漫画ネタバレ

【スイートリベンジ】3話ネタバレ!ファーストコンタクト

【スイートリベンジ】“落とし屋”マリコが悪い男たちを恋の地獄に落としまる・・・失恋の処方箋は復讐でした!?あなたの恋、マリコがリベンジします!

コウイチの好みをリサーチし、それに合わせた服装と見た目で

近づいて意識させることに成功したマリコ。ターゲットロックオン完了!

【スイートリベンジ】3話のネタバレを紹介します!

\ココでしか読めない/
BookLive公式サイト

スイートリベンジ【3話】ネタバレ!

コウイチはマリコに声を掛けると自己紹介をし、マリコの名前を聞いてきました。

気持ちよさそうな顔をして自慢話をしてくるコウイチに、

マリコは聞き役に徹しました。

これはマリコにとって仕事というよりも「実験」です。

コウイチの顔はまさに計画通り完璧に主導権を握ったと思い込んでいる顔でした。

マリコは大手の化粧品会社に勤めている設定で、

名刺を渡すとコウイチはウチの会社だって負けてないぞ!と言わんばかりに、

「ちなみに僕は広告代理店に勤めています。」

とドヤ顔で名刺を渡してきました。

そしてわざと驚いたリアクションをして、

急に仕事モードな顔をし、「今度ウチで新製品を出すのですが、

そのプリモーションに迷ってて」と言い、いいビジネスに繋がりそうだと

思わせる作戦を決行しました。

それにコウイチは簡単に引っかかり、「個人的に相談を乗る訳なので、

会社のアドレスではなくて僕個人のスマホにその件は連絡してほしい」と言って来たので、

連絡先を交換しました。

コウイチは簡単に連絡先を交換で来たので、

結構脇が甘い女だとマリコのことを思いました。

ーーーその後、マリコはケンジと合流して

あっさり個人アドレスゲットですねと笑いました。

そして翌朝、「昨日ありがとうございました。コウイチさんと楽しくお話しできて

しかもお仕事の相談にまで乗っていただいて。

よかったら今度もう少しゆっくりお仕事の相談をさせてもらえたら嬉しいです。」

鉄も熱いうちに打てと言わんばかりに、マリコは早速コウイチに絶妙なメールを送りました。

すると、早速返事が返って来て1週間後に食事に行くことになりました。

「飛んで火に入る夏の虫。

モルモット自らじっけんされに願い出るようなもの。

研究者冥利に尽きるわ。

マリコはニヤッと笑いました。

ーーー1週間後

マリコとコウイチは高級レストランで食事をしました。

そしてハンカチを落とした時に、さりげなくボディタッチを入れながら

距離をぐいぐい知事目ていきました。

そしていいころ合いで、近くにいたケンジがマリコに電話をして

マリコは席を立って「もしもし?ケンジ君?」と言い、

コウイチに聞こえるように電話に出ました。

これは他の男に取られるんじゃないかと嫉妬心をくすぐるテクです。

これはポジティブな俺様タイプに効果的なようでした。

ーーー食事を終え、コウイチが「行きつけのBARで飲み直さない?」

と誘ってきましたが、マリコは明日パリで仕事があるから早く帰らないとと断りました。

コウイチのような男はプライドが高く、ステータスを何より気にするので

化粧品会社で華々しく海外を飛び回ってるような女性が大好き・・・・

というのがマリコが得て来た膨大な実験データに基づく仮説なのです!

ーーー事務所へ帰り、1人になったマリコは隣の部屋に入りました。

そこにはおびただしい数のキノコが栽培されており、

その奥へ進むとマリコの生活部屋があります。

そこは物が散乱したゴミ屋敷・・・

今日もマリコはお気に入りの”月曜日のユキ”をポテチ片手に見ていました。

「マリコ」という名は実は本名ではなく、

この映画に登場するキュートで小悪魔的な愛人役の主人公を演じる

加地まりこに憧れてつけた通称なのです。

54年前の名作映画を夜な夜な鑑賞するマリコは、

この映画を見て密かにヤル気を充電し、明日からまた実験の日々を過ごしていくのでした・・・

 

>>続き【スイートリベンジ】4話ネタバレ!

スイートリベンジ【3話】感想

コウイチ分かりやすすぎる典型的俺様タイプでウケますね~(笑)

マリコのことチョロいと思ってますが、こちらの思った通りに

コウイチが行動してくるのでチョロいと思っているところがチョイスカッとです♪

女舐めんなよ!とビンタしたいほど、この男は自意識過剰すぎる!

早く痛い目に遭わせて!マリコ様!!

まとめ

【スイートリベンジ】3話のネタバレを紹介しました!

マリコの作戦にまんまと引っかかって乗ってきているコウイチ。

今回の設定、化粧品会社勤務のできる女・マリコから繰り広げられる次なる実験は?

次回の話の続きが気になります!

【スイートリベンジ】無料で一気に最後まで読む方法とは・・・?