ヒューマンドラマ

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~【ネタバレ6話】双子アイドル・イジメ大炎上

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』
ある日突然ブログが炎上してしまった女性人気ブロガーは、”ネット案件に強い”弁護士無料相談会へと足を運びます。そして、不人気弁護士の保田理と出会い、誰が自分を陥れたのか知るために、情報開示請求を依頼するのですが・・・?!

主婦ブロガー・桐原は、裁判を経て全て終わったものの、元の生活に戻れるわけではなく、嫌な感情だけが残り、保田弁護士から言われた言葉だけが胸に沁みるのでした。そして再び保田弁護士は弁護士無料相談会を開催しますが・・・!?

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』6話のネタバレを紹介します!

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』6話 ネタバレ!

武道館ライブ!「ヌーヌー」来たぜ!!やってやったぜー!!

盛り上がってこーーっ!!

双子アイドルが観客を煽ると大歓声に包まれます。

大人気絶頂の2人に熱狂するファンの中に、保田弁護士のところで働くパラリーガルの加賀美がいました。

事務所でお昼を食べながら、ヌーヌーのライブを映像で再び見ている加賀美はまだ興奮冷めやらぬようです。

ほら見て!と言わんばかりの加賀美をよそに、保田弁護士はせっせと問合せに対して返信作業をします。

「SNSのDMに『うんこ』と送られた。特定したい・・・」という問合せには、DMは情報開示の対象外ですと返信します。

「いやらしそうと書かれた」という場合は、ただの悪口レベルは無理・・・引用したつぶやきに対しての意見感想が不快でも権利侵害ではないと答えます。

「殺すぞ」系はまず警察にご相談を・・・と返信します。

加賀美はそれを聞いて、こっちはなんとも華のないお仕事っすねーと言います。

すると保田弁護士は、世の仕事の大部分は地味の積み重ねだよと言います。

よくゲームなどでは『異議あり!』とかやってますが、実際には怒鳴られたりしているもので、華などありません。

加賀美は掛け軸の『他人事』ももう少し華のある言葉に変えませんか?と提案しますが、保田弁護士は大事なことだからねと言います。

弁護士は自殺率が有意に高くなっています。

だから案件に対して『他人事』という一定の距離感が必要です。

笑い事ではなく、したたかに生き残らなけらばなりません。

するとやっと保田がなんでこんな映像見てるの?と加賀美に訊きます。

先程の話は全然聞いていなかったようです。

超絶ドトーの人気アーティストかつめちゃカワ双子アイドル『ヌーヌー』っすよ。ご存じない!?と加賀美がズイっと前にのめり込んで説明します。

ハンサム&キュートなアイドルユニットの『ヌーヌー』は、スマイルキュートな兄のリオリオとクールボーイッシュな妹のリホリホの双子2人で構成されています。

池袋の路上ライブからスタートして、インディーズからスマッシュヒットを連発し、ついに武道館へと辿り着きました。

パラリーガルの加賀美は、PCもマグカップも全部ヌーヌーという熱狂的なファンです。

すると事務所のインターホンが鳴りました。

深くキャップを被り、サングラスにマスク、パーカーにリュックスタイルの怪しい人が立っています。

帽子をとった瞬間に、加賀美は「ヌーヌーのリオキュンだ・・・!?」と気づき、呆然とします。

えーと、双葉理央さんですね?弁護士の保田です。お待ちしておりましたと言って、部屋へと案内します。

聞いてなかった加賀美は、廊下で保田にブーブー文句を言っていると、おいっ、早くしろよ!時間制だろ?バカなん?と理央が言います。

3人が席に着くと、ホレこれ、ネットの・・・炎上のヤツと言って理央は頬杖をつきながら、スマホを保田弁護士に見せます。

た、態度わりーー!?映像だといい子に見えたのに・・・加賀美は幻滅します。そして、ここに来たのはやっぱりあの件かな?と検討がつきました。

「ヌーヌー中学生時代のいじめ、動画流出!!」

炎上した時に、マネージャーからどういうことだ?と問いただされました。

物凄い騒ぎになっていて、芸能事務所は電話が鳴り止まない状況でした。

最初は見に覚えがないガセネタで、理央はただ笑っていたのですが、真面目なリホはなんで笑っていられるの!?と怒り出しました。

ツブヤイタのリプもすごいことになっています。

うるせーな。だってこれウソじゃん。信じる方がバカっしょ!?と理央が言うと、本当か?中学時代の動画も出てきてるみたいだぞとマネージャーが言います。

動画を確認すると、「オラ、土下座しろー」「うわこいつ犬のフンに顔つけたよ」という酷い内容でしたが、汚い画像で認識できるわけがありません。

おいリホ、泣くくらいならネガリプなんて読むなよ!!と理央が言いますが、リホは頬を伝う涙が止まりません。

事実無根だと言うことで、事務所の公式会見を出してくれることになりました。

すると、急にリホの呼吸が荒くなり、息ができなくなると、そのまま床に倒れ込んでしまいました。

リホは呼吸ができず、床に倒れたまま、苦しそうにしています。

救急車を呼び、過呼吸かもしれないのでビニール袋を用意します。

その間もリホの隣ではスマホからリつぶやきの音が鳴りやみませんでした。

え?ヌーヌーがいじめ?RT

ふーん、興味ないけどRT

なんかやると思ったわRT

おーい!みんなで潰そうぜRT

えーショック、応援してたのにRT

クズ、死ね、消えろ・・・リプ欄が地獄と化しています。

で、いじめてたんですか?と保田弁護士は質問します。

はぁ!?だから事実じゃねぇって言ってんだろ!!と理央がキレます。

保田は確認だからと言ってなだめます。

この態度のままではすっごいいじめてそうに見られてしまいます。

あーそうだ、保田ちゃんさ、ヒボーチューショーしたつぶやきをリつぶやきした奴らって同罪とリオが質問します。

もちろん。RT(リつぶやき)は普通にツブヤキしたのと同じですと保田弁護士は答えます。

もちろんRTした後の意見や論評したものは別です。内容次第ですが・・・元のツブに権利侵害があり、それをRTしただけならば同じ権利侵害をしたとみなされます。

すると、理央はごそごそと資料を取り出します。

これ、まとめサイトと削除して欲しいやつ。こっちはまとめを拡散したツブヤキ・・・あとこれとこれ、RTした奴ら。全部特定したいとリオが言います。

かなりの量の資料ですが、それぞれ種類別にきちんと分けて整理されていて、クリップできれいに束ねられています。

全員さらしあげると言ってパーカーのポケットに手を突っ込んだまま言います。

しかし、初動の奴らだけでも3万RTを超えています。

保田弁護士は少し考えます。

態度はアレだけど、端的に情報をまとめていて、何をして欲しいか明確化して伝えてくるのは・・・さすがタレントというか、最近の若い子はしたたかです。

いいね!と保田弁護士は言いました。

ただ双葉さん、お金も時間も相当なモノになります。いいんですか?と保田が質問します。

ヘーキ、お金が尽きるまでやるから。保田ちゃん、俺ら路上で「武道館行きます!」って言ってた頃から、ずーっとバカにされてきた。でも行った!昔からそう。やるって言ったらやる。できなかった事ねーから。やる!とリオは言います。

そして、その頃リホは、ベッドの中で布団をかぶって苦しんでいるのですが・・・!?

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』6話 感想

有名人の皆さんはみんなこういう苦労をされているのだなと思いました。それにしても、資料を整えて、何がしたいか明確に伝える理央は、頼もしいなと思います。倒れてしまった双子の妹・リホですが、SNSを見ながらとても苦しむ姿がリアルで胸が痛みました。

*まとめ*

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』6話のネタバレを紹介しました!

引き受けることになった保田弁護士ですが、これだけ膨大な量をどのように捌いていくのでしょうか?!それから、リオとリホの心境や周りの人々の変化もどのようになっていくのかすごく気になります。次回も楽しみです!!

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~』
今すぐ無料で試し読み!!

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/