ファンタジー

【聖女のはずが、どうやら乗っ取られました】1話ネタバレ!ゲームの世界に召喚された!?

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました乙女ゲーム「救国の花園」の世界に聖女として召喚されてしまった”アニス”。だが、一緒に聖女として召喚されてしまった幼馴染のヒメに「聖女」の座を奪われてしまい・・・?!

 光に包まれ、目を開けるとそこにはゲーム「救国の花園」の世界が広がっていた。

聖女として召喚されたアニスだったが、

幼馴染のヒナが勝手についてきて自分が聖女だと名乗りをあげてしまい・・・?!

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました】1話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイトへ

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました1』話ネタバレ!

まさかのゲームの世界に召喚されてしまったアニス・・・

状況を把握できる前に周りには大勢の民衆と、目の前に神官のような老人が現れ、

「どちらが「先読みの聖女」ですかな?」と聞いてきました。

どちらってどういうこと?アニスが後ろを振り向くと、

なんとそこには幼馴染のヒメがいたのです!

ヒメは昔から厄介な子で、何かとまとわりついてきては家族や友人にアニスの悪口を

吹き込んだり、奪っていきました。

そのくせなぜか孤立したアニスの親友面をどれだけ嫌がってもしてくるのです。

ヒメはアニスに近づくと、「これって「救国の花園」の世界なんじゃない?」と

耳打ちしてきました。何やら、ヒメには周りにいる人物の頭の上になぜかその人の

名前が見えるようで、その名前を見てピンときたようでした。

アニスが一瞬光ったのでついてきたら、ここに来れたからラッキーだとヒメが言うので、

そういえばそんなゲーム昔してたなとアニスは思いました。

”先読みの聖女”とは、未来に起こる出来事をひらめきのように垣間見て、

その先見の明と癒しの力で国を反映に導く聖女です。

いわゆるそんなチートかつ、ご都合主義の世界で

ヒロインの聖女が王子やら大神官の息子やら、イケメンたちを攻略する乙女ゲーム

が、救国の花園というゲームです。

アニスとヒメがこそこそ話していると、王子が現れました。

「それでどちらが聖女様ですか?」

すると、

それは私です!なぜなら私はあそこにいるリン大神官も、

もちろんロワール殿下のことを知ってるのですから!」

とヒメが見えている名前を堂々と言いました。

すると集まった民衆たちはどよめき、歓喜の声が上がりました。

「おお素晴らしい!」

「さすが先読みの聖女様です!!」

「ぜひ我が国をお救い下さい!」

王子はヒナに跪き、手を繋いで2人で宮殿へ入っていきました。

その姿を唖然とした顔でアニスは見ながら、昔からそういう奴だよヒナはと呆れました。

ゲーム内でこの国は今隣国との戦争中で、

「先読みの聖女」はその戦争での敵国の情勢を言い当てるのです。

そして国を勝利に導いた「先読みの聖女」は、国民にも祝福されつつ交際相手と

晴れやかに結婚式を挙げるエンディングになるという流れです。

1人残されたアニスに神官が、

「あの~それであなたはどなたです?」

と聞いてきたので、

「えーと・・・あの・・・・誰でしょうね?」

とアニスは答えに困りました。

召喚した手前放っておくわけにもいかないと判断したらしく、

アニスは「大魔術師様」の元に送られました。

異世界から来たのなら何かしら異能があるかもしれないと、観察対象扱いになりました。

どうやらこの世界の人はみな、その人の個性の様に魔力と何かしらの

スキルを持つらしく、アニスは実験の毎日を送ることになりました。

噂によると、めでたく召喚された「先読みの聖女」(ヒナ)は王宮の奥で、

あのイケメン王子につきっきりでお世話をされているらしく、

そして素晴らしい神託を捧げているようです・・・(ホントに?)。

神託なら自分も言えるのにな・・・そう思いながら、1人庭でアニスは

ゲームで見たことある台詞を言ってみました。

「今は時期ではありません。半年待つのです。

寒い冬の日に突然自体は動くでしょう。」

そう、冬のある日に敵国の天才的な軍師でもある有名な将軍が死ぬのです。

そしてその将軍を倒せないがためにずっと劣勢だったこの国は、

「先読みの聖女」がその将軍の死を予言したために、戦力を温存でき、

しかもその将軍が死ぬ間際に立てた計画をもその「先読みの聖女」が

見抜いたことで、一気に効果的な攻撃を仕掛けることができ、

その結果形勢逆転をして勝利へと進むことになるのです。

アニスはふと

”先読みの聖女いっそ2人いても良くない?”

と思いました。聖女でないと思われてるのか、実験では癒しの魔術だけは

やってみろとまだ言われてないアニスは、こっそり庭の花を折って

手をかざして再生するか試してみました。

すると、なんということでしょう!しおれた花が元通り再生したのです!

気をよくしたアニスは大魔術師様に折れた花を元に戻せたと報告に行きました。

「私、癒しの魔術が使えます!」

それを聞いた大魔術師様は青ざめ、怖い顔をして

「なんと聖女様に失礼な!

それは聖女様だけの魔術。だがもう「先読みの聖女」様がいらっしゃるのだぞ!

それを知った上での虚言か!許せん!不敬だ!

と言われ、その後なんとアニスは僻地へと追放されることになってしまったのです・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この国には昔から聖女は1人しか現れないらしく、

結果的にはアニスが突然聖女だと言い出したことになり、そしてそれが

ヒメの耳に入り追放されることとなってしまったアニス・・・

どうして全てがヒメの都合よく動いてるんだろう?

考えていると、1つの答えにたどり着きました。

そう、これはつまり乙女ゲームの中なので、

きっとあのヒメをヒロインにしたシナリオがもう動き出してるのだと気付いたのです。

【勝手に呼んで・・・なんで私がこんな目に・・・】

手稲煮に扱てくれるなら、自分だって先読みと称して未来を教えたけど、

そんなことする義理なんてもうどこにもないので

ならばこれからはやりたいようにさせてもらう!アニスはそう心に決め、

連れて行かれる馬車の中で、脱出の作戦を考えました。

そんな決意をしてからは道中で会う人たちを端からこっそり鑑定するようになったアニスは、

今のところ使えるのは「癒しの魔術」のみなので、

練習もかねて何をどこまで出来るのか試しました。

何度かやるうちに手を動かさなくても「視る」コツを掴み、

人々の黒くもやっとした影が見えたらそこが悪い所なんだと分かり、

こっそり治す練習も始めました。

ーーー何日間か馬車は走り、そろそろこっそり逃がしてくれるように取引を

しようと思った矢先に野党に馬車が襲われ、アニスは外へ放り出されました。

一緒に乗っていた1人だけ身なりもよくて上品な男は助けてくれる気配がなく、

むしろ殺して構わないといと野党に言いました。

アニスがどうなったか報告しないといけないからなと男が言うので、

アニスはヒナが殺しにかかってきていることに気付きました。

ジリジリと野党が詰め寄ってくる間に、アニスは癒しの魔術だけでどうしたら

いいのかと考えました。

【あ・・・逆をやっちゃう?】

一度にこんなに沢山に人達を視るのは初めてだけど、

全員悪い部分があるので都合がいいと思ったアニスは

心の中で【燃えろ】と唱えました。

すると、野党たちは急に苦しみ始め目の前でバタバタと倒れました。

もう自分を襲ったり殺したりする気力を残してる者なんていないと、

アニスが息を切らしながら思っていると、1人ヒナに言われてやってきたあの男がいました。

男はこの状態を見て青ざめ、アニスに「悪魔だったのか!」と言い放ち、

「やはり聖女様のおっしゃることは正しかった!成敗!

と言ってアニスに剣で斬りかかってきました。

アニスは大きく体を切り裂かれ、血を吹いてその場に倒れました。

男はアニスが死んだのをヒナに報告しないとと思い、アニスの髪の毛を切り

それを証拠として馬にまたがり返って生きました。

ーーーその後、死んだと思ったアニスですが

男が立ち去るのを待ってムクッと起き上がりました。

なんと死の危険が迫ったアニスは、練習の成果を総動員して

斬られると同時に本能的に自分の身体を修復したのでした。

ヒメはそこまで自分の事が邪魔なのかと思ったアニスは、

じゃあ今は消えてあげるけど、こんな仕打ちまでされて

助ける義理なんて何もない!むしろあのヒメが牛耳る国なんて滅びてしまえ!

そこまで思いました。

そんな時、人の気配に気づいたアニスが振り返ると

「血まみれですが、大丈夫ですかな?」

そう言って気のよさそうな初老の男性がアニスに声を掛けてきました。

これはもしや好都合なのでは?そう思ったアニスは、

「はい大丈夫です。ありがとうございます。

ところで伺いたいのですが、ちょっと近くにこの血を流せるところを

ご存じありませんか?」

と笑顔で尋ねました。

なんとかひっそり生き延びてこの運命から抜け出そう、

そして新たな人生を手に入れてやる!アニスはそう心に強く誓ったのです・・・・

 

>>続き【聖女のはずが、どうやら乗っ取られました】2話ネタバレまとめ!

 

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました』感想

ゲームの中に召喚されてしまったアニスとヒナ。

怖いですね~・・・・ぜったい聖女アニスやったやん・・・

ヒナは魔術使えなそうだな~。あっても名前が見えるぐらいじゃないか?(苦笑)

誰もアニスの言うことを信じてくれず、邪魔者扱いしてくるので

アニスはたくましくひっそりヒナとの立場逆転の為に奮闘していきそうですね。

今ヒナはイケメン王子たちと戯れてるだけだと思いますが、

こっち命がけでやってるんで、覚えとけよ!って感じですね。

*まとめ*

聖女のはずが、どうやら乗っ取られました』1話のネタバレを紹介しました!

声を掛けて来た初老の男性に助けられ、都ではアニスが死んだと思われてるので

この地でしっかり修業して、ヒナに立ち向かって行きそうな予感ですね。

次回の話の続きが気になります!