TLマンガ

SEX DRIVE【ネタバレ5話】2回目はもっと丁寧に

『SEX DRIVE』 突然の発情にあがらえない!!!過剰フェロモン体質のヒロインは色事専門の諜報部員として男性バディと組むことになる。任務のための身体を使った「教育」は、やがて心のつながりを生むこととなり・・・?

ミッション中に発情してしまった純。発情を通してお互いに両思いであったことを

知り、二人は結ばれます。交際を始めた二人は事務所にも報告するのですが・・・!?

『SEX DRIVE』5話のネタバレを紹介します!

『SEX DRIVE』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み

『SEX DRIVE』5話 ネタバレ!

一粋の部屋へ遊びに来た純。

初めて男性の部屋に入ったので、

ガチガチに緊張してしまいます。

何か飲むと尋ねられても、

全然声が聞こえません。

一粋は純のために、

前もって部屋を掃除していました。

要らないものを捨てて、

掃除機かけて、布団を干して・・・

そう言う一粋が可愛く思えて、

純はクスクスと笑います。

何笑ってんだよと一粋はつっこみます。

純は笑ってないと言いますが、

顔を見せてと言われると、

一粋は変な顔と言って純を茶化します。

付き合って1週間が経ち、

昨日の帰り際に純は思い切って、

一粋さんの家に行ってみたいと言うのでした。

こうして部屋に行ったり、

部屋に呼んだりすると、

付き合ってると実感できるのでした。

そして、昨日純が

一粋の家に行ってみたいと言った時、

声を震わせて、耳まで真っ赤にして、

頑張って言ってくれてるのを

一粋は感じていました。

自分との関係を深めるために

純が勇気を出してくれたんだなと思うと、

一粋はキュンとしたのでした。

「純、こっち見て」と言います。

え、今「純」って・・・

初めて名前を呼んでもらい嬉しくなりました。

一粋は純の手を取ると、

そっと自分の頬に純の手を当てて、

「すげー大事にする」

そう言ってしよっかと一粋は言うのでした。

ベッドの上であっという間に裸にされた純は、

恥ずかしくて胸を手で隠しながら、

顔に力が入っています。

一粋は「険しい、険しい」と言って、

悪いことしてる気分になるだろうと言いますが、

純には限界でした。

前回は発作で切羽詰まってたから、

実質今回は初めてのようなものです。

純は面倒くさくてすみませんと言うと、

面倒なんて思ってない、むしろ得だと言います。

もう一回処女をもらう気分だと言ってくれるのでした。

「痛くしないでくださいね」

その言葉を聞いた一粋は、

「もう一回言って、興奮する」と言って、

力の入った純の手を自分の頬に当てると、

純を安心させるのでした。

最初は優しいキスから始まります。

「手、俺の背中に回して」

純がそっと背中に手を回すと、

一粋はゾクッとして「んっ・・・」と声を出します。

純は私も一粋さんを気持ちよくさせられるんだと

思うと少し気持ちが楽になります。

まだ胸を隠している純に

一粋は逆効果だからと言って、

純の乳首を舐めます。

舌の感触が伝わります。

「や・・・あっ」

「いい反応」

どんな感じ?と聞かれた純は、

・・・気持ち、いい、ですと答えると、

その調子で素直に教えてと言われます。

純は乳首だけでも気持ち良すぎて、

イキそうになります。

乳首だけでもイっていいぞ、

何回でもイかせてやるから。

そう言うと一粋はさらにいやらしい音を立てて、

乳首をもてあそびます。

純は本当に乳首だけでイってしまうと、

感じやすくていい体してると言われます。

次はここと言って、

純のアソコに指で触り、「舐める」と言います。

純はダメと抵抗しますが、

二度目は丁寧にしたいと言って、

純の太ももを押さえ、

股を開かせると優しく舐めます。

トロトロに濡れた純のアソコを

一粋が舌で舐めています。

純は気持ちよくて、恥ずかしくて、

よく分からない気持ちになります。

「あ、あっ」

体は勝手に反応します。

気持ち良すぎてどうにかなりそうになった純は、

一粋の首に腕を回して抱きつきます。

全部気持ちいいけど、

早く一粋さんと一つになりたい・・・

ゴムをつけると、

力を抜いて俺の顔だけ見てろ

一粋はアドバイスしてくれます。

最初は優しく半分だけ、

「ほらチューして、そのまま」

と言うと一気に一粋が入って来ました。

二人とも気持ち良すぎて、

挿入するとすぐにイきそうです。

「あ・・・あっ、ん・・」

「そんなエロい声出すなよ、

止まらなくなるだろ」

と言うと一粋は激しく腰を動かします。

純の名前を何度も呼びます。

そして息遣いがさらに激しくなると、

一粋はイってしまいました。

好きな人から全身で求められることが、

こんなに嬉しいなんて、

知りませんでした。

果てた一粋は純の耳元で

もう一回、今日は泊まってくだろと言います。

純は赤く熱った顔で一粋を見つめます。

その可愛い顔にたまらなくなった一粋は、

「泊まってって下さい。彼氏のお願い」

と言って純を抱きしめて甘えるのでした。

『SEX DRIVE』5話 感想

すごく素敵なカップルです!

愛し合うシーンで上手に一粋が言葉でリードし、純を不安や緊張からときほぐす

感じが出てていいなと思いました。

*まとめ*

『SEX DRIVE』5話のネタバレを紹介しました!

付き合い始めたドキドキの二人ですが、今後息のあったスリル満点の

ミッションに挑戦したりするのもいいですね!楽しみです。

『SEX DRIVE』
今すぐ無料で試し読み!!