漫画ネタバレ

離縁は致しかねます【25話】ネタバレ!男女同権

『離縁は致しかねます』大正時代、地主の家の娘に生まれた千春には、背中を覆うほどの大きな痣を理由に、幾度もの見合いを断られ、28歳になった。そんな中、千春に結婚を要求して来た男がいて・・・・?!

この時代、学業の場では男子と同じ教育を女子が受ける事は難しく、

女は良妻賢母を求められており、千春もまた苦手な裁縫に料理にと

結婚する前は花嫁修業をさせられるのだが全く才能がなく・・・?

 

『離縁は致しかねます』25話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

離縁は致しかねます【25話】ネタバレ!

ある集まりに夫婦で参加すると、寛志の回りを目を♡にした女たちが

囲みました。そんな彼女たちに千春を紹介し、友達になってやってくれないか?と

聞くと、千春に興味がない女たちは皆チッと舌打ちをして去って行きました。

どう考えたら友人になってくれると思ってるんだろうこの人はと

呆れながら、こういう場は苦手だと以前にも話したはずだが?と

千春は寛志にそう言いました。

暇そうだったから連れだしたんだと言われ、それよりも洋画の習い事はもう行かないのか?

と聞かれてしまいました。

結婚する前、どんな花嫁修業も習い事もうまくいかなかった千春にとって

唯一大好きで時間を費やしていた習い事が洋画でした。

習い事もタダじゃないからいいんです・・・と千春が遠慮すると、

そんなに甲斐性がないように見えるのか?と言われたので、そういうことではないと

慌てました。すると寛志はひとつでも多く千春のために何かできる事が

自分は嬉しいんだと言ってくれ、千春はドキッとしました。

ーーー寛志と少し離れて休んでいると、見慣れない男性が声をかけてきました。

まぁいわゆるナンパで、グイグイくるので結婚していると言うと、

どんなお名前の人なのか?と聞いてきたので「瀬田寛志」だと答えると、

「ああ・・・”あの”・・・」と何か含んだ返事が返ってきたので、

カチンときた千春は「どういう意味でしょうか?」と言って睨みました。

失礼だと詰め寄ると謝って欲しいのか?と聞かれたので、

謝ってください!と引き下がらずにいると、「女のくせに生意気だぞ」

と言って突き飛ばされてしまいました。

するとその様子を側で見ていた女性が、自分より力の劣る者に

手を上げるなんて本当にしょうもない男だと言って、

その男を締め上げてしまったのです!助けてくれた女性にお礼を言い、

千春はあまりの華麗な身のこなしに感動を覚えました。

今のはどういうものなんですか!?と聞くと、女性は少し武道の心得が

あるんだよと答えました。

気の強い千春が気に入ったのか女性はこれも何かの縁だし、

もしよかったら自分の活動に力を貸してくれないか?と誘われたのでした。

 

離縁は致しかねます【25話】感想

寛志は結婚したのに女の人がほっておかないですね~。

妻と一緒に集まりに参加してるのに、千春のこと眼中になく

グイグイ自分を売り込んでくる彼女たちには逞しささえ覚えます(苦笑)。

この時代はまだ男尊女卑が濃く残ってる時代で、懸命に声を上げて女性の権利を

主張していますが、まだまだ改善は難しいようです。

馬鹿にした男の口調が本当に腹立ちますよね。

私もめっぽう男性より強いタイプなので言い返しちゃうんですよね~(テヘ♡)

男性の方が偉いなんて思ってるバカはこの時代に1人もいなくなれと思っております。(心より)

誰から生まれたんだ!言ってみろ!女からお前たち生まれたんだからな!と

言ってやりたい!!(怒)

まとめ

【離縁は致しかねます】25話のネタバレを紹介しました!

自分の活動に参加して欲しいと千春を誘ってきたこの女性は

一体何者!?次回の話の続きが気になります。