漫画ネタバレ

【離縁は致しかねます】10話ネタバレ!これは嫉妬?

【離縁は致しかねます】大正時代、地主の家の娘に生まれた千春には、背中を覆うほどの大きな痣を理由に、幾度もの見合いを断られ、28歳になった。そんな中、千春に結婚を要求して来た男がいて・・・・?!

背中の痣の秘密を知るもう1人の男性・巽。

遠い昔の様に忘れていたその男を千春はふと思い出す。

そんな中、今になって千春の前に巽が現れて・・・?!

 

【離縁は致しかねます】10話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイトへ

離縁は致しかねます【10話】ネタバレ!

じっと見つめてくる寛志に「なにか?」と千春が聞くと、

「時間をかけて着飾らなくても、あんたは充分綺麗な女だよ。

・・・ってことを本当は伝えたかったんだけどな。」

寛志が顔を近づけてそんなことを言うので、千春はドキッとして

顔を真っ赤にしました。

寛志が今までどれだけの女性と”仲良く”されてきたかは、

最初だって女性連れだったし聞かなくても感じます。

自分はそれに”妬いた”のかもしれないと千春は思いました。

そもそも妬くということは想いを寄せている相手に感じるはずなので、

自分が好ましく感じる男性はもっと爽やかで心穏やかな男性のはずなので、

自分はどうしてしまったんだろう?と不思議に思っていました。

初恋の巽へのあの淡い想いとは違うけど、実は寛志のことが好き・・・?

千春は困惑しました。

ーーー千春と寛志が出かけている間、ある男が瀬田の屋敷を訪ねてきました。

屋敷には仕事仲間がおり、梅が玄関に出ないので

仕方なく1人の仕事仲間の男性が玄関に出ました。

「どちら様で?」

ぶっきらぼうに男が声を掛けると、そこには爽やかな顔立ちのいい男性が立っていました。

するとその男性は

「あなたが・・・瀬田寛志・・・さん?」

と聞かれたので、「違う」と男が言おうとすると、

慌てて梅が出てきて

「旦那様でしたら今奥様と出掛けられてまして。」

と答えました。すると男性は「そうですか・・・」と言い、

「失礼しました。私、桂木巽と申します。

また改めてお伺いしますので、千春ちゃんに宜しくお伝えください。」

と千春の名前を出して去って行きました・・・

ーーーその頃、千春と寛志は喫茶店に入り

巷で噂のアイスクリームを頼みました。

甘い物はダメなんだと言う寛志は千春の為だけにアイスクリームをと

この喫茶店に入ってくれたようでした。

千春は初めて食べるアイスクリームを一口食べると、

その美味しさに衝撃が走りました。

最近空いた時間は千春のために使ってくれる寛志・・・

千春は嬉しく思っていました。

喫茶店から出て帰ろうとすると、街がごった返していたので

近くで祭りでもやってるんだろうか?と言いながら、

人ごみの中ではぐれないようにと寛志は千春の手を握りました。

「こうしてればはぐれなくていいんだよ」

と言う寛志に前の女性の影が見えて、今までも誰かとこうしてきたんだろうな

思ってしまった千春は、

「離してください」

と言って無理やり手を離してしまいました。

「何してっ」

寛志が驚いて俯く千春の方を振り向くと、あっという間に

人混みに押されて千春は遠くに離れて行ってしまいました。

言う通りにすればよかった・・・千春は後から後悔しました。

確かあのあたりにいるはず!千春が人混みをかき分けながら進もうとすると、

誰かに手を掴まれました。寛志かと思った千春がその顔を見ると・・・

「良かった。逢えた。

迎えに来たよ 千春ちゃん。

まさかの巽がその手を握っていたのです!

 

離縁は致しかねます【10話】感想

やっと寛志のことが好きなのに気付いてきましたね。

それから嫉妬も千春はし始めました。

寛志はイケメンで優しくてモテるからなぁ・・・そりゃ、

今まで何人もお付き合いしてきただろうね~。

女の人の扱い方や機嫌の取り方も上手いしね!

そんな時に初恋相手の巽の登場!!まじか!!

こりゃ修羅場になりそうだ・・・・千春の奪い合い、どちらが勝つのか!?

まとめ

【離縁は致しかねます】10話のネタバレを紹介しました!

「迎えに来た」と言って目の前に突如現れた巽に戸惑う千春。

寛志が肩代わりした千春の父親の借金を自分が返すと言ってきて・・・?!

次回の話の続きが気になります!