漫画ネタバレ

スイート リベンジ【ネタバレ14話】変なプレッシャーに負けて

画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『仕事ができない榊くんは夜だけ有能』↓↓

↓↓『外面の良い幼馴染』↓↓

↓↓『モブ推しJKの悪役令嬢異世界転生2』↓↓

↓↓『女性向け風俗で淫魔を指名しました!』↓↓

『スイート リベンジ』 “落とし屋”マリコが悪い男たちを恋の地獄に落としまる・・・失恋の処方箋は復讐でした!?あなたの恋、マリコがリベンジします!

ケンジを使ってマリコはヒロシに惚れていると信じ込ませることに成功。

勘違いしているヒロシはこのまま逆玉の輿だ!とウハウハ喜んでいるが・・・・?

【スイート リベンジ】14話のネタバレを紹介します!

\先行配信★今すぐ無料で試し読み/
BookLive公式サイトへ

スイート リベンジ【14話】ネタバレ!

今日ヒロシがあのお嬢様とデートだということは

職場の皆がなぜか知っていたのでヒロシは驚きました。

これは店長にしか言ってないのに・・・店長の口の軽さはスフレ以上で唖然とします。

みんなに「お嬢様ゲットするんだぞ」と応援され、プレッシャーを感じながらも

ヒロシは少し余裕を見せました。

その夜、ケンジが職場に迎えに来るとまた職場のメンバーが

絶対ものにしろよ!とプレッシャーを与えてきました。

ケンジにもマリコはスーパーセレブなのでそれ相応のふるまいを

しないといけないと更にプレッシャーをかけられ、

ヒロシは段々緊張してきてしまいました。

レストランに着くと、その足はガクガクで緊張しすぎて腰が抜けてしまったのです!

「ぼ・・・僕ダメです・・・マリコさんに相応しくない!会えません!

か・・・帰っていいですか?!

脂汗をかきながらそう言って来たヒロシを見てケンジは慌てました。

まさかこんなにヒロシがヘタレだったなんて・・・

ケンジはマリコの元へ向かうと、今の状況を報告しました。

ヒロシはレストランのスタッフに冷たい水を貰い、一旦落ち着きましたが

自分のような一般人には一生会えないようなスーパーセレブのマリコには

自分は不釣り合いだし、この重圧に耐えられない!

ならば今までの様に成金ババアを相手してる方が性に合うと思いました。

マリコは報告を受けると、

「うすうす勘づいてはいましたが、ヒロシは想像以上の小物のようですね。

私のキャラ設定は彼には高すぎたようです。」

と言いました。このままではヒロシが帰ってしまいますとケンジが言うと、

無理のない程度でキャラ調節するとマリコは立ち上がりました。

ーーー頭の中でグルグルここから一刻も早く去りたい・・・

そう考えているヒロシの元へマリコは

「大丈夫ですか?」

と駆けつけました。そして目に涙を浮かべながら、

「ケンジイから聞きました。ワタクシとは会いたくないと・・・

最初にワタクシがあのような態度をとったからですよね?

気分を悪くされるのは当然です。

気になる方を目の前にすると特にそうなるんです・・・

と言いました。ツンデレから素直な女にシフトチェンジしたマリコを見て

傍にいたケンジはこのギャップには確かにやられるなと思いました。

その後、ヒロシとマリコは外の空気を吸いに外に出ました。

「あなたはワタクシのことどう思っていらっしゃいますか?」

マリコがそう聞くと、ヒロシは顔を真っ赤にして

「と・・・とても魅力的な女性だと・・・

家柄も何もかも僕の手には届かないような。」

と答えました。マリコはあの家に生まれたのはたまたまのことで、

それを覗けば普通の女の子と何ら変わりはないと言い、

「特に恋などしようものなら・・・」

と切なそうな顔をしました。

ーーーその後、今日会った出来事をまとめた映像を依頼者のクニコに

見せると、こんな情けないヒロシは始めて見たと驚いていました。

そろそろ地獄へ落としますか?とユミが聞くと、

「その前にひとつやることがあります。

今回のケースは私にとって今までにない「新しいサンプル」」

とマリコが答えるので、それは何なのか?と聞くとこう説明しました。

「このままヒロシをバッサリと捨てて地獄へ落とすことは簡単です。

だけど、それだとクニコさんがヒロシに貢いだお金は戻って来ません。

今回の課題は「恋の痛み」だけでなく、「金銭的な制裁」

ヒロシに与えるということです。

クニコさんが貢がされた額、500万をきっちり取り戻します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数日後、マリコはヒロシとデートしました。

その様子をユミとクニコは事務所でリアルタイムで映像で見ていました。

「ヒロシさん 夢を追ってるあなたは素敵ですわ。

あなたのケーキを毎日眺めていたい。

そして・・・ワタクシあなたの夢を全面的にバックアップさせていただきたいのですが。

いかがかしら?」

まさか予想していなかった事を言われたヒロシは驚いて、

それってつまりマリコがパトロンになってくれるってこと?!と喜びました。

「そ・・・それはもう・・・よろしくお願いします!」

ヒロシは心の中で自分の目標はまだまだ先にあるんだから、

これは第一段階にすぎないと思ったのでした・・・

スイート リベンジ【14話】感想

地獄に落とすのは確かにこのヒロシという男は簡単そうですが、

被害に遭ったクニコの500万を取り戻せるなら、

それは嬉しいですよね。だって一生懸命働いて老後のために

貯めていたお金なんですから!ヒロシはすっかりマリコに骨抜きになってるし、

何をしてもどん底に落ちそうな予感がしますね。

まとめ

【スイート リベンジ】14話のネタバレを紹介しました!

自分のパトロンになってくれるとマリコが自ら言ってきてくれたことによって、

心の中でガッツポーズをするヒロシ。

ここからが落とし時・・・次回の話の続きが気になります!

\今すぐ無料で試し読み!!/
コミックシーモア公式サイトバナー

画像クリックで無料試し読みができる

↓↓『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』↓↓

↓↓『またたび荘のシロくん』↓↓

↓↓『隙あらば彼氏の性癖を歪めたい!』↓↓