ファンタジー

転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい【ネタバレ】大好きな小説の中に転生した親友同士だったが・・・?

『転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい』

前世で大好きだった小説に転生した悪役令嬢・マリクレージュと

前世で大好きだった小説に転生した・ユレイユ。

帝国の王子兄弟がそれぞれ婚約者なのに突然婚約破棄を言い渡されて・・・?

 

『転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい』のネタバレを紹介します!

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい』 ネタバレ!

小説「オルレア~2人の王子~」

兄・エデルワードと弟ヒューレイの王子兄弟が協力し、

国を治める物語である。

ひと月前、マリクレージュとユレイユに転生した女の子たちは、

前世でこの小説を見ていたことを思い出しました。

2人は一緒にいて事故に合って亡くなってしまった親友同士・・・

まぁ、こんなこと思い出したらとことんこの世界で楽しむしかない!

前向きなマリクレージュと泣き虫ユレイユは前世ではコンプレックスの塊でしたが、

自分達が憧れていたそれぞれのヒロインに転生できたことを知って、

興奮していました。

マリクレージュの婚約者はエデルワード、

ユレイユの婚約者はヒューレイ・・・

これもまた自分達が憧れていた人物で盛り上がりました。

でも、小説の中ではマリクレージュはエデルワードのことが好きじゃない設定でした。

マリクレージュが婚約者になったのは、オルレア主要都市の領主伯爵の娘だったからで、

国のための形だけの婚約関係でした。

そして結末的にはマリクレージュはエデルワードに毒を盛ろうとして、

婚約破棄されてしまうというオチなのです・・・

でも、事実を知っている今のマリクレージュは毒を盛ったりなんてしません。

エデルワードのことが本当に好きだからです。

2人は結束して、それぞれの王子とパーティーまでにラブラブになろうと約束しました。

と思ったのも束の間、王子たちは公務ばかりでまともに会えないし話せません。

どうにかしないととお茶に誘うと、

「お茶の誘いは珍しいですね。ご用件は?」

と言われ、この時間は手が空いてると伺ったのでお誘いしたんですと

マリクレージュがそう言うと、「そうですか」と言った感じで話が続きません。

それからも会うこともできず、エデルワードは多忙で食事も別々で

マリクレージュは上手くいかなくて思わずヤケ食いしてしまいました。

食事を1人でとっていると、通りかかったヒューレイが

「兄さんと一緒ではないのですね。」

と声をかけてきました。

食事が終わると、気が沈んでいるマリクレージュに気付いたのか

ヒューレイはテラスで一緒に月を眺めながらお酒を交わそうと誘ってきてくれました。

いつも細やかなことに気が付くヒューレイに、

マリクレージュは「やっぱりヒューレイ様なんだー」と思いました。

マリクレージュがそう思いながら笑顔でいると、

「驚いたな。いつも好きを見せない貴方のそんな顔が見られるなんて。」

と言われたので、マリクレージュは恥ずかしくなりました。

どうすればエデルワードと仲良くなれるのか悩んでいると言うと、

生まれながらの婚約者にそのような事を聞かれるとは驚いたと笑われました。

「・・・我々はこの国 オルレアに近いを立てた身・・・

恋や愛を語らおうなど考えてはないのです。」

とヒューレイが答えたので、

「それが王家のつとめならそんなの寂しいよ・・・

王家の人だって幸せになっていいはず。

・・・・私は好きになりたい。この世界で生きて行きたい。」

真っすぐなマリクレージュの瞳にヒューレイは目が離せないでいました。

「・・・兄さんが羨ましいな。」

ヒューレイはボソッとそう言うと、

「全く今日の貴方は私には甘すぎます。」

とフェロモン全開できたので、マリクレージュはドキッとしました。

ーーーその頃ユレイユは、猫を助けるために木に登っていました。

そんなユレイユをエデルワードは偶然にも目撃してしまいました。

飛び降りるところを見られて、着地に失敗したユレイユを

エデルワードは笑いました。

綺麗な紫と青の瞳・・・もっと近寄りがたいと思っていたのに、

ちっとも怖くないなんて!とユレイユはドキドキしました。

マリクレージュにそんな一面もエデルワードはあるんだと教えてあげようと

思いながらユレイユはその日眠りにつきました・・・。

その後はなぜかマリクレージュはヒューレイから、

ユレイユはエデルワードから呼び出されることが多くなりました。

その度にヒューレイにはユレイユがどれだけイイ子か、

エデルワードにはマリクレージュがどれだけ素敵な子がを

語りつくしました。

ーーーそしてパーティー当日

食事かいも何事もなく終わったので、小説のようにマリクレージュが毒を盛ることもありません。

ユレイユとマリクレージュはホッとしました。

そんな中、なんとユレイユとマリクレージュは王子兄弟に婚約破棄を

させて欲しいと申し出られたのです!

なんで!?あれほどあの子はいい子だと売り込んだのに!!

納得のいかないマリクレージュはヒューレイに

「なんでユレイユまで婚約破棄されてんの!?」

と反論し、ユレイユもまたエデルワードに

「あなたのようなお方がマリクレージュ様の良さが分からないはずありません!」

と言いました。すると、王子2人はマリクレージュとユレイユのどちらが

悪いと言うわけではないと話し、

「けれどもう戻れない」

と父親の国王陛下の前で2人してこう言ったのです!

「どうか愚かな息子2人の願いを聞き入れていただきたい。

2人の婚約をすべて白紙に戻し、そして新たに

私(エデルワード)とユレイユ殿

私(ヒューレイ)とマリクレージュ殿の、

婚約をお許しください!

その言葉を聞いたマリクレージュとユレイユは心底驚きました。

だって、小説で決まっていたはずの婚約者が入れ替わりを申し出てきたのです!

どういうことか説明してよ!マリクレージュがヒューレイにそう問いかけると、

「どうかマリクレージュ殿、説明ではなく存分に口説かれていただきたい。

貴方が教えてくれたんですよ?我々も幸せを選んでいいのだと。

ただ愛する者と結ばれたいのです!

と言ってヒューレイは甘い顔でマリクレージュを抱き上げたのでした。

 

ーーーー完

 

『転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい』 感想

小説通りに毒殺未遂とかなくてよかった~。

それに、それぞれ好きなキャラになれて

しかも好きな相手の婚約者になれてるとか最高過ぎる展開やん!

でも、いざその世界に入り込んでみると上手いようにいかなかったみたい・・・

でも、その代わりに本当に心から愛してもらえる相手と

婚約し直すことが出来たようです。

まぁどちらにせよお互いハッピーエンドでよかったよね♪

イケメン王子に好かれて羨ましすぎました(涙)。

*まとめ*

『転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい』1話のネタバレを紹介しました!

婚約者は交代したけど、でもこの方が絶対ハッピー!

転生したからには幸せにならないとね!

イケメン王子と婚約なんて羨ましすぎるぞちくしょーーー!!

悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!アイキャッチ画像
悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!【無料】全巻イッキ読みする方法『悪役令嬢ですが、幸せになってみせますわ!アンソロジーコミック』無料で読む方法!最新刊4巻の収録内容ネタバレあらすじをご紹介。「婚約破棄をしろと言われたけれど…」「騎士国最恐令嬢による剣と拳と恋愛術」「愛しているから仕方のない話」「転生令嬢たちは愛する者と結ばれたい」「悪夢の卒業パーティー」「悪役令嬢…させなさい!!」...