漫画ネタバレ

佐藤くんが死んでから、【ネタバレ7話】会えて嬉しかった

『佐藤くんが死んでから、』 都会から転校してきた穂積が住む町には、ゾンビが存在します。クラスで人気者だった佐藤くんが事故で亡くなって3日が過ぎると、ゾンビとなって教室に戻って来るのですが、、、?!

佐藤くんが学校に来なくなり、穂積は自宅に行ってみます。すると、玄関のドアの鍵をいたずらされていて開かないだけでした。しかし、佐藤くんはわずかな段差につまずき足が折れてしまいます。ゾンビは完全に動けなくなる前に姿を消すと言いますが・・・!?

『佐藤くんが死んでから、』7話のネタバレを紹介します!

『佐藤くんが死んでから、』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/ \画像クリックで無料試し読み/

『佐藤くんが死んでから、』7話 ネタバレ!

佐藤くんの両親は全国を飛び回る人たちでした。

中学に入る頃には、家事が一通りできるようになっていました。

ただいまと両親が帰ってくると、佐藤くんはご飯を作って用意しておくのでした。

出張で長時間留守にされても特に不自由することはありませんでした。

佐藤くんはしっかりしすぎるほどしっかりしていて、親が少し寂しく思うほどでした。

嘘がなかったとは言えないけど、生活に不満はありませんでした。

なぜなら、夢を追う両親2人が好きだったからです。

両親が突然亡くなってしまった時、佐藤くんを引き取ろうとしてくれる親戚もいました。

しかし、家に1人なのは慣れています。

これまでもずっと平気だったじゃないか・・・と思った佐藤くんは、俺は今のままで大丈夫ですと笑顔で答えるのでした。

日常に戻らなければなりません。

両親のお金で食べていくことはできますが、とにかく何かがしたくって、広すぎる家から引っ越しをして、アルバイトも始めました。

いろんなことを考えないように・・・咀嚼しないように・・・笑って、大丈夫って言い続けます。

そうしないと、何か恐ろしいものに捕まってしまいそうで、弱音を吐くなんてできませんでした。

でもどうしてだろう・・・

上手くやれてるはずなのに・・・

息は苦しくなっていきます。

すると、一本の手が差し伸べられました。

その手は、制服を着た女の子です。

その手を取ったとき、何かが解ける感覚がしました。

自分で思ってたよりずっと簡単なことで、こんなふうに寄りかかればよかったと気づきました。

それを君が教えてくれました。

彼女越しに光と熱が明滅します。

窓ガラス越しに彼女を眺めますが、なかなか近寄れません。

ただ、一度でいいから・・・彼女の笑った顔が見たい・・・

穂積はゾンビの足を縫います。

縫い終えたら多分、いなくなってしまいます・・・

でも、例えば・・・今度は私が佐藤くんを閉じ込めたとしたら?

そんなことも考えてみますが、できません。

穂積は佐藤くんのベッドに顔を埋めて、そんな権利があるわけないと思い直します。

もう・・・待つしかないのかな・・・

穂積はいろんなことがあって、少し疲れてしまいました。

クラスに馴染めない穂積は、教室に入った途端に他の生徒たちの視線を感じて嫌な気分になり、他のドアから入ればよかったと後悔したことがあります。

すると、男子生徒がほら、お前が邪魔で通れてねぇってよ、佐藤と言って、佐藤くんをこづきます。

すると、佐藤くんがごめんね、志田さん、バイバイと言います。

穂積はその時、いや別に・・・と言ってつれない態度を取りました。

そこで穂積は夢から覚めます。

違う!私!今度こそ君に・・・

待って・・・佐藤くん!

穂積は去って行く佐藤くんを引き止めようと必死に手を伸ばします。

と、そこで目が覚めました。

ゆ・・・め・・・?

・・・私は、後悔しています。

自分とは種類の違う人だって佐藤くんを決めつけて、よく知ろうともせずに線引きをしていました。

”後悔”は苦しい・・・

胸が張り裂けそうになる・・・

だけど・・・

そうだ、ゾンビの佐藤くは!?

穂積は起き上がって、姿を探しますが見当たりません。

だけど、それでも、佐藤くんを知らなければよかったとは思えません。

だって、ゾンビの中に、佐藤くんの欠片を見つけるたびに・・・後悔よりも、確かな温度で・・・私、惹かれてると気づきました。

佐藤くんの心に触れてから・・・世界が前と違って見えます。

気がつかないようにしていただけで、私にはずっと何かが足りていなかった・・・

傷ついたっていいから、関わりたい・・・そう思えました。

この気持ちをなかったことにはしたくありません。

宝物です。

佐藤くんは・・・行ってしまいます。

・・・佐藤くん、会えて、嬉しかった・・・

穂積の目から大粒の涙が溢れます。

ありがとう・・・

「うん」と聞こえて気がしました。

そして、明るくて心地よい日差しの中、玄関のドアと窓が開き、爽やかな風が吹き込んでくるのでした。

『佐藤くんが死んでから、』7話 感想

感動しました。うるっとしました。生前の佐藤くんに知り合えたらよかったのに・・・と思ってしまいますが、ゾンビになって戻って来てくれたからこそ、穂積は大切なことに気づけたようです。穂積がゾンビの佐藤くんに恋をしたこともすごく素敵なことに思えます。その代わり、余計に別れがつらかったとは思いますが、すごく貴重な体験となったと思います。

*まとめ*

『佐藤くんが死んでから、』7話のネタバレを紹介しました!

事故で亡くなったはずの佐藤くんがゾンビとなって戻ってきて、穂積に色々な感情を教えてくれました。生前の佐藤くんは穂積に手を差し伸べられたことで助けられ、穂積はゾンビの佐藤くんから大切なことを学びました。人とのつながりは、大事にしていきたいと考えさせられました!

『佐藤くんが死んでから、』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/