女性漫画

ショート・キス・ケーキ【ネタバレ10話】この気持ちを早く貴方に伝えたい!

『ショート・キス・ケーキ』 美里(26)はいたって平凡で、長年ご無沙汰生活を送っていた。転職2年目、美里に言い寄るイケメン2人・・・ついにモテ期到来!?不器用な愛とストレートな愛にときめきが止まらない!

会議が終わったのに部署に帰ってこない久野と美里を心配するが、

自身も会議が始まるので探しに行けない翔太は

2人が気になってどうしようもなくて・・・?

 

『ショート・キス・ケーキ』10話のネタバレを紹介します!

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『ショート・キス・ケーキ』10話 ネタバレ!

いざ話があると別室に移動しましたが、言葉が出てこず美里が俯いていると

「もう答えは決まってるんだろ?俺にまでいい顔しなくていい。」

と言われ、美里は驚きました。久野に自らそんな事を言わせるなんて

情けないと思った美里は、ちゃんと目を見てハッキリ

「久野さんとはお付き合いできません」と言いました。

気持ちは嬉しかったけど、いつも心のどこかで上司と部下の関係でいたいと

思っていて、それはこの会社に来てからずっと久野のことを上司として尊敬していた

からだと美里は正直に話しました。

これからもどうかよろしくお願いしますと深々と頭を下げると、

久野はフッと笑いながら「じゃあもっと厳しくしていかないとな」と言ってくれ、

美里のモヤモヤは晴れました。

部署に帰ると翔太がいないので、同僚にどこにいるのか?と聞くと

さっき会議に行ったと聞かされました。多分仕事納めだから長引くんじゃないかなと

言われてしまい、今日を逃したら年明けになってしまうからどうしよう・・・

自分の気持ちをすぐにでも伝えたいのにと美里は思いました。

ーーー翔太が会議を終えたのは20時半を過ぎた頃で、この時間じゃあ

もう美里は帰ったかもしれないと思いながらも、

この前のあんな顔を見せられて答えを聞けないまま年を越すなんて無理だと

思った翔太が意を決して電話を掛けると、美里が目の前に現れました。

翔太が驚きながら帰ったんじゃなかったのか?と聞くと、

遅くなったから差し入れを買ってきたんだと美里はコンビニの袋を渡しました。

これ渡すために待っててくれたのか?と聞くと、

「翔太くんに話したい事があったから・・・」と美里は言いました。

丁度会議に参加していた他の同僚が部署に帰って来てしまったので、

翔太は美里の手を引っ張って物陰に隠れました。

同僚たちが帰ったのを見届けて、ホッとした翔太は美里に「いきなりすみません」と

謝りました。すると、美里は俯きながら

「今まで男の人の前で泣いたことなんて1度もなかったのに、

翔太くんの優しさに自然と甘えられた自分にびっくりしたの。」と話し始めました。

この気持ちはなんなのか自信がもてなくてうやむやにしてしまっていたけど、

自分は翔太に恋をしてみたいだと恥ずかしそうに言いながら、

「私で良ければ・・・付き合ってくれませんか?」と勇気を振り絞って

美里は告白しました。すぐに翔太から返事が返ってこないので、

唐突すぎたかな・・・やっちゃった・・・と美里がオドオドしていると、

翔太は大きなため息をつき、「俺からまた告白しようと思ってたのに」

と顔を真っ赤にしてそう言ってきたのです・・・!

耳まで真っ赤な翔太を見てドキドキしていると、翔太が右手を出してきたので

よろしくってことかな?と手を取ろうとすると、

腕を引っ張られキスをされました。

「もうずっと話さないから覚悟してくださいね。」そう言われた美里は、

自信がないせいで気持ちに気付くのが遅くなっちゃったけど、

認めてしまえばこんなに好きが溢れるなんて知らなかったと

幸せな気分に満ち溢れたのでした。

 

『ショート・キス・ケーキ』10話 感想

あーーーー久野さんハッキリフラれちゃったよ(涙)。

私の推しの久野さん・・・大丈夫・・・あなたには私がいるから(←えw)。

まぁ、これからは上司と部下としていい関係を気付いて

2人には良いコンビとして仕事をしていってほしいなと思いました。

そしてついについに!翔太と美里はくっついちゃいました♡

激アマなシーンで私は溶けちゃいそうになりました。20代後半にして

こんな純粋な恋愛ができるなんて羨ましいぞ!こんちくしょう!

*まとめ*

『ショート・キス・ケーキ』10話のネタバレを紹介しました!

ついに付き合うことになった翔太と美里。これから激アマ恋人ライフが待ってる!

次回の話の続きが気になります。

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/