ファンタジー

転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります【ネタバレ2話】父親の再婚

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』5歳の時に誘拐されたことをきっかけに、自分が日本から転生して悪役令嬢になった事に気づく。心配性な父親のもとに引きこもって、破滅フラグを回避することに決めたアルベルですが・・・?

アルベルの思惑通り引きニート幼女になることに成功。

そのため公爵家を継がせるために養子をとることになり・・・?

 

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』2話のネタバレを紹介します!

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』
最新話独占先行★今すぐ無料で試し読み

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』2話 ネタバレ!

新生アルベルとして再出発をして半年ほどたった時、

グレイルが再婚することになりました。

分家の子爵が男爵の末息子らしいが、魔力が強いためその母親ごと

引き取ることにしたのです。

なんで母親も一緒にというと、引きニートに加えアルベルはあの誘拐事件以来

男性が苦手になったからでした。

年齢の近い子供や女性は平気なので、引きこもり娘の話相手も兼ねて引き取られた

養子・キシュタリアはうつろな目をしてぼんやりしている子でした。

幼いころからアルベル付きの従僕・ジュリアスが彼らは貧乏男爵家の愛人の1人だった

母親とその息子で、はした金であっさり2人を男爵が渡してきたことを

こっそり教えてきました。体のいい厄介払いをされた事を知ったアルベルは

2人が可哀想に感じました。

本家原作のアルベルは、そんな2人をイビリまくり最終キシュタリアに復讐されると

いうルートがあるのですが、イビリまくるなんて考えてもないアルベルは2人と

仲良く過ごすことに決めました。

アルベルを溺愛するグレイルを使って色んな料理を惜しげもなくお金を使って作らせ、

調味料まで作り、次は味噌と醤油を作りたいな~とアルベルは考えていました。

義家族2人とは別に仲は悪くないのですが、ここに勤める歴が長いメイド・ドーラは

好きではありませんでした。彼女は誘拐事件以来暗闇恐怖症かつ閉所恐怖症なのを

知っていてアルベルが寝た後でランプを消したり、わざとカーテンを

閉め切ったり顔に布を被せていったり意地悪をするのです。

ドーラはアルベルのなくなった母親の専属メイドだったため、屋敷でかなり幅を利かせており、

よくしてくれるメイドのアンナと従僕のジュリアスは有能だけど若いため、

鍵の使用権とか他の使用人を顎で使える度合いはドーラに軍配があがっていました。

それでもグレイルに言えば即刻首を飛ばすだろうからあまり言いたくなく、

アルベルは我慢していました。

まぁそんな我慢ができるのも眼福があるから・・・

義弟のキシュタリアもジュリアスもめちゃくちゃイケメンで、乙女ゲームの

顔面偏差値はなんでこうも高いのか!とツッコみたくなるぐらいでした。

そんな中、キシュタリアに「僕の事や母上のこと嫌いじゃないの?」と聞かれた

アルベルは、嫌いじゃないけど少し怖いと答えました。

すると曇りなき眼で「僕 こわくないよ」とキシュタリアが言い、

グレイルにアルベルの為にここに連れてこられたことは聞かされてるからと

話してくれました。

それからというもの義理の母と弟懐柔作戦と称して、最低限の礼儀作法や

勉強以外すべて食生活改善に充て、作った色々なものの意見が聞きたいという名目で

たびたび茶会に2人を招待しました。

そんな事を繰り返していると義母もアルベルも太ってきてしまい、アルベルは

ダイエット製品の開発をすることに簡単に決めたのです!

まずは形からということでスポーツウェアを作る事にしました。

この世には女性用のスポーツウェアがなく、それどころか貴族社会においては

ドレスの格式序列がある程度でした。そんな中プリンセスラインはAラインしか選べない

ドレスに嫌気がさしていたアルベルは義母はすらりとしたスタイルの良い美女なので、

義母に似合うようなドレスもプラスで作る事に決めました。

別にこの国にファッション革命を起こすつもりではありませんが、

ただ単に超絶ロマンティック系ドレスを強要されるのがごめんなのです。

出来上がったのは「マーメードドレス」!それを義母にプレゼントし、

グレイルと夜会に向かってもらうことにしました。

将累乗だけの夫婦でそれこそ雲の上の存在のグレイルですが、娘に頼まれて

義母と2人で夜会に行くのだから無体なことはしないだろうと

2人をキシュタリアと一緒に見送りました。

すると、ジュリアスにもうお針子や機織り場まで抑えているからこのドレスブランドの

名前はどうするか?と聞いてきました。

そんなつもりはなかったのにそういうことになってしまったアルベルは、

悩んだ末に「アンダー・ザ・ローズ」という名前をドレスブランドにつけることにしました。

キシュタリアと2人きりになった時、「僕アルベルが大好きです」と頬を赤らめて

告白されました。まぁ乙女ゲームの攻略キャラだしね・・・とアルベルは思いながら、

10年後も同じセリフが言えたら考えさせてとその場を切り抜けました。

こんなに健気で可愛く成長した義弟が可愛くてしょうがないアリベルなのでした・・・。

 

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』2話 感想

色んなキャラがここに来て出てきましたね~。

アルベルが引きニートになったため、グレイルは再婚して養子にとキシュタリアを

迎えました。義母も普通に着飾ったらきれいな人で、

ついでに迎え入れましたが、「冷酷魔王」と呼ばれているグレイルと

ここにきて恋に落ちたらちょっと面白いな~と思っちゃいました。

キュロスも可愛くて尊い・・・♡ゲーム内ではこんないい人2人を虐めていた

アルベルですから、さぞ性悪なんだろうな・・・と想像できました。

*まとめ*

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』2話のネタバレを紹介しました!

別に働くつもりもないし、好きな事をしてだらっと引きニートを

してればいいやと思っていたアルベルですが、

ドレスブランドを意図せず立ち上げることに!

これは忙しくなる予感がする・・・次回の話の続きが気になります。

『転生したら悪役令嬢だったので引きニートになります』
今すぐ無料で試し読み