女性漫画

主人恋日記【ネタバレ4話】改造計画!

『主人恋日記』母は売れっ子少女漫画家、兄の樹はスポーツ万能な人気者。そんな家庭で育った葵は自己肯定感が低めで自分に自信が持てずにいた。ある日、同級生のイケメンの世那が家に遊びに来て・・・?

「可愛い」と徳永に言われてから、

あれ以来何度も同じ場面が脳内再生されてしまって・・・?

 

『主人恋日記』4話のネタバレを紹介します!

\最新話★独占先行配信中!!/
まんが王国公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『主人恋日記』4話 ネタバレ!

学校でたまに徳永と顔を合わせると、動悸がしてきて

やっぱりこれは気のせいじゃない?!と葵は思いました。

数日後、実家で樹と世那に「お前徳永好きなんだろ?」

問い詰められ、とっくにバレてしまってた事が分かった葵は

最悪だ・・・と落ち込みました。

樹はノリノリで「あいつなら応援するぜ」と言ってきて、

世那も来てる事だし色々作戦考えようと提案してきました。

まだ自分でも好きだと認める勇気がないから今はそっとしてほしいのにと

葵が想っていると、世那が変に煽ると逆に意欲失くしかねないですよと

樹に注意してくれました。

でもせっかくいい流れだし・・・と樹が言うので、

葵は確かに徳永のことを気になっているけど、まだ好きかって言われると

よく分からないしどうなりたいのかも分からないんだと勇気を出して言いました。

出来れば自分も何か行動したいけど、分からない事だらけで怖いんだと話すと、

その気持ちが良い方向に向かうようにサポートするから

心配するなと世那が優しく言ってくれました。

まず交流を深めて行かないといけないという話になり、連絡先を

どう入手するかということになったのですが、

樹が徳永のインスタと繋がっているため一旦見せてもらうことにしました。

すると犬の写真を多めにアップしており、

樹みたいに自撮りばかりのナルシストじゃなくて葵はホッとしました。

とにかくフォローしてからコメント送ってみたら?と言われた

葵は自分とバレないか?と不安になりました。

むしろにおわせた方がいいと言われ、世那にアドバイス貰って

自分なりにメッセージを考えて勇気を出して送信しました。

返事くれるかな・・・とドキドキしながら、ちゃんと送った事を

世那に報告すると、世那は恋する顔をしている葵を

少し切ない目で見ていたのでした・・・。

その視線に葵は気付かず、樹はこれを機にコンタクトにしてみたらどうか?と

葵に提案しました。

徳永も元眼鏡っ子だったんだし、共通の話題が多い方がいいと

言われた葵は少し納得しながら考えました。

すると母親が帰って来て、3人でワイワイして何やら楽しそうね?と

聞いて来たので、樹が葵の見た目を改良しようと思ってるんだと答えました。

「私そういうの大好き!」と母親はテンションが上がって、

コンタクトに変えるのももちろんありだけど、

メイクを教えてあげたいなと言って、自分の部屋に葵を連れて行きました。

そして葵を座らせて、こういうのに興味を持ってくれるの

待ってたんだ~とルンルンしながら葵にメイクを施していきます。

コンタクトも今度買いに行く?と聞くと、いつもならすぐ嫌がる葵が

試してみようかなと言うので、内心母親は嬉しくて飛び跳ねそうになりました。

これでも20年近く恋する女子たちの味方やってるんだから、

出来る事があれば何でも言ってねと母親に言われた葵は、

少女漫画家というのもただの仕事ではなくて、

そういう思いも乗っかってるんだ・・・と母親の仕事に対して尊敬しました。

ーーーその頃、葵のインスタを徳永がフォローして

さらに丁寧なメッセージまで送ってきたのを樹が確認しました。

しかもなんだか好感触で、これは案外すんなり上手くいくんじゃない?と

樹が騒いでいると、メイクが終わった葵が2人の前に現れました。

眼鏡を外してメイクをして女の子らしいワンピースを着ている葵を見て、

世那は驚いて思わず生唾を飲み込みました。

急に垢抜けた妹を見た樹が葵のことを褒めると、

眼鏡を取ってるから自分ではほとんど見えないんだけど、

こんなので大丈夫なのかな?と聞きました。

「いいよな~?世那?さすが俺の妹って感じじゃね?」

と樹に聞かれた世那は、こっぱずかしくて

徳永のように”可愛い”という単語がすぐに出てきません。

「うん・・・いいんじゃね。」と言うのが精いっぱいで、

答えるまで少しの間があったので、葵は不安になってしまいました。

そのまま近所を歩いてきたらいいんじゃないか?と樹に言われた

葵でしたが、なんだか落ち着かないからいいと拒否しました。

すると・・・

「じゃあ慣らしに行くしかねぇな。

今度俺と2人で一緒にでかけてみるか?」と世那が急に誘ってきたのです!

徳永とデートする日もそう遠くないかもしれないし、予行練習にどうか?と

言われた葵は、これもレクチャーの一環ってこと?と

思いながら、特に断る理由がなかったのであっという間に

予行練習当日を迎えたのです・・・。

 

『主人恋日記』4話 感想

やっぱり徳永に恋しちゃってる!?こりゃ世那は焦るよね~。

所々に出てくる世那の表情がまたいい!!

眼鏡を取ってメイクをしちゃえば葵はただの可愛い女子ですから、

そりゃイケメンの世那もさらにドキッとするよね♡

徳永はサラッと「可愛い」と言ってきましたが、

世那は恥ずかしくて「可愛い」という単語が出てきませんでした。

その感じも好き・・・♡葵に徳永か世那か選べない!ってなってほしいな~。

だからこの予行練習でなんとか挽回してくれ!世那!

*まとめ*

『主人恋日記』4話のネタバレを紹介しました!

デートの予行練習だと言われて、世那と2人きりで出かけることになった

葵ですが・・・?次回の話の続きが気になります。

\今すぐ無料で試し読み!/
まんが王国公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/