漫画ネタバレ

【スイートリベンジ】15話ネタバレ!棚から牡丹餅

【スイートリベンジ】“落とし屋”マリコが悪い男たちを恋の地獄に落としまる・・・失恋の処方箋は復讐でした!?あなたの恋、マリコがリベンジします!

初めてのデートでスーパーセレブのマリコと付き合うことを想像して、

今更怖気づくヒロシ。帰りたいと言い始める始末で、

マリコは設定を変更し対応するが・・・?

【スイートリベンジ】15話のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

スイートリベンジ【15話】ネタバレ!

ついに最強のパトロンを手に入れたとヒロシの心は浮足立ちました。

これで夢は叶ったも同然!!

そして最終目標はマリコの家の財産を手に入れることだな・・・と

ヒロシが考えていると、

「ところでヒロシさん ワタクシの本音はあなたのパトロンに

なるよりも・・・恋人になりたいのですが・・・・」

マリコにそう言われたヒロシは、さっきからなんだこのタナボタは!?と

嬉しさでおかしくなりそうでした。

「そ・・・それはもう是非!喜んで!」

恋愛=結婚を前提にと考えますがよろしいですか?とマリコが聞くと、

でも、さすがに何もかも上手く行きすぎじゃないか?と

小者ヒロシがひょっこり顔を出しました。

その様子と見ていたユミとクニコはさっきまでのドヤ顔はどうした!?と

画面に向かってツッコみました。

「ワタクシはあなたは私の一族の将来を担うにふさわしい方だと思うのですが、

できればうちにお婿として入っていただき、

財産の管理を貴方にお任せしたいのですが。

マリコがそう言うと、間髪入れずに

「僕と結婚を前提にお付き合いさせてください!」

とまたドヤ顔に戻ったので、その様子を見ていた全員が

金の亡者め・・・とクソ男を憐れな目で見ました。

ーーーその夜、結婚となるとマリコの両親役は誰がするんだ?という話になり、

マリコはヒロシには両親を会わせないシナリオでいこうと言いました。

その後、2回目のデートの時マリコはヒロシにこんなことを話しました。

「ワタクシ早く両親にあなたのことを紹介したいの

でも父は今仕事でパリに行っていて、戻ってくるのは一週間後。

母は世界一周クルージングの旅に出ておりまして、戻ってくるのは半月後なんですの。」

ヒロシはその話を聞いてさすがセレブだなと思いながら、

お母様が帰って来た時にでもと言いました。すると、

「ヒロシさん!ワタクシ半月後なんて待てません!

とりあえず来週父とだけでも会っていただけませんか?」

とマリコは約束してしまいました。

そのことを側で聞いていたケンジは大丈夫なのか?と心配しました。

そう、FODという会社は実在する企業グループで本物の社長の顔なんて

すぐに検索すると出てきます。

「ヒロシのことですから予備知識として社長の事を調べてると思います。

そこへいくらケンジ君が変そうしてきたとしても、

すぐにに偽物だとバレてしまうことでしょう。

そうなったら今回のお仕事が失敗に終わってしまいます。

でも、心配しないでください。

言ったでしょ?ヒロシには両親を会わせないシナリオでいきますと。

そして急がねばなりません。1人娘のマリコが架空の人物だと

ヒロシが気付いてしまう前に・・・」

それを聞いたユミはそれで少々強引な攻め方をしてたんだと納得しました。

ーーー約束当日、ヒロシはどこのパトロンに買ってもらったか

覚えてもないスーツを着て、同じくどのパトロンに買ってもらったか

覚えてない靴を履き、時計もつけて髪型を整え

いざ、マリコの父親を攻略するための身支度をしました。

そして待ち合わせ場所のレストラン(いつもの)に向かうと、

席に案内されました。マリコの言っていた通り、ヒロシは既に

FODの社長の顔を検索しており、生年月日に学歴・趣味までどんな会話でも

クリアできるように下準備していました。

それにしてもマリコに全然似てない社長の顔を見て不思議に思いつつも、

きっと母親似なんだろうと思うことにしてマリコたちを待ちました。

しばらくすると・・・

「遅れてしまって申し訳ありません・・・」

と言って浮かない顔のマリコが現れました。

父親に急用が出来てしまってこれなくなったと知らされたヒロシは、

気合十分できたのに・・・と残念に思いました。

忙しいのは何よりだし、またの機会に是非とヒロシが言うと、

マリコはため息をつきました。

「元気ないですね どうかされましたか?」

そう聞かれたマリコは何でもありませんと言いますが、

食事が終わって外を散歩している時も浮かない顔をしています。

「あの・・・マリコさん 何か悩み事でもあるんですか?」

ヒロシが気になって再度聞くと、

「え・・・ええ 少し」

とマリコが言うので、ヒロシは僕じゃ相談に乗れませんか?

とマリコの腕を掴みました。

「水くさいじゃないですか!僕たちの仲ですよ?

何でも話してください!僕はマリコさんの力になりたい!

僕に出来ることなら何でもしますから。

と力強くヒロシが行ってくるので、マリコはこう話し始めました。

「実は今・・・ワタクシの父の会社が経営不振で・・・

実は今日父が来れなかったのも金策に走り回ってるからなんです。

ワタクシ・・・将来が不安で不安で・・・」

それを聞いたヒロシはこのままだと財産うんぬん以前に

自分の夢すら危うくなってしまう!と焦りました。

「しっかりしてください!今ならまだ立て直せると思います!

俺も協力します!ああ・・・どうしよう・・・」

頭を抱えてパニックになってるヒロシにマリコはこんなお願いをしました。

「ヒロシさん・・・500万円かしてくださいませんか?

父は・・・今月中にどうしても500万が必要みたいなんです。

こんなこと・・・・他の誰にも頼めません。

婚約者の貴女にしか・・・絶対に会しますから貸して頂けませんか?

お願いします!!ヒロシさん!

500万を貸してくれたひろしは、持っていなくはないが

でもそれは開業資金用に貯めてるお金なのでどうしよう・・・・と悩みますが・・・・?

 

 

スイートリベンジ【15話】感想

金も大事だけど、本気でマリコに恋をしてるようですね~

身も心もボロボロになってくれることを願う!

それからマリコが会社のために500万貸してくれと言って来たけど、

よくよく考えたら大手企業で資金繰りが厳しいと言っても、それを補填するにあたって

500万だけじゃ足りない・・・0が足りない気がする・・・(笑)。

でも、パニック状態のヒロシはそこまで考えて無さそう!

開業資金ってクニコから騙して受け取ったものだから、

それは貯めてるとは言わないんだよ!って思いました(怒)。

まとめ

【スイートリベンジ】15話のネタバレを紹介しました!

婿入りするおお金持ちの家が資金繰りで傾いてる・・・?!

でも500万渡せばすぐ立ち直り、その後の財産のことを考えると今だけだし

渡してもいいのでは・・・?ヒロシどうする?!次回の話の続きが気になります!

スイート リベンジ を【無料】で結末まで読みたい!『スイート リベンジ』最新話まで無料で読む方法!男に復讐をするために会社を立ち上げたマリコ。“落とし屋”マリコが悪いオトコたちを落としていく読んでいてスッキリするストーリー!オトコを落とすマリコの戦略が面白いw...