TLマンガ

ストーカー社長の華麗なる求婚【ネタバレ1話】いきなりプロポーズ

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~』 念願の会社に就職した木葉は期待に胸を膨らませていましたが、入社初日に社長から求婚され、自宅には九条社長が・・・。そして入社二日目には寿退社をすることに!何が何だかわからないまま木葉の運命は一体どうなるのでしょうか・・・!?

朝目覚めるとお揃いのパジャマを着た九条社長が隣で眠っています。

どうしてこうなっているのか、まったく理解できない木葉ですが・・・!?

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~』1話のネタバレを紹介します!

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~~16年間好きだったなんて聞いてません~』
今すぐ無料で試し読み!!

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~』1話 ネタバレ!

朝、目を覚ますと

隣には九条社長が眠っています。

すると九条社長も目を覚まし、

「おはようございます、木葉さん」

と言って微笑みます。

木葉は全く意味が理解できません。

昨日は配属初日で疲れているのではと、

心配になった九条社長は、

木葉の顔を見に来たついでに

添い寝をしてしまったのだと言います。

木葉は半泣きで意味がわからないですと言うと、

俺は木葉さんの夫になるのだから

家に来るぐらい当然でしょと言われてしまうのでした。

東木葉(22)は未婚で彼氏なし。

念願の会社に就職し、

期待に胸を膨らませていました。

そして木葉が務める九条食品の若社長、

九条喜一(30)とは面識はありません。

昨日、社内で突然求婚され、

今、自宅に不法侵入されているのでした。

九条社長は愛情たっぷりの朝食を

作ってくれると言い立ち上がると、

なんとお揃いの色違いパジャマを着ていることを知り、

木葉はゾッとしてしまいます。

何が一体どうなってるのか分かりません。

家の鍵はどうなってるの・・・?

憧れの会社の社長は変質者なのでしょうか・・・?

それとも、昨日私が何かしたのでしょうか・・・?

—真新しいスーツに身を包んだ木葉は、

今日営業部へと配属になり、

明るく元気のある新入社員です。

社内で自己紹介をしていると、

九条社長が入って来ました。

噂には聞いていたけれど、

すっごいイケメンです。

女子社員たちがきゃあきゃあと騒ぎ出します。

すると、九条社長は木葉に近づいて来て、

木葉の手を握りしめると、

「この日を待っていたよ。

もう君は俺だけのものだ。

もう二度と離さない。

結婚しよう」

そう言って手の甲にチュッとキスをするのでした。

木葉は人違いじゃないかと、

その手をバッと引っ込めます。

すると九条社長は、

君を間違えるはずがないよと、

トロンとした甘い目で木葉を見つめます。

わけがわからなくなった木葉は、

お手洗いへと逃げ出してしまったのでした。

—朝食が出来上がると、

サバの味噌煮まで用意をしてくれて、

九条社長はまた会社で会いましょうと言って、

出て行ってくれました。

木葉は警察に通報すべきなのか?、

でもせっかく入社できた九条食品だし、

社長が捕まったら社会的影響も・・・

などなど色々考えが巡ります。

すると、さばの味噌煮のおいしそうな匂いが

漂ってきました。

どうして私の大好物を知っているのか、

不思議に思うのですが、

匂いにつられて一口食べて見ます。

美味しい!

おばあちゃんの味に似ていることに気がつきました。

入社2日目、

出社すると係長から、

寿退社、おめでとう!と言われてしまいます。

木葉はズーンと落ち込んでしまいます。

すると、社長が現れます。

的確な判断と素早い指示を出していきます。

木葉はカリスマあふれる社長の姿を見て、

本当に今朝の変態と同じなのかと、

疑うほどの凄さでした。

さらに社長は、売上が右肩上りに

伸びている新人君がいることが分かると、

その場ですぐに臨時ボーナスを与える約束をするのでした。

すると、社内のやる気が一気に上がります。

社員にもフランクに接し、

社長としての統率力もあって、

人望がある人のように見えました。

完璧な人に見えるのに、

家に帰ると180度変化してしまいます。

九条社長はエプロンをしてオタマを持ち、

帰宅した木葉を迎えます。

すでに夕飯が出来ていて、

今夜は舞茸ご飯にきんぴらごぼうです。

なぜか木葉の好みを熟知しています。

さらに最近お気に入りの北海道の地ビールまで

用意してくれていました。

木葉は怖がれば良いのか、

ときめけば良いのか、

混乱してよく分からなくなってきました。

お酒の勢いも借りて、

木葉は社長に物申します。

「九条社長ですよね?私の退職届を勝手に出したのは!?」

それは困るのだとはっきり伝えると、

九条社長は仕事を辞めても仕事は探さずに、

趣味や好きなことに時間を使ってくださいと言います。

そして、なぜか木葉が広尾に

和食カフェを出すことが夢だということまで

知っていました。

その準備をすればいいと九条社長は言います。

運転資金と、当面の生活費を合わせて、

1億渡すので、結婚しようと社長は言います。

木葉ははっきりと断ります。

結婚もする気がないことを伝えます。

でもお金に困ってしまいます。

それならば転職しようと、

木葉はパソコンを持ち出しました。

そして、検索をします。

その様子を見ている九条社長は、

にっこりと微笑みます。

そして、頬杖をついて木葉を眺め、

何を調べてるか当てましょうか?と言ってきます。

転職サイトでしょ?

そう言うと検索キーワードまで当ててきます。

図星で恥ずかしくなってしまった木葉は、

パタンとノートブックを閉じます。

すると、社長は他にも当てましょうか?と

言って木葉に近づきます。

「動揺してます。僕のことが気になり始めて」

木葉は否定しても、

目が泳いでしまって、

吐息が乱れます。

そして心拍数まで上がってしまいます。

すると九条社長は木葉の手を握り、

俺のこと嫌いになれないのでは?

触れられても嫌じゃないでしょ?

と聞いてきます。

そんなわけないと木葉は目をそらします。

すると、

「木葉さんは好きな人を目の前にすると、

目を合わせて話せなくなります。」

と言います。

そして、ゆっくりと近づくと、

木葉にキスをします。

そして舌を絡めます。

「やめ・・・やっ」

Hな顔になった木葉に、

九条社長はそんな顔して本当にやめられるんですか?

と聞いてきます。

するとベッドの上に木葉を押し倒します。

さらに激しくキスをされた木葉は、

これがディープキスなのだと初めて知ります。

頭がとろけて止められません・・・

そして、服をたくし上げ、

ブラの上から胸を揉みます。

そして首にキスをされ、

指で乳首をもてあそばれます。

「あっ・・・だめっ、んん・・・あっ」

木葉からはいやらしい声が漏れてしまいます。

「木葉さんはそんな声で喘ぐんですね」

そう言うと、乳首を舐めます。

木葉は「いやっ」といいつつも、

とても悦んでいるのように見えます。

感じてしまう自分が恥ずかしくなってしまい、

赤面します。

するとその表情も最高だと言い、

木葉のアソコに触ります。

下着の上からでもすごく濡れているのが分かります。

こんなことされて、怖いはずなのに、

なぜか木葉は拒めません。

気持ちよくて、感じてしまって、

体が火照ります。

九条社長の指が木葉の中へと入っていくと、

中がドクドクと脈打って、

指がどんどん吸い込まれていきます。

「もっともっと気持ちよくしてあげます」

今までに感じたことのない気持ちよさを味わい、

身体が頭が痺れます。

気持ちよくなっている自分に気づきます。

変態ストーカーな社長に触られて、

感じてしまうなんて、

自分がおかしいのではないかと思います。

でも息は乱れ、身体が熱くて、気持ちよくて、

拒むことができません。

「ああ、こんな木葉が見たかった。

夢が一つ叶いました。だけど・・・」

目の前で身悶え悦んでいる木葉を見て、

九条社長は我慢できなくなってしまいます。

「貴方には俺しかいませんから。

初めてですよね?」

そう言いながら服を脱ぐと、

大きくなったアレを木葉に挿入します。

ゆっくりしますから、力を抜いてください。

すると九条社長が入ってきました。

「今ひとつになっています」

「変態、このストーカー」

そう言われた九条社長は、

煽らないでください。

我慢できなくなりますと言って、

さらに激しく動きます。

「あっ、あもうダメェ」

「俺は喜一です。」

社長でストーカーな九条喜一さん、

何もかもずるい・・・そう思いながら、

木葉はイってしまうのでした。

次の日、目を覚ますともう九条社長はキッチンで

朝食を作っていました。

そして、木葉が起きたことに気づくとすぐに、

婚姻届を出してきます。

木葉の大切な初めてを奪ってしまったので、

責任を取らせてくださいと言って、

木葉に迫ります。

「俺は必ず責任を果たす男です」

そう言って全て計画通りの九条社長は、

にんまりと微笑みます。

木葉ははめられた・・・と思うのでした。

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~』1話 感想

なんとも不思議なシチュエーションで、九条社長が一体何者なのか気になります。

木葉をゆっくりとじっくりと抱いていくシーンが、とてもドキドキしました!

*まとめ*

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~』1話のネタバレを紹介しました!

婚姻届を出された木葉はサインしてしまうのでしょうか。

木葉と九条喜一の関係が気になります!過去に何かあったのかどうか知りたいです!

『ストーカー社長の華麗なる求婚~16年間好きだったなんて聞いてません~~16年間好きだったなんて聞いてません~』
今すぐ無料で試し読み!!