ファンタジー

授か離婚【ネタバレ11話】色無しの衝撃の真実

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』 優秀な治療魔法の使い手のフェデリカですが、精霊の加護がない「色無し」をして周囲から蔑まれてきた。命令で伯爵・アルマンドとの縁談が舞い込んでくるが・・・?

フェデリカはイレーネに話すことで心の整理をします。アルマンドにちゃんと向き合うためにも、平手を打ちをして気持ちに踏ん切りをつけました。そして、いよいよエシェロン国による治療魔法能力検査を行うことになるのですが・・・!?

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』11話のネタバレを紹介します!

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』
最新話先行配信★今すぐ無料で試し読み

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』11話 ネタバレ!

朝、フェデリカはアルマンドと一緒に朝食をとります。

今日だったな?エシェロン国の使節団による能力検査があるのは?とアルマンドが言います。

あの日・・・フェデリカがアルマンドに平手打ちをした日、多分結婚してから初めて、お互いの気持ちをぶつけ合うことができました。

あの時から、2人は毎日話をするようになりました。

行き帰りの馬車の中や、食事の時、その日にあった些細な話ではあるけれど、必ず会話をするようになりました。

それは、もちろんベッドの中でもです。

それで、マリーニ卿からは何かあったか?とアルマンドが言います。

院長様の話だと、明日治療院にマリーニ卿がいらっしゃるとのことです。なんでも相性の良い属性を調べる装置があるとかで・・・それを治療魔法が使える人間に試したいのだそうですとフェデリカが答えます。

エシェロンには治療魔法が使える人間がいません。

改めて考えると、治療魔法は不思議なものです。

相性の良い魔法属性は髪の色を見れば分かりますが、治療魔法はそれに当てはまりません。

それなので、治療院の職員の髪の色はバラけています。

もしかすると、明日の調べでそのことも分かるかもしれません。

だとしたら、すごいことです。

治療院の様子や、同僚との交流についてアルマンドから訊かれると、劇的に変わったとは言えませんが、何人かは私のやり方を試すようになったり、同僚とは医学書について意見を交わしたりするようになったのだとフェデリカは答えます。

以前はそれすらありませんでした。

あと・・・体調は?とアルマンドが質問します。

可もなく不可もなくというところでしょうか。食欲は落ちていますが、食べれないわけではく、イレーネさんやダヴィドさんがメニューを考えてくれますとフェデリカは答えます。

俺ももっと直接的に力になれたらよかったのにな・・・と言ってアルマンドはフェデリカの髪を撫でます。

するとフェデリカは、助かってる面もあります。例えば夜はぐっすり眠れますし・・・と言うと、アルマンドはフッと笑って、それはそれで嬉しいな。では今夜もゆっくり眠るといいと言って、優しくキスをしました。

本当なんですよ・・・アルマンド様・・・

自分でも不思議なくらい、安心して眠れるんです・・・

と心の中で呟きながらフェデリカは目を閉じます。

2人は広いベッドの中央で、向かい合って横になり眠りにつくのでした。

翌朝、アルマンドに見送られて、フェデリカは治療院へとやって来ました。

マリーニ卿が説明を始めます。

エシェロンで開発した魔法の相性を測定する機械を使って、これから測定が始まります。

装置は大きな丸い水晶体4本のバーが付いた大きなパネル、それから丸い窓があります。

水晶体に魔力を流すと、4本のバーのところに色が表示されます。

土・水・火・風の4属性に対応していて、バーの長さが相性の良さを表します。

それとは別に丸い窓には属性が混ざった形で表示されます。

それは、4属性以外のものを見落とさないためのものです。

ということは、4属性以外にもあるということでしょうか!?

院長が質問をします。

4属性以外のものが見られたことはあるのだろうか?

マリーニ卿は、あるかないかで言えばある・・・ただし詳細を確認しようとして再測定した時は現れなかった・・・なので記録としては残ってないと言います。

測定ごとに結果が変わってしまっては、信憑性が薄れるのでは?と院長は心配します。

すると、誤差はどうしても出てしまうのが課題ではあるが、大体の結果は複数回測定しても変わらないことは検証済みなので信頼して欲しいとマリーニ卿は言います。

フェデリカは緊張してきました。

すると院長が私からやらせてもらおうと言います。

治療魔法の使い手でなくとも微力な魔法があれば測定できます。

院長は水晶に手を当てて魔力を流します。

するとバーに色が表示されました。

すごい!しかし、これってどういうこと?とフェデリカは首をかしげます。

院長様の髪は焦げ茶だから、土属性が出るのは分かりますが、風の属性にもわずかに反応があります。

1人の人間が持つ属性は一つではないようです。

丸い窓の方には、黄色が広いのですがマダラになっていてよく分かりません。

これは驚いた。私にも風属性があったとは・・・と院長が言います。

次は、パオロの番です。

先ほどと同じように水晶に手を当てると、丸い窓に4属性以外に透明な部分が表示されました。

今までにない見たことのない色で、みんながびっくりします。

まさか・・・これが治療魔法なのか・・・とマリーニ卿も驚きます。

確認のため、もう一度パオロが水晶に魔力を流します。

すると、やはり丸い窓に透明な部分が表示されるのでした。

次はエリー嬢です。

するとエリー嬢にも透明な部分が表示されました。

治療魔法が使える人間の計測結果には、全て透明の部分が現れました。

そして、最後にフェデリカ・トルトラが指名されます。

フェデリカは院長やマリーニ卿から期待されてるような気がしてプレッシャーを感じます。

さぁどうぞフェデリカ嬢とマリーニ卿が言います。

一度深呼吸をしてから、フェデリカは水晶に手を当てて魔力を流します。

ブゥンンと装置が音を鳴らします。

おおっ!!すごいぞ!!

こんなのあり得るのか!!

その場がざわつきます。

これは、何が起こっているの・・・?フェデリカ自身も不安になります。

フェデリカは信じられなくて、足元から崩れ落ちそうになるのを必死にこらえます。

もう一度試すように言われ、フェデリカは再び水晶に触れてみます。

すると同じ結果が表示され、機械の誤作動ではないようです。

素晴らしい!!私が望んでいた最高の結果だ!!とマリーニ卿が言います。

こんなことがあり得るなんて信じられないフェデリカですが、マリーニ卿はこれでようやく仮説を証明できると言って喜んでいます。

その仮説とは、治療魔法は4属性以外の適性があって初めて使えるということがまず一つ、それから、もう一つは・・・

フェデリカと似た結果を出した人がエシェロン国にもいたようです。

その人は治療魔法の使い手ではありませんでした。

私はこの成果を誰に感謝すればいいのだろうね、フェデリカ嬢?と言ってマリーニ卿は喜びます。

4属性のバーは全て同じ長さを示し、複数属性を見る丸い窓では、4色と透明でほぼ5等分されています。

実に美しい・・・我が国の被験者は3属性がほぼ同じだったが、フェデリカはその上を行くね・・・と言ってマリーニ卿はフェデリカの結果を眺め続けます。

私と同じ結果を出した人・・・もしかして、その人は・・・とフェデリカが言います。

するとマリーニ卿はお察しの通り、貴女と同じ色無しだよと言いました。

再びその場がざわつきます。

フェデリカの心臓が急にドクンと高鳴ります。

この結果が示すのは、色無しは加護無しではなく、複数の加護を同じだけ与えられている状態だというこだったのです。

これが事実ならば、ゼーガ神殿の教えも、色無しに対する認識も、全てが覆ります。

この先、一体何が起こるのか・・・!?

フェデリカは複雑な心境になりますが・・・!?

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』11話 感想

魔法の相性測定機のおかげで、とんでもない真実がわかり、衝撃の回でした!!フェデリカの今までの辛い人生を思い出すと居た堪れません。それから、アルマンドとフェデリカの心の距離が、2人の会話やスキンシップから縮まったように感じて、嬉しいです。

*まとめ*

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』11話のネタバレを紹介しました!

色無し関する新事実が分かり、ゼーガ神殿の動きがありそうで怖いのですが、色無しに対する差別がなくなるといいですね!事実がねじ伏せられないように祈ります!!

『授か離婚~一刻も早く身籠って、私から解放してさしあげます!』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/