漫画ネタバレ

ショート・キス・ケーキ【ネタバレ7話】クリスマスまであとちょっと

『ショート・キス・ケーキ』 美里(26)はいたって平凡で、長年ご無沙汰生活を送っていた。転職2年目、美里に言い寄るイケメン2人・・・ついにモテ期到来!?不器用な愛とストレートな愛にときめきが止まらない!

クリスマスは2人で会えないか?と久野と翔太の両方に誘われてしまった美里。

どちらかを選ぶなんて今の中途半端な気持ちじゃできない・・・

どうしようかと悩んだ美里が出した答えは・・・?

『ショート・キス・ケーキ』7話のネタバレを紹介します!

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!

『ショート・キス・ケーキ』7話 ネタバレ!

2人に誘われた美里はキャパオーバーになってしまい色んな事を考えて悩みました。

数日たっても返事は出来ず、もうクリスマスは明後日に迫っていました。

上の空で給湯室でコーヒーを淹れていると床にコーヒーをぶちまけてしまい、

やってきた翔太が床拭きを手伝ってくれました。

ちょうど久野もやってきて気まずい雰囲気が漂い、その感じで

この2人に何かあったなとすぐに翔太は気付きました。

慌てて美里が給湯室を出ていったため、2人きりになったところで

翔太はクリスマスの日は美里をデートに誘ったけどまだ返事もらえてないんだと

話しを吹っ掛けました。

「もう待つのやめるんで」と翔太が言うと、久野は「俺は全部伝えた」と返して来て

あまり美里を困らせるなよと言われてしまいました。

ーーー会社終わりに友人の京子にクリスマスはどうするのか?と聞かれた美里は

ドキッとしながら、2人に誘われてどうしようか迷ってる事を話しました。

結局どちらにするの?と聞かれたので、正直なところこの短期間で

色んな事が起こりすぎてどうしたらいいのか分からないし、

2人にちゃんと向き合う前にクリスマスなんて中途半端な気持ちで行っちゃ

いけない気がするんだと話しました。

翔太も久野もいい人だからこそ傷つけたくない・・・そんな考えの美里に

京子はそんなこと考えてたらいつまで経っても始まらないよ!と一喝しました。

恋愛なんて誰かしら傷つくものなんだし、それなら後悔しないように

自分が幸せだと思う方を選びんだらいいし、

少なくともあの2人はそれ相応の覚悟で美里をすきになったと思うよと言われ、

美里はハッとしました。

向き合うと決めたんだから怖くても覚悟しなきゃ!と思えるようになり、

美里は翌日2人にちゃんと言おうと決めたのです。

まずは久野にクリスマスはやっぱり色々と気持ちが整理できないので

会えないことを正直に話しました。

丁度資料室でその返事をしたのでたまたまいた翔太も聞いてしまい、

自分も断られると思って気持ちが沈みながらソッと資料室を後にしました。

返事が遅くなった事を久野に謝ると、美里が翔太のことと自分の事で毎日悩んでいたことは

分かっていたと言われ驚きました。

その上で出た答えだからしかたないし考えてくれてありがとうと久野は言いながら、

「別の男のことでも悩んでるのは正直おもしろくないけどな」

きゅんとするような表情で言われ、そんな顔をされたら気持ちが揺らいでしまいそうに

なりました。しかし美里の意思は固くもう1度謝って

次は翔太にも伝えようとオフィスに戻りました。

翔太のディスクには荷物もなにもなく帰ってしまったようなので、

まだ間に合うと思った美里は直接伝えたくて追いかけました。

すると会社を出たところで翔太が美里のことを待っており、一緒に帰ろうと誘われたのです。

『ショート・キス・ケーキ』7話 感想

美里はかなり真面目ですね~。傷つけない様にとか無理な話だよ~

結局どちらかを選ばないといけないんだよな~。

京子の言っている通り自分が幸せになれると思った方と付き合えば間違いないですからね。

まぁ2人とも優良物件過ぎて選べないのは分かります・・・。

フッた方を私に譲ってくれ!(←えw)と思うぐらい羨ましい・・・。

2人とも種類の違った魅力があるから振り回されちゃいますよね。

*まとめ*

『ショート・キス・ケーキ』7話のネタバレを紹介しました!

会社の外で美里を待っていた翔太。一緒に帰ろうと誘われ心が揺らいでしまう・・・

次回の話の続きが気になります!

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!