漫画ネタバレ

離縁は致しかねます【4話ネタバレ】覚悟を持って嫁に来たのか?

【離縁は致しかねます】大正時代、地主の家の娘に生まれた千春には、背中を覆うほどの大きな痣を理由に、幾度もの見合いを断られ、28歳になった。そんな中、千春に結婚を要求して来た男がいて・・・・?!

秋の良き日に晴れて夫婦になった瀬田と千春。

しかし、千春はこんな男との結婚なんて父親の前ではOKしたけど嫌でした。

なので痣を見たらきっと瀬田だって引いて離縁を申し出るに違いない・・・

そう思った千春が計画したのは・・・・?

 

【離縁は致しかねます】4話のネタバレを紹介します!

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ

離縁は致しかねます【4話】ネタバレ!

千春は自分の部屋に帰り、そう言えば父親が瀬田は良くない商売をして

成りあがったと言ってたなと思い出しました。

部屋にいた客人は見た目がヤクザだった・・・どうしよう・・・・

なんて男に嫁いだんだと思い悩んでいると、

「奥様 お茶ご馳走様。」

急に仕事が立て込んで相手してやれなくて申し訳ないと言って

瀬田が部屋にやってきたので、千春は驚きながら「私の事はお構いなく」と返しました。

そんな態度の千春に瀬田は、

「そんな寂しい事言うなよ。」

と笑いました。千春はそんな瀬田にこう聞いてみることにしました。

「旦那様はどんな商いをされてるんですか?」

妻として知っておいた方が良いかと思ってと千春が言うと、

「色々と手広くかな~。建築業に不動産、それに製鉄工場をいくつか・・・」

と答えたので、別に怪しい事なんてないじゃないと千春がホッとしていると・・・

「表向きはね」

瀬田が不敵に笑うので、やっぱり・・・と千春は青ざめました。

すると、瀬田がこう質問してきました。

じゃあどうしてこの縁談を受けた?

気の強いあんたがお家の為とはいえ、すんなり承諾するとは思ってなかったんだけどな。

何か企んでることでも?」

何か企んでると言われたとき、千春はギクッとしましたが

「あはは~ そんなことないです。」

と笑って誤魔化しました。

瀬田はふーん・・・と言いながら、

「それじゃあ覚悟を持って俺の女になったってことでいいんだ?」

と聞いてきたので、

「まぁ・・・はい」

と千春が答えると、眼鏡を外しながら

「前みたいに壊されたら困るからな」

と言いながら押し倒してきてキスをされました。

すると瀬田が上着を脱ごうをしてきたので、

「だ 旦那様!こういうことはこんな陽の高いうちからすることではっ」

と千春が言うので、

「何処女みたいなこと言って。

・・・あぁ そうなのか。」

と瀬田が言うと、千春は「当たり前です!」と大きな声でそう返しました。

「じゃあ今後はその当たり前も俺に合わせて変えていかなきゃな。」

男の顔でそんな風に言ってくるので、千春は「こわい」と思い

起き上がり逃げようとしました。

すると着物の衿を掴まれたので、千春はこのまま背中が露になって

あの痣を見せれば終わりになる・・・と思いましたが、

弟に「ちゃんと幸せにする」と言ってくれてたことが何故か頭に浮かびました。

「待って!」

千春が咄嗟に止めると、

「ぜんぜん覚悟してねぇじゃねぇか。

しないよ。嫌がってる女とするなんて情けない事。」

と瀬田も手を止めました。

千春はあんな言葉を思い出して、なにを期待してたの?

そう考え血の気が引き、せっかくの好機を逃してしまいました。

「あんたがその気になるまではしない。

あんたが抱いてほしいって懇願してくるまでは。」

ニヤッと笑ってこっちにそう言ってくる瀬田に千春は、

「しません。そんなはしたないこと。」

と答え、相変わらずなんて偉そうで自信かで傲慢で強引な人なんだろうと思いました。

すると再度キスをされ、千春が「もうしないって!」と真っ赤な顔をすると、

「これくらいは許せよ」と瀬田は涼しい顔をするのでした。

 

離縁は致しかねます【4話】感想

瀬田の仕事は建築業もしてるとか言ってたから、そら屈強な男が

仕事相手なのも納得ですね。「表向きは」とか言ってますが、

それは言ってるだけで真面目に仕事してるんじゃないかな?と思いました。

千春は弟に「姉さんは幸せにするから」と言ってくれたことを思い出し、

痣を見られたらこの関係が終わってしまう!と咄嗟に思って逃げました。

少し瀬田のことが気になり始めたのでは?と思いました。

腹の中にお互い色々思う事がありそうですが、早く素直になって

本当の夫婦になれればいいなと願います。

まとめ

【離縁は致しかねます】4話のネタバレを紹介しました!

自信家の瀬田。「してほしい」なんて自分からなんて絶対言わないんだから!

そう豪語した千春でしたが・・・・?次回の話の続きが気になります!