漫画ネタバレ

【離縁は致しかねます】2話ネタバレ!父親の借金

【離縁は致しかねます】大正時代、地主の家の娘に生まれた千春には、背中を覆うほどの大きな痣を理由に、幾度もの見合いを断られ、28歳になった。そんな中、千春に結婚を要求して来た男がいて・・・・?!

社交の場で初めて会った瀬田。父親には「あの男に近づくな」と言われていましたが、

声を掛けられた千春は少し話だけでもすることにして・・・・?

 

【離縁は致しかねます】2話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

離縁は致しかねます【2話】ネタバレ!

「誰と話すかくらい自分で決めます。もう良い歳ですから。」

千春がそう返すと、

「そんな自虐的にならなくても。面白いお嬢さんだ。」

と瀬田は笑いました。

「・・・お互い居心地のいい場所ではないわね。」

社交場の事をそんな風に千春が言うと、

「そんなことないですよ。

無能な男たちからの嫉妬の眼差し・・・こんな心地いい物はないですから。」

と前向きに答え、千春の父親は違いますがと訂正した瀬田に千春はこう言いました。

「いいの。瀬田さんは間違ってないもの。

どんな商いをされてるかは知りませんが、1人で身を立てて成功されてるんでしょう?

本心ではきっと皆貴方の様になりたいのね。

自分より優れた人間だって分かってるから嫉妬するのよ。」

そんな風に解釈する千春に瀬田は

「本当に面白いな。それに美人じゃないか。」

と言って千春の顎を掴みました。

「売れ残りの吉川の娘がどんな醜女かと思って見に来たのに」

と笑うので、なんて無粋で薄情な男なの!?と千春はバッと

瀬田から離れました。

「気に入った。俺の女にする。」

千春は一体この男は何を言ってるんだろう?と思考が一時停止し、

頭で整理が終わると、

「・・・失礼します」

と言ってその場を去ろうとしましたが、「待てって」と腕を掴まれてしまいました。

「貴方・・・本当なのね。名家の女性に手を出して仕事をって・・・」

千春がそう言うと、

「は?そんなことしなくても自力で・・・

それにアンタの家は”そこまで”だろ?」

と言い、瀬田は然キスをしてきました。

「本気にしろって」

唇を離された瞬間、怒りがこみあげてきて千春は瀬田の頬を叩きました。

その勢いで瀬田の眼鏡が飛び、

「あー・・・何してくれてんだよ。」

と言いながら眼鏡を拾うと、

「それじゃあ迎えに行くから諦めて待ってな。」

と言ってその場を去って行きました。

ーーーある日、家に帰り始めて人のことを叩いたな・・・と千春は

あの日のことを思い出しながらぼーっと家の縁側に座っていました。

すると

「少し・・・いいかな?」

と言って父親が隣に座ってきました。

そして父親がおもむろに話し始めたのは、実は「借金がある」ということでした。

造船業の方で失敗した父親は負債だけが膨らんでもうどうしようもなく

なってしまっているらしいのですが、負債分を肩代わりしてくれる人が現れたと言うのです!

そんなうまい話あるわけないと千春が言おうとすると・・・

「その代わりお前を嫁にと」

と言われ、すでにその人は客間で待っていると言うのです・・・!

一度離してみてもし良いのであればと父親が言うので、

お受けします。

あちらから望んで私をだなんてありがたい話じゃないですか。」

元より幸せな結婚を諦めていた千春は、それならせめて家族のためになりたいと

思い、結婚を了承したのです。

ーーー客間に向かい、

「千春です。失礼します。

この度の縁談喜んでお受けしたいと思います。」

と頭を下げ顔を上げると・・・

「喜んでくれてるなら良かった。迎えに来たぞ千春さん。」

と言ってなんと瀬田がそこに座っていたのです・・・・!

 

離縁は致しかねます【2話】感想

確かに瀬田が成功してるから周りの人たちはそれに嫉妬して

あらぬ噂をしたりとかしてるんでしょうね~。

現代でもSNSでそんな風にする輩いるし、人間って変わらないですね・・・

噂大好きだもんな(汗)。そして迎えに行くといった瀬田でしたが、

まさか千春の父親の借金の肩代わりの代わりに千春を嫁になんて言ってくると

思わなかったですね~。その前に千春の父親の経営状況の悪化に瀬田は気付いていた

ようでした。何者なんだ!?この男!

まとめ

【離縁は致しかねます】2話のネタバレを紹介しました!

借金の肩代わりをしてくれて、自分を嫁にと言ってくれる相手・・・

それは瀬田だった!!それを知った千春は・・・?!

離縁は致しかねます
離縁は致しかねます (漫画)全巻無料で最新刊まで一気に読む方法『離縁は致しかねます』 (漫画)無料全巻で最新刊まで一気に読む方法!地主の家の娘に生まれた千春に縁談の話があった。しかし、相手は「“良くない商売”で成り上がった女たらし」という噂で・・・?不器用な2人の、形からの結婚生活。大正夫婦ロマン、開幕!...