸せになれるか?」

と聞きます。

「なるつもりでいると」と

リディが答えると、

「君が幸せになることを心から祈ってる」

そう言ってウィルは腰を上げるのでした。

リディは仕事を抜け出して来たのかと

ウィルに問いますが、

返事はありませんでした。

背中を向けたまま馬車へと向かいます。

ウィルは普段から無口で無表情ではあるけれど、

今日はどこか変です。

そして別れ際にいつもの口癖を言います。

「もし何かあれば僕に言え、

君の憂いは僕が排除する」

リディは相変わらずお兄ちゃんのような

口ぶりを嬉しく思うのでした。

そして馬車を見送ると、

女中たちの様子がいつもと違います。

ヒソヒソ話をしながら、

リディを避けるように行ってしまいました。

リディは何か悪いことでもしたのかと

気になりますが、、、!?

『王太子妃になんてなりたくない!!』9話 感想

ウィルの何か言いたくても言えない素振りが気になりました!

リディは「何とかして見せるから大丈夫」と言って前向きなシーンが

印象的でした。

*まとめ*

『王太子妃になんてなりたくない!!』9話のネタバレを紹介しました!

ウィルや女中さんたちの態度が何となくよそよそしく感じましたが、

何か理由があるのでしょうか?気になります!

『王太子妃になんてなりたくない!!』
今すぐ無料で試し読み!