女性漫画

プリンセスくんとナイトさん【ネタバレ1話】お姫様に憧れていた幼少期

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』 高身長OLのキヨコはみんなから慕われるお姉さん系女子。そんなある日のこと同じ会社の後輩「地味でどんくさい系男子」のミコトから彼に関するとんでもない事情を聞いて・・・?!

幼い頃から「お姫様」に憧れていたキヨコ。しかし、成長するにつれて

自分はお姫様ではなく立場で言えば「姫の護衛の者」という感じに育ってしまい・・・?

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』1話のネタバレを紹介します!

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み
スポンサーリンク

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』1話 ネタバレ!

キヨコ(29)はお姫様を夢見ながら、すくすく育って身長179㎝の高慎重に

成長し、歴代の彼氏はみんな別の誰かの王子様(浮気)になって去って行きました。

だけどキヨコのなりたかった「お姫様」は困ってる人がいたら手を差し伸べることが

出来る心優しい人物で、か弱くて誰かが守ってやりたくなるような女性では

ありませんでした。

そんなキヨコの会社には営業部で姫野ミコトという、

いつも眼鏡で髪がボサボサでどんくさいと噂される人物がいました。

みんなはどんくさいとか仕事ができないとかミコトのことをそんな風に言いますが、

キヨコは誰かの仕事を押し付けられても文句を言わず、自分の仕事と一緒にこなして

仕事のできる人物だと思っていました。

そんなミコトに本来の担当者って誰?一応報告しとくよと言いましたが、

ミコトは波風立てたくないのでと教えてくれません。

手伝うよと言ったキヨコミコトはお礼を言ってその日はその場から立ち去って行きました。

そんなある日、近くの公園を通り抱えるとそこにミコトが1人で

ベンチに座ってお弁当を食べていました。声を掛けて横に座ると、

ミコトの眼鏡をお尻で踏んずけてしまい、壊してしまいました。

必死で謝ると「これ伊達眼鏡なんで大丈夫です」と言われて、

なんで伊達眼鏡をしているのか?と聞くと、ミコトは黙ってしまいました。

お節介かもしれないけど普段の様子がちょっと心配だと思ってるから、

もし何か抱えてることがあったら聞かせてくれないかな?とキヨコが言うと、

ミコトは重い口を開け、

「僕・・・学生の頃すごくモテたんですと、

まさかの発言が飛び出したのです!

いやいや、そんな容姿でありえないでしょ!?と思いながら話の続きを聞くと、

バレンタインの行列が出来て帰れなかったり、隣の席を奪い合って抗争が起きたり、

盗まれた私物が闇取引されたりと嘘とは思えない話をミコトは語り始めました。

そんなことが何度もあって人から恋心を向けられるのが嫌になったので、

誰からも興味を持たれない様にわざと昼行燈を演じてるって言ったら信じるか?

と聞かれ、キヨコはうーん・・・と答えに悩んでいると、

自分の変装が上手くいってる証拠だから信じてもらえなくていいんですと

ミコトは言いました。そんなミコトにキヨコは

「姫野くんはノロマでもぼんくらでもないし、

むしろ仕事丁寧で早いしよくできてる。

じゃあこういうのはどう?もしモテすぎて困ったら私が盾になってあげる。

だから無理に自分を隠すのをやめてみないか?と提案したのです。

驚いたミコトが少し間をおいて、

「内東(キヨコ)さんは、自分が僕に惚れるってことあると思いますか?」

と聞いて来たので、キヨコは「ないない!」とあっけらかんと答えました。

自分は護衛とか壁になるの慣れてるからしっかり守ってあげられるよと

キヨコが言うと、

「本当ですか?本当に守ってくれますか?」と真剣な顔で言われ、

勿論任せて!とキヨコは返したのでした。

ーーー翌日、会社の女子たちが色めき立つほどのイケメンが出社してきて、

キヨコに近づいて壁ドンをしてきました。

そしてそのイケメンは「僕は結構素直なので昨日の貴女を信じました」と言うと、

「いまさら嘘だとは言わせません。覚悟してくださいねキヨコさん!」

と真っすぐな瞳でキヨコを見つめてきたのです・・・!

 

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』1話 感想

179㎝だとスポーツ選手出ない限り目立っちゃうよね~。

周りの女子たちが小さくて可愛いし、そういうのが世間の「お姫様」って

いうんだ・・・と思い、護衛に回ったキヨコ。

でも、キヨコが憧れていたお姫様って「困った人に手を差し伸べられる優しい人」だよね?

ならば、今の正義感にあふれたキヨコは憧れていた「お姫様」に近いんじゃないかと

思いました。そんな中、みんなに「どんくさい 暗い」とか言われている

ミコトが気になっていつものお節介が発動してしまったキヨコ。

悩みを聞くと、実はモテすぎて昼行燈を演じてるだけなんだという・・・

本当か?と疑いましたが、翌朝キラキライケメンが出社!これがあのミコト!?

ジャ〇ーズやん!と思わずツッコんでしもーたわ!(笑)

まぁこんだけイケメンだったらそれはそれで本気で悩み多かったんだろうな・・・(察し)。

*まとめ*

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』1話のネタバレを紹介しました!

翌朝、見たことないイケメンが出社してきて・・・?!

もしかして・・・まさか・・・!次回の話の続きが気になります。

『プリンセスくんとナイトさん~最強にカワイイ後輩が、彼氏なワケ~』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/