漫画結末ネタバレ

友達ごっこ【ネタバレ最終回】結末が知りたい!

友達ごっこアイキャッチ画像

『友達ごっこ』 を知ったきっかけは、漫画アプリのおススメで知りました。試しに読み始めてみたら面白かったので、一気に読んでしまいました!

12巻で完結しています。

では、さっそく『友達ごっこ』結末ネタバレを紹介します!

漫画『友達ごっこ』は絵付で読んだ方が断然面白いです!そんな あなたに無料で『友達ごっこ』を読む方法も教えちゃうので、よかったら参考にして下さい★

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ

『友達ごっこ』あらすじ

主人公の紫月は、いつも繭と百合と仲が良く、親友でした。

そんなある日、繭が紫月に携帯を使っていじめをしてきます。

その時は携帯を壊して違うと証明しました。

後に、学年が上がる時に先生にスカウトされ、バレー部に入ることになった紫月。

しかし、そこでも後輩が妬んで紫月にいじめをしてきました。

3年になる時にはクラス替えがあり親友と別れ新しいクラスの子と友達になる紫月。

その途中で職業体験があり、小学校に行ったことがきっかけでクラスメイトの坂本と学校の先生になりたいと思うようになります。

『友達ごっこ』感想

『友達ごっこ』1巻を読んだときの感想

学生生活でのいじめが題材になっていますが、紫月が前向きな性格でとても良いなと思いました。

しかし、色んなトラブルに巻き込まれてしまうのは、やはり可哀想な感じもしましたね。

『友達ごっこ』続きを読みたくなった理由

最初は親友がいじめをしますが、その犯人が最初は分からなかったので、知りたくなって続きを読みました。

『友達ごっこ』最終回結末ネタバレ

紫月は親友に部活に色んな嫌がらせを受けてきましたが、坂本はずっと変わらずに紫月を支えていました。

紫月は坂本のことを、大切な友達だと思っていたのですが、坂本はずっと好きだったのです。

最後は卒業式の場面で今まで出てきたみんなとの再開があり、紫月の前向きさにはとても感動しました。

性格もポジティブで強気で思ったことを素直に言えたりする人柄にとても憧れました。

『友達ごっこ』印象に残ったシーン

バレー部での後輩が紫月に陰湿ないじめをするシーンが印象的です。

後輩は友達を使っていじめたりと、自分から手を下さないで意地悪をするところがとても嫌だなと感じたからです。

好きな登場人物は、

主人公の紫月です。

性格から笑顔から全て完璧な女の子です!

はっきりと物事を言える性格はとても良いなと感じました。

『友達ごっこ』を無料・お得に読む方法

配信サービス名 配信状況
U-NEXT
music.jp
ebookjapan
BookLive
まんが王国
コミックシーモア

(2021年6月現在:最新情報は各サイトでご確認ください)

友達ごっこ
<引用元:BookLive>
[ BookLive ]なら、『タイトル』を初回無料登録でもらえる50%OFFクーポンで お得に読むことができます☆
1巻単価円⇒半額価格 <50%OFFクーポン>

テレビCMでおなじみだから安心して利用できる
新規登録で50%OFFクーポンがもらえる
使いやすい電子書籍ストア№1
マンガ、ラノベ、雑誌など300,000点以上
月額料金は必要なし⇒ ほしい本を買う
無料試し読みが充実⇒ 買う前にチェックできる
毎日クーポンガチャが引ける⇒ ハズレなし
■ Tポイントが使えて・貯まる
■ スマホのキャリア決済にも対応
50%OFFは1冊のみ

BookLiveをもっと詳しく!!
BookLiveの登録・解約方法を解説!評判も調査

\今すぐBookLiveで読む!/
BookLive公式サイトへ


『友達ごっこ』が気になるあなたへ

こちらのまんがもオススメです!
デブとラブと過ちと!アイキャッチ画像
デブとラブと過ちと!【ネタバレ全話】スーパーポジティブラブコメヒューマンサスペンス!『デブとラブと過ちと!』ネタバレ1話~最新話までのあらすじをまとめました!コンプレックスの塊だった主人公が大事故に遭い一命を取り留め…目が覚めたら超ポジティブになっていた!...
かげひなたの恋アイキャッチ画像
かげひなたの恋【ネタバレ全話】ほんとうの私はどっち?『かげひなたの恋』ネタバレ最新話を随時更新!事故により、記憶を失った悠木日向(18)は、ある日、おかしな出来事が降りかかり始める。自分の物ではない日記・・・突如話しかけてくる見知らぬイケメン・・・本当の私は・・・?...

*まとめ*

『友達ごっこ』最終回結末ネタバレを紹介しました!

今まで読んだ漫画の中で間違いなしのオススメです!ぜひぜひ漫画家さんの素敵な絵付きで楽しんでください♪

\初回ログインで半額クーポン/
ebookjapan公式サイトへ