漫画ネタバレ

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】1~5話ネタバレ!内心どう思ってる?

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】武士・由依宗次郎の元に嫁いだお千夜は、いつも愛想笑いを浮かべていた。自分が不甲斐ないから打ち解けてくれない!宗次郎はそう思っていたけど、お千夜はただただ旦那様が大好きなだけだった・・・・!

いつも愛想笑いばかりしている嫁の内心が分からない・・・・

もしかして嫌われてる?!自己評価の低い宗次郎は・・・?!

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】1~5話のネタバレを紹介します!

嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる【1~5話】ネタバレ!

【1話】

お千夜は嫁いで来てから愛想払いばかりしていました。

宗次郎が話しかけても困った顔で頷くだけで、夫である自分の事を立ててくれてるのか?

それとも内心自分の事が気に食わないのかもしれない・・・

元々親が決めた結婚だから納得いってないところも多いはずだしと宗次郎ま毎日悶々としていました。

それにしてもお千夜はよくできたよめで、家事全般はそつなくこなし

おまけにめっぽう美人でした。

お千夜にとっては自分はいい伴侶ではないかもしれない・・・宗次郎は落ち込みました。

やはりここは一度本音で話し合いをすべきだなと思った矢先、2人の歩いている目の前で

盗みが起き、向かって来た泥棒はお千夜に「どけ」と言い、走り逃げて行こうとしました。

宗次郎は咄嗟に脇差を抜き、泥棒に刃を向けました。

「おい・・・誰の嫁に向かって「どけ」と申しておるのだ。」

冷たい目で睨むと、すぐに役人がやってきて泥棒を捕まえていきました。

お千夜に野蛮なところを見せてしまった・・・・引かれたかもしれない・・・

宗次郎がお千夜の顔を見ると、なにやらデへ♡とした顔で、腕を掴んで見つめています。

【旦那様かっこいい・・・力強い・・・好き好き・・・】

愛想笑いしていたわけでなく、だらしない顔を我慢していただけのお千夜なのでした。

 

【2話】

ある日、今日も愛想笑いをしてお千夜が稽古場に握り飯を持ってきました。

それを見た宗次郎は嬉しくて、

「かたじけない・・・・お千夜の握り飯は絶品であるからな。

と言って照れ笑いをしました。

その表情を見たお千夜は顔を真っ赤に赤らめました。

「どうしたお千夜?少しいつもと表情が違うような・・・」

お千夜は顔を真っ赤にしたまま何も言わず、握り飯を渡すとその場をダッシュで去って行きました。

気を遣って握り飯を作ってしまったのに逃げてしまった・・・

宗次郎は自分の顔がそんなに怖かったのだろうか?と落ち込みました。

ーーーお千夜はその場を去った後、1人になると宗次郎の笑顔を思い出しニヤニヤしました。

【あの眩しい笑顔を向けられたら千夜は・・・このような劣情を抱くなんて、

何と千夜ははしたない女なのでしょうか・・・・】

 

【3話】

酒の席なら落ち溶けられるかもしれないと思った宗次郎は、お千夜にお酒を勧めました。

10分後・・・酒に弱い宗次郎は早々に酔ってしまい、実は酒が強いお千夜は

まだまだこれからといういい感じに仕上がりました。

宗次郎に目をやると、酔って眠ってしまったようで

お千夜は「今ならいける!」と思い、大好きな宗次郎に近づいて

まじまじ寝顔を見つめました。

ーーーしかし、宗次郎は視線に気づき起きてしまったのですが

お千夜が凝視してくるので目を開けたくても開けられずにいました。

もう3周ぐらい宗次郎の周りをまわりながらジロジロ見てくるので、

伴侶として頼もしいか改めて見定めているのか?そう思って耐えました。

しかし、その後も吟味は続きなんと10周ぐらいお千夜は宗次郎を見つめながら回ったのでした。

 

【4話】

思いのほか勤めが早めに片付いた宗次郎が家に帰ってくると、

千夜は洗濯物を畳んでいました。

宗次郎がいないところではお千夜は凛々しい表情をしているので、

いつもこんな美人な嫁に愛想笑いをさせている自分が宗次郎は情けなく感じていました。

そーーーっと後ろから近づくと、宗次郎の着物に鼻をつけて、

お千夜は匂いを嗅ぎながらうっとりしていました。

しかし、その姿は宗次郎には臭いがキツイから入念に確認されているのか!?

とショックがる出来事でありました。

本当の所はお千夜が宗次郎の匂いが好きで嗅ぐ趣味があるだけなのでした。

 

【5話】

帰宅途中に酔っ払いの侍に掴まったお千夜は、掴んで来ようとしたその手を薙ぎ払い

成人男性を地面に転がせてしまいました。

もう1人いた侍に、「貴様!」と言われましたが、

「あいにく嫁いだ身でございまして。

自重してくださるようお願いできればと・・・」

と言ってお千夜は侍たちを睨みつけました。

「お主のような小娘が嫁だと!?こんなじゃじゃ馬娘?に旦那がおるとは思えんな!」

1人の侍が暴言をお千夜に吐いたその瞬間・・・!

「某の嫁である」

と言って般若の形相の宗次郎が後ろから現れました。

一刀流剣豪の有名な男・宗次郎が旦那だと知った侍たちは青ざめました。

「果し合いなら某が相手しよう。」

宗次郎がそう言うと、男たちは畏れ多いと一目散に逃げていきました。

お千夜は男の人に手を挙げているところを宗次郎に見られた・・・

嫌われてしまうかもしれない・・・そう思って青ざめました。

「お千夜・・・先ほど男を投げていたように見えたが・・・」

そう言われたお千夜は「もうだめだ」と思って謝ろうとしました。

すると・・・

「あっぱれだ!其方は強いのだな!」

とまさか褒められたのでお千夜は驚きました。

「自分より大きい男を倒すとは。

そういえば義父上は同情の師範であったな。

娘の其方が強いのもうなずける。

其方のような妻を持てて某は誇らしいぞ。

その言葉を聞いたお千夜は涙が出るほど嬉しく、さらに宗次郎が好きになり

一方宗次郎は内心あの侍たちにブチ切れていたのでした。

 

>>続き【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】6~10話ネタバレ!

嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる【1~5話】感想

お千夜は宗次郎が大好きすぎて、ヘンな顔を見られたくないと平然を装っていたので

宗次郎には愛想笑いだと思われてたのですね~。

お互いの勘違いぶりが可愛すぎる・・・♡

なんやかんやで2人ともお互いの事が大好きで、うまくいけてる夫婦なんだなと思いました。

宗次郎の自己評価の低さが笑いますが、そこがいいとこなんですよね!

てかイケメンだし最高!!

まとめ

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる】1~5話のネタバレを紹介しました!

まだまだお互い好かれてないとか両想いなのに気付かないまま話が進みそうですね。

そんな時、お千夜の妹が訪ねてきて・・・・?次回の話の続きが気になります!

嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる【無料】で読める方法を調査!『嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる』嫁いできた嫁は美人で家事もできて申し分のない。でも、愛想笑いばかりの お千夜に 自分のことが気に食わないのかも…と宗次郎は悩む。お千夜の愛想笑いの理由が面白い!!ウブな夫婦の純愛ストーリー。…最新話まで無料で読む方法!...