青年漫画

そんな家族なら捨てちゃえば?【ネタバレ1話】あの頃の僕は‥

『そんな家族なら捨てちゃえば?』 「ここに私たちの赤ちゃんいるんだって」

綺麗な夕日を前に、とある橋の上で妻の和美(かずみ)と抱きしめ合う令太郎(れいたろう)。

娘の一花(いちか)と3人で暮らし、ごく普通のサラリーマンとして過ごす。そんな我が家には妻が決めた「ルール」がある…。

『そんな家族なら捨てちゃえば?』1話のネタバレを紹介します!

『そんな家族なら捨てちゃえば?』
今すぐ無料で試し読み!!
スポンサーリンク

『そんな家族なら捨てちゃえば?』1話 ネタバレ!

あれから13年…我が家には決められた「ルール」がある。

「廊下に貼られたセロハンテープの線を越えてはならない」

「食事は一緒にとらない」

「挨拶はしない」

「洗面所、風呂は使っていいけど、トイレは使ってはいけない」

SNSに自分の考えた問題を投稿したり等、クイズが趣味の令太郎であるが、

その「ルール」が何故あるのかは分からず、今日も家族の為に仕事へ。

だが、駅のホームでいきなり動悸が起きた令太郎はふらつき、電車が通過寸前の線路に落ちそうになる。

その時、間一髪知らない女性に助けられる。

待合室まで連れてもらうが顔色の悪い令太郎を心配し、

駅員を呼ぼうと心配する彼女に、

「九谷焼、美濃焼、信楽焼‥点々つけると何でしょう?」

といきなり問題出し始める。

「はい?」と彼女も思わず言うが、クイズを作るのが趣味で何か考えていると落ち着くと令太郎は言う。

彼女は「陶器‥とうき?に点々」少し考えると、

「動悸」とあっさり答えてしまう。

「正解です」と彼女の顔をよく見ると、(あれ‥この人どこかで‥?)

一瞬気にはなるが「もう大丈夫です、本当に」と言う。

令太郎は少し間を空けて、

「謎解きはすきですか?妻から出された謎をずっとかんがえてるんですよ。どうしても分からなくて…」

と家族の「ルール」について話し出す。

この時、何故かこの人なら話を聞いてくれる気がしたからだ。

「それDVじゃないですか」

と言われ、令太郎自身は自覚が無いが話した事を後悔している。

次の日の朝、一花に和美が前に好きだって言ってた女優さんについて聞こうとするが、

「お母さんがお父さんとは話すなって」

と一言いい学校へ行ってしまう。

前日会った女性がその女優さんに似てて、和美との話のきっかけになると思ったが答えは分からず、

さらに和美にそんな事を言われてるとは思わず困惑する。

振り返るとそこには和美もいて令太郎は

「長いこと口も聞いていないし子供にも悪影響がでるから今日こそはちゃんと話そう」

と言うが、廊下の線を越えている令太郎に気付いた和美は激昂し、部屋に戻ろうとする。

何とか呼び止めようとする令太郎だが、

「話すことなんかないから、一花にも話しかけないで」

と和美は令太郎を突き飛ばし、コップを投げつける。

令太郎はショックのあまり家を飛び出し雨の中辿り着いたのは、

いつか和美と夕日を眺めた、思い出の「ふれあい橋」

SNSに1つ問題を投し、落ち着いたが「どうしたらあの頃に戻れるんだろうか」と考え込む。

そうすると、そこには駅で助けてくれた彼女が。何故、彼女がここに…。

「SNSにクイズ投稿してましたよね、また苦しんでるのかなって」

疑問に思う令太郎に、

「クイズの答え、この橋の名前になってたでしょう…SOS出してたんでしょう」

「自分を傷つけるようなそんな家族必要ですか?捨てちゃったらどうですか?

と令太郎に詰め寄る…。

『そんな家族なら捨てちゃえば?』1話 感想

幸せそうな家族やなって思ったのも束の間、

何があってこうなった?っていうぐらい令太郎と和美の間に凄い壁が出来てましたね。

あんなルールがあるのに令太郎は平然と暮らしてるし、晩御飯も毎日コンビニ弁当やし~。

和美の怒り方を見てたら、令太郎が何か原因を作ったのかな?って思ったりします。

でも令太郎は家族の為に働いているクイズが好きな一般的な雰囲気のサラリーマンなので、

何か悪いことをしたイメージが出てきません。

何なら同じ家で暮らしてるのに別の空間で過ごされてる令太郎が可哀想に思えてきます。

*まとめ*

『そんな家族なら捨てちゃえば?』1話のネタバレを紹介しました!

現時点では家族の溝の原因が分かりませんが、

令太郎と出会った謎の女優さん?が問題解決のキーマンになりそうですね。

令太郎の無意識のSOSにいち早く気付くし、令太郎に気もありそう。

これからの展開が気になります。

『そんな家族なら捨てちゃえば?』
今すぐ無料で試し読み!!
\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/