女性漫画

離縁は致しかねます【30話】ネタバレ!2人のことを信じたい

『離縁は致しかねます』大正時代、地主の家の娘に生まれた千春には、背中を覆うほどの大きな痣を理由に、幾度もの見合いを断られ、28歳になった。そんな中、千春に結婚を要求して来た男がいて・・・・?!

寛志と史子のことを信じたいので手紙を開かずに

梅に史子からの手紙を寛志に渡すようにと託した千春が向かった先は・・・?

 

『離縁は致しかねます』30話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

スポンサーリンク

離縁は致しかねます【30話】ネタバレ!

史子に会い続ければ今よりも自分が苦しくなってしまうだろうと思った千春は、

今後人権運動に参加することを無いと伝えるために史子の元へ向かいました。

手紙を開かずに梅に託したのは、尊敬している史子のことも

寛志のことも信じたいからでした。

ーーー屋敷に着いて声を掛けましたが、誰も出てこないので

どうしたんだろう?と思っていると、裏庭から人の声がしたのでそちらへ千春は向かいました。

するとそこで目撃したのは、史子が男性に詰め寄られて震えている場面だったのです!

彼女なら以前自分を助けてくれた様に男性なんて追い払うはずなのに、

史子が逆らえない相手がいるとしたら嫁いだ先で酷い扱いを受けたと

聞いて居たので、彼女の旦那だとすぐに千春は気付きました。

夫婦の話し合いをしているんだから他人は口出し無用だと言われましたが、

黙っていることが出来ない千春は「史子さんに触らないで!」

史子を引っ張る旦那の手を振り払いました。

夫婦に話し合いを止めるつもりはないが、それはまた改めて

今日のところはお引き取りくださいと千春が言うと、

そんなことをしてまた逃げられたらどうするんだ!?と怒鳴られました。

本当に話合いたいなら大きな声を出すばかりではなく、相手をきちんと

見てください!とひるむことなく千春はそう言い、

「私には今お2人が冷静に話ができるようには到底見えません。」

真っすぐな目で言いました。しかし、史子の旦那はキレてしまい

千春の胸倉を掴んできました。殴られる!そう思って目を閉じると、

「退くのはお前だよ」という声が聞こえ、目を開けるとそこには

寛志がいて史子の旦那に「俺の女に来やすく触るな」と後ろに放り投げたのです。

寛志の顔を見てホッとした千春は足の力が抜けてその場に座り込みました。

どうしてここに?と聞くと、千春の様子がおかしかったって梅が言ってたから

追いかけてきたんだと言われました。

「本当に無茶なことはよしてくれ。あんたに何かあったら俺は・・・」

と今にも泣きそうな顔をしながら寛志がキツく抱きしめてくるので、

千春はどうしてこんなに大切に想ってくれてる人を少しでも

疑ってしまったんだろう・・・と反省しました。

ーーーその後、史子の旦那は警察に引き渡そうとしていると

史子と話がしたいだけなんだとこの後に及んでもそう言ってきて、

「お前にキツくあたってしまってすまなかった。

戻ってきてほしいんだ・・・」と史子に向けて旦那はそう言いました。

そんなの信じるわけないだろ!と今にもまた殴りかかりそうな寛志を

千春が止めて、冷静になった寛志は史子に本当に話し合うべきなら

自分たちが立ち会うがどうするか?と聞きました。

すると史子が「お願いします」と言ってきて、千春と寛志は2人の話し合いに

立ち会うことになったのです。

 

離縁は致しかねます【30話】感想

どう見てもDVモラハラ夫に見えるんだけど・・・

あの気丈で強い印象の史子が震えてるぐらいだから、

よっぽど酷い扱いを受けてきたんでしょうね・・・。これは第三者が

入って話し合ってちゃんと離縁した方がよさそうです。

こうなるまで史子の気持ちが分からなかった旦那は、本当に一生後悔すればいいと

思いました。そして寛志がいいところでかけつけてくれて安心しました!

あのままじゃ千春は史子の旦那に殴られていたんんじゃないかと思います(涙)。

そして抱きしめて「アンタに何かあったら俺は・・・」と言ってくれたことに

キュンしちゃいました。ほらね!不安になる事なんて一つもないんだから

もういい加減信じてあげてよ千春ちゃん!

まとめ

【離縁は致しかねます】30話のネタバレを紹介しました!

果たして史子は旦那ときちんと話し合って離縁することができるのか?

それともまさかの復縁・・・?!次回の話の続きが気になります。

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/