ファンタジー

昨今のシンデレラは靴を落とさない。【ネタバレ2話】恥ずかしい拾い物

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』婚約破棄を言い渡されたフレデリカは、颯爽とその場から立ち去った。婚約破棄の事実よりも激しく後悔していること・・・それは今にも切れそうな紐パンを穿いてきてしまったからだ・・・・!!

紐パンを見られたらお終いだ・・・

フレデリカはあまりのショックにその場で気を失います。

すると翌日、ブレナンがフレデリカを訪ねて来て!?

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』2話のネタバレを紹介します!

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』
今すぐ無料で試し読み!!

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』2話 ネタバレ!

舞踏会後、ブレナンは屋敷に帰るとポケットに入れて持ち帰った

ハンカチ(紐パン)を執事に洗っておくようにと言って手渡しました。

執事はそれを受け取るとこれは紐パンですが・・・と言いました。

なぜ女性の下着がポケットから出てくるのか!?と問い詰められたブレナンは

動揺しながら色々頭の中を整理し、もしかしてハンカチだと思っていたのは

勘違いで最初からこれは紐パンだった!?と理解しましたが、

なぜあそこに紐パンがあったかまでは理解が追いつきませんでした。

35年間生きてきて色々な経験をしてきたブレナンですが、

女性が落とした下着への対応などしたことがないので、かなり悩みました。

返されるのは恥ずかしいだろうし、黙って保管されるのも気持ち悪いだろう・・・

ましてや拾得物として届けるのもダメだと色々考えたあげく、

少なくとも本人は下着の紛失に気付いているはずだから覚悟を決めるしかない!

そう思ったブレナンは侍女に洗濯をしてラッピングしてもらい、

花を持ってフレデリカの見舞いに行く覚悟を決めました。

ーーーそしてフレデリカの家に訪れたブレナンでしたが、

どう切り出していいのか分からず青ざめた表情で立ち尽くしてしまいました。

その様子を見たフレデリカは、謝ったらダメなパターンだと直感で気付きました。

このままではダメだと思ったブレナンはまず花束を渡すと、

昨夜コレを拾ったと言ってラッピングしてある紐パンをフレデリカに渡しました。

やっぱり下着だと気付いたうえで届けてくれたんだと分かったフレデリカは、

大袈裟にこの紐パンは気に入っていたものだから届けてくださって嬉しい!

少しその場でくるんと一回転を入れながら喜びの舞を踊りました。

その様子を見たブレナンは驚きましたが、フレデリカのお陰で重い空気は解けました。

それから緊張が解けたブレナンを誘ってお茶をし、

お互いがお芝居鑑賞が好きという共通点を見つけました。

趣味が合うなと思ったブレナンは今度一緒に見に行かないか?と誘いました。

その後、ブレナンを見送ると2人の様子を扉の外で聞いて居たフレデリカの両親は、

フレデリカが「下着が返って来てくれて嬉しい!」という演技が

面白かったと大笑いしました。

ーーーその後、馬車に揺られながらブレナンは緊張したけどよかったと胸を撫でおろしていました。

そんなブレナンに執事は、あれは居た堪れなくならないように無邪気を

装ってくれた演技だったんですよと言いました。

それを聞いたブレナンは驚き、本当に気付いてなかったのかと執事はため息をつきました。

どうして荒事で男相手ならば視野も広く目端もきくのに、

どうして色恋だとこうしても情けないのか・・・執事は

誰にも渡したくないと思うのならちゃんとした方がいいとブレナンに言いました。

そのようなつもりはない!とブレナンは言いましたが、

フレデリカのことを思い出すと、どうしても愛おしく感じている自分に気付きました。

その頃、フレデリカの屋敷には元婚約者・カジェイス家から使者がやってきていました。

書類を乱暴に放り投げると、そこにサインをしてくれと使者が言うので

フレデリカの父親はその書類に目を通しました。

そこに書かれているのは「フレデリカの過誤を認め婚約破棄する」といった内容・・・

つまり婚約破棄にはこちらに非があると言いたいのです。

そちらが買ってに婚約破棄を突きつけて来たのではないかと父親が言うと、

その場にいなかったのに証拠はあるのか?と言われてしまいました。

フレデリカは自分の証言は証拠にならないだろうし、

きっとあの日にあのほーつにいた他の参加者はすでに買収してるんだろうなと思いました。

父親はため息をつくと、破棄は受け入れるが過誤という一文は削除させていただくと

言ってサインをしました。使者は勝ち誇ったような態度で帰っていきましたが、

父親はそれを許すことはありません。

元婚約者の家は多分、独断で息子が決めた婚約破棄の対応に躍起になってるから、

婚約破棄の責任をフレデリカの家、キャストレイ家に押し付けたいのです。

買収された人々は元婚約者の家のこの弱味を知ってしまったので、

キャストレイが悪い噂の渦中にあればあるほど「可哀想」であればあるほど、

人の噂をしたくなり、己の知る秘密を暴露したくなるものです。

そうして広がった人々の噂や悪意の矛先がいつか元婚約者の家に向いたとき、

「キャストレイは一切の和解には応じません」とフレデリカの父親はその意思表示を

付け加えてサインしたのでした。

ーーーその後、ブレナンの家にも今回の出来事はフレデリカが悪いんだという

根も葉もない偽の情報を使者が報告しに来ていました。

ブレインはあのような素敵な女性がそんな事をするはずない!と

使者に剣を突きつけ怒り、追い返しました。

そんなこんなであることないことを噂されている今は出歩くのも大変なので、

お芝居をブレインと見に行くのもまだ先だな・・・とフレデリカは残念がるのでした・・・。

 

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』2話 感想

ポケットから執事に渡して「これ紐パンですよ!」と言われて初めて気付いて、

めちゃくちゃ困惑して恥ずかしがるブレナンが可愛かったです(萌)。

まぁあんな所に紐パンが落ちてるなんて思わないですもんね(苦笑)。

でも、どんな顔をしてこの紐パンを返せばいいのかさすがのブレナンも分からなかったようです。

でも、機転を利かせたフレデリカのお陰でその場も和み普通に話すことができました。

フレデリカ頭いい!まぁフレデリカも恥ずかしかったでしょうけど、

あの場はそうするしかなかったですね・・・(重たい空気だったし)。

まぁ何はともあれ元婚約者の家が今嘘を言いふらしてるけど、

それがバレるのも時間の問題ですね~。

 

*まとめ*

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』2話のネタバレを紹介しました!

どうしても婚約破棄の理由はフレデリカのせいにしたい元婚約者の家。

そのおかげで容易に出歩くこともできないフレデリカは、

早くブレナンと一緒にお芝居デートに行きたいなと恋焦がれるのでした・・・。

次回の話の続きが気になります!

『昨今のシンデレラは靴を落とさない。』
今すぐ無料で試し読み!!