漫画ネタバレ

冷酷執事はメイドを溺愛する【ネタバレ1話】今日からよろしくお願いします。

『冷酷執事はメイドを溺愛する』 初恋相手との思い出を励みに名家のお屋敷メイドとなった芽衣。執事となった世那と再会したけれど、昔の優しい面影などなくて冷たい目を向け、口調もそっけなくて・・・

今日から思い出の屋敷でメイドとして働くことになった芽衣。

そこには幼馴染で初恋の相手・世那も執事として働いていて・・・?

『冷酷執事はメイドを溺愛する』1話のネタバレを紹介します!

『冷酷執事はメイドを溺愛する』
今すぐ無料で試し読み!!

『冷酷執事はメイドを溺愛する』1話 ネタバレ!

いつも優しい幼馴染の世那は芽衣の初恋の人でした。

そんな思い出を励みに沢山勉強をし、姪は晴れて富士ヶ崎家のメイドになりました。

2年前海外旅行中の飛行機事故で、この屋敷の旦那様と奥様が亡くなり、

その旅行に同行していた当時の執事の世那の父親も一緒に亡くなり、

世那は跡を継いで執事になりました。

残されたひとり息子の明彦は、事件以来姿を見せなくなってしまいました。

今の世那にはあの頃の優しい面影など全くなく、仕事にめっぽう厳しい姿を見て

姪の初恋の優しかった彼は消え去りました。

芽衣の姉もメイドをしていましたが、25歳でデキ婚をし急にメイドを辞めてしまいました。

優秀なメイドだったため、辞めた後屋敷のメイドたちは困惑してしまい、

芽衣が姉の妹だということで皆の期待を一身に受けてしまいました。

コックの見習いが手が早くて先月も彼のせいでメイドが辞めているので

気をつけてくださいねとキツイ口調で世那に言われた芽衣は、

仕事に集中してるので心配してもらわなくても結構ですと返しました。

ーーーこの屋敷は元財閥だった歴史ある名家で、多くの企業を

傘下に持つグループのトップであり、広く力を持っていました。

しかし、トップの突然の高いに引きずられるように全てが落ち込み、

この2年で少しは持ち直しているようですが、かつての栄光はありませんでした。

屋敷のステータスでもある使用人の数も今は10人足らずで、基本的に通いで

住み込みは数名しかいません。

住み込みの芽衣はその夜寝付けないので庭へ散歩に出かけましたが、

あんなところに雑草がある・・・汚れがあると気になって眠気がまったくこないので、

部屋で本でも読もうかと引き返そうとしていると、勝手口のベンチに世那が座っているのに

気付きました。世那もこちらに気付き、まだ仕事だったのか?と聞かれた芽衣は、

寝付けなくて散歩してただけだと答えました。

なんだか昼間の仕事の雰囲気と違って柔らかく見える気が・・・そう思いながら

世那の横に座りました。

混乱したグループ内を世那が代わりに頑張ったおかげで最悪の状態にならずに

済んだと聞いてた芽衣は、世那が疲れているのに気付きました。

1人でワイン片手に飲んでいるところを邪魔してしまったかな・・・・

芽衣はせっかく久しぶりにまともに話が出来たのに話が止まってしまい、

気まずく感じました。

すると・・・世那が急に昔を思い出したと言って、

6歳の頃この場所で会うときはいつも泣いてましたねと芽衣に言ってきました。

覚えていてくれた事が嬉しくて、もう泣いたりしないしと恥ずかしい顔をして返しました。

そんな芽衣を見た世那は酔っぱらっているのか、「ずいぶん大人になっていて驚きました」

と言いながら、芽衣をぐいっと引き寄せると強引にキスをしてきました。

キスが良すぎて手袋もしているのに、その手に触れられるだけで芽衣は何も考えられなくなってしまいます。

ガーターベルトをつけている芽衣にそそられると言って世那は愛撫をしてきました。

ダメ!と拒否しましたが、反応が可愛くてついつい調子に乗ってしまったと

世那は意地悪な顔をしました。

続きがしたいのなら口で手袋を外せと言われた芽衣は、ゾクッとしながら

逆らえずその言葉に応じました。

その後指でイかされてしまった芽衣は意識を失い、次に目を開けた時は

世那が膝枕をしてくれて頭を撫でてくれていました。

服の乱れを整えて立ち上がると、世那は耳元で

「体が疼いて仕方ない時は下着なしで私の部屋に来たらお相手しますよ。

幼馴染同士仲良くやりましょう。」と囁いてきました。

そんな言い方ってない!カッとなった芽衣は世那の手を振り払い、

自分の部屋に戻りました。

翌朝、全然寝られなかった芽衣とは対照的に世那はいつもと全然変わらず、

淡々と仕事をこなしていました。

幼いあの頃から世那だけ時間が止まってるわけないと分かっていますが、

まだ信じていたい気持ちも芽衣にはありました。

昨晩貸してもらったハンカチを洗って綺麗にした芽衣が世那に返そうと部屋に

向かっていると、世那の部屋から女性が出てきたのです・・・!

 

『冷酷執事はメイドを溺愛する』1話 感想

メイド長の娘としてこの屋敷に昔から住んでいた芽衣。

そして世那もまた執事の息子としてここで育ちました。

しかし、運命は残酷で良い思い出をぶち壊すように冷酷に育ってしまった

世那が芽衣の前に久しぶりに現れます。

あの時優しかった世那はどこへ・・・・(涙)。

今は怖いドS執事なだけじゃないの!!芽衣は世那が初恋の相手だったので、

事あるごとに期待してしまうけど、世那は遊んでるようにしか見えなくて辛い・・・

クールすぎて世那の考えてる事が読めないし、これからどうなっちゃうんでしょうか?

*まとめ*

『冷酷執事はメイドを溺愛する』1話のネタバレを紹介しました!

ハンカチを返しに世那の部屋に向かうと、その部屋から女性が出てきて・・・?!

次回の話の続きが気になります。

『冷酷執事はメイドを溺愛する』
今すぐ無料で試し読み!!