女性漫画

ショート・キス・ケーキ【ネタバレ9話】クリスマス当日にモヤモヤ

『ショート・キス・ケーキ』 美里(26)はいたって平凡で、長年ご無沙汰生活を送っていた。転職2年目、美里に言い寄るイケメン2人・・・ついにモテ期到来!?不器用な愛とストレートな愛にときめきが止まらない!

「美里さんは俺のこと好きなの?」翔太に突然そう聞かれてしまった美里。

その言葉にどう返すのか・・・・?

 

『ショート・キス・ケーキ』9話のネタバレを紹介します!

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『ショート・キス・ケーキ』9話 ネタバレ!

「俺の事好きなの?」と聞かれた美里は、顔を真っ赤にさせ

会社に忘れ物したみたいと言ってその場から走り去りました。

その反応を見た翔太は「まじ?」と驚いた顔をしてその場に立ち尽くしました。

走り去りながら美里はなんで翔太を引き止めてあんなことを言ったんだろう?

自分じゃないみたいでおかしいと思いましたが、

「好きなの?」の問いに対して否定できそうにないと思いました。

ーーークリスマス当日・・・1日経っても翔太のことばかり考えてしまうので、

休み明けどんな顔して会えばいいのか分からない美里は、親友に電話しました。

何があったか説明をすると、「あんたに足りないのは勇気だね。」と言われました。

どういうことか聞くと、そこまで答えは出てるんだから気づかないふりするのは

止めた方がいいし、認める勇気も必要だよと言われてしまいました。

そんな風に言われた美里は、初めて自分が翔太の事を既に好きなのに気付かないふりを

していた事に気付いたのです。

月曜日、自分のデスクでモヤモヤしていると久野にこのあとの会議の準備を

頼まれました。少し気が紛れてその後会議に参加すると、隣でみんなの前で発言し、

まとめる久野を見てやっぱり頼りになるな~と思いました。

みんなを自然児引っ張っていくところが本当にかっこいいし、

こんなに尊敬できる上司の下で働けるなんて幸せだなと思いました。

この先も久野と一緒に仕事したい・・・そう考えた時、

美里は久野とのこの上司と部下の関係を壊したくないと思ってることに気付いてしまいました。

気付いてしまった以上、ちゃんと言葉にして伝えないとと思った美里は

会議が終わってから久野に話したい事があると声を掛けました。

何かを察したのか久野は「ちょうどよかった。俺も話したいことがある。」と言ってくれ、

2人は部署に帰る前に少し話すことにしたのです・・・。

 

『ショート・キス・ケーキ』9話 感想

おっと!ここで美里が好きなのは翔太に決定!!

あーーーー私久野さん推しだったんだけどなぁ~(涙)。

分かるよ、分かる。ストレートに「好き」と言ってくれる年下が可愛いのも

分かるんだけど、久野のさりげないフォローや大人な振る舞いがドキってするやん!

そんな中でも翔太に盗られるかもしれないと焦ってる姿も

ギャップ萌えなんだけど・・・♡はぁ・・・駄目だったか・・・

じゃあ久野さんは私がもらう!(←えw)まぁどちら選んでも美里は幸せになれるから、

難しい選択だったけど結果オーライってことにしておこう!

*まとめ*

『ショート・キス・ケーキ』9話のネタバレを紹介しました!

会議が終わったのに部署に帰ってこない久野と美里に気付いて心配になる翔太。

次回の話の続きが気になります。

『ショート・キス・ケーキ』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/