女性漫画

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~【ネタバレ10話】悪い男だったらどうする?

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』 人事コンサルタントの皆川佑人。組織改革には首切りも必要で、仕事に感情を持ち込まないことから、死神または氷の男と呼ばれています。ある日、行きつけのバーで泥酔した女に絡まれます。すると彼女が情報漏洩問題に関わっている可能性があると分かり・・・!?

奈都が皆川の家へとやって来ました。フードデリバリーが届くまでの間、皆川は軽いジョブのつもりで、「寝室見て置きますか?恋人なら当然長く過ごす場所ですから」と奈都に言いますが・・・!?

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』10話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』10話 ネタバレ!

動揺する江藤奈都・・・しかしどうにか平静を装ってはいっ!と返事をします。

皆川佑人こちらです。どうぞと言って自分の寝室を見せます。

今、手を伸ばせばどれだけ怖がるか・・・そんな考えが頭をもたげるのだから男は怖い・・・

男の部屋だぞ?

僕が悪い男なら・・・

そんなに警戒しなくて大丈夫ですよ。お仕置き部屋ではないので・・・冗談ですと皆川が言うと、冗談はやめてください!と奈都は言います。

皆川は思わず奈都の顎をつかみ、顔をまじまじと見ます。

涙の跡はそのままですが、唇に艶があります。

僕に気をつかってくれたのか・・・

このまま・・・ベッドの押し倒したくなる衝動に駆られます。

ピンポーン

インターホンが鳴ります。

食事が届いたようです。

適当に注文してしまいましたが・・・と皆川が言うと、何でも食べます!と奈都が言います。

皆川は今自分が何をしようとしてたのか・・・我に帰って気を取り直します。

皆川は奈都のためにひつまぶしを用意しました。

随分嬉しそうですね。鰻はお好きでしたか?と質問すると、大好きです!高いから久しぶりで・・・と奈都が言います。

喜んで、恥ずかしがって、顔を真っ赤にしながら、美味しいですと言って奈都は食べます。

いつ見ても飽きないな。

さて、少し踏み込むか・・・遊んでいるわけはないのだから。

女性に鰻は微妙かと思ったんですが、今日はこってり系がいいかと思って。今日は昼抜きだったのでは?と皆川が切り込みます。

奈都はうつむいてはい・・・と答えます。

その頬の涙の原因は聞きましたと皆川が言うと、私のミスで・・・提出するのが遅れました。すみませんでした・・・と奈都が答えます。

僕に謝る必要はないですよと皆川は言います。

沈黙が流れます。

嫌な話題かもしれません。

しかし、今迷子を見捨てるわけにはいきません。

先週、約束が流れたのは伝票整理のためとおっしゃっていましたよね?セミナーでの居眠りも前夜は持ち帰り作業していたと。今日のことも無関係ではないのでは?と皆川が言います。

沈黙は認めたと言うこと。

彼女の言葉を引き出すべし。

昼食を食べられず、頻繁に持ち帰り作業で寝不足になっている。職場に問題があるのが普通でしょうと皆川が言います。

すると、奈都は雑用の負担が重くて、自分の仕事が後回しになるんです・・・と言います。

企画本部には事務職がいませんね。あなたがその代わりを?と質問すると、若手がすることになっていますと奈都が答えます。

確か他にも若手社員が一名いたはずですがと皆川が問いかけると、はい、でも永田さんは男性ですし、東大を出ていますから・・・と奈都が答えます。

いかにもあの企業らしい・・・行き先は危ういな・・・と皆川は判断しました。

ナンセンスですねと皆川は言います。

以前部長が、金の卵に辞められたら、自分の評価に傷がつくと言っていたので・・・と奈都は言います。

あの本部長か・・・

やはり何とかしなければならないようです。

それよりも気になるのは・・・

一番信頼できる上司は?相談しましたか?と皆川が言います。

すると、東条主任です・・・相談はまだしていませんと奈都は答えます。

「東条」・・・

相談しなかったのは「いい部下」でいる為、肩肘を張っているのだろうと皆川は分析します。

が、しかし、東条は何をしている?

直属の部下なら彼女の置かれた状況が見えているはずです。

伝票入力の手助けも結構だが、一時の助け舟より、上司なら根本的な解決策を打ち、彼女にも自覚と自立を促すのが取るべき筋だろうと皆川は考えます。

そんな彼に感謝し、崇拝しているのだから、それでもいいのかもしれない・・・しかし、どうしても放っておけない!

目を覚ませ!

確かにあなたの置かれている状況は理不尽です。でもあなたにも原因がある。

そう言われた奈都はかぁっとします。

部下のこんな状況を放置している東条主任も上司失格ですよと皆川が言うと、主任は悪くないです!主任は広報から来た人だから、発言しにくいんだと思います!と奈都は顔を真っ赤にし、ムキになって言います。

だからせめて伝票入力を?ズレてますよと皆川が言います。

皆川さんは主任のこと何も知らないじゃないですか!と奈都は怒ります。

すると皆川は、ええ、知りません。では今後、あなたの大好きな東条主任のことは触れずにおきますと言うと、さらに奈都はかあっとします。

怒っても、泣いても、好きなだけ僕を嫌えばいい

逃げてはダメだ。痛い部分を直視してもらいたい。

”でも”ばかりの返答で、本気で現状を変えたいと思っているようには見えません。健気に頑張る部下でいたいのであれば、僕は邪魔しませんがと皆川が言います。

すると、奈都の感情が一気に溢れ出します。

机の上で理屈ばっかりこねてる男なんか、私たち女がどんな思いをしているかなんて分かるわけない!!男なんて女を都合よく使うだけじゃない!散々雑用をやらせておいて、可愛げがないとかっ、専門職扱いするくせに、男の下請けして・・・!女性が伸び伸び働けるなんてそんなの一部だけでっ・・・!会社も嘘ばっかり!

そうだ、吐き出せ

すみません・・・そう言って奈都は泣いている顔を手で覆います。

その通りですねと皆川は言います。

法律が変わっても長年沁みついた意識はなかなか変わりません。

既得権益を手放したくない男の甘えもあります。

でも、あなたもそうではありませんか?雑用に甘えて、自信を守ろうとしていませんか?と皆川は投げかけます。

すると奈都はだって私は・・・成果らしい成果を上げてないから・・・と言います。

それが当たり前、それが企画という仕事ですと言って皆川はハンカチを差し出します。

だから非常にメンタルの負担が大きく、精神疾患の多い職種です。叩かれても前に進む力が必要なんです。ヒット商品の陰には、無数の試行錯誤がある。無駄に見えてもあなたのやっていることには意味があるんです。前に出て自分の力で勝負してください。誰かに助けてもらえるのを待っていてはダメですよ。

そう言うと、奈都ははい・・・と素直に返事をしてハンカチで涙を拭います。

彼女の涙は苦しんだ証です。

そして、奈都はソファーで眠り込んでしまいました。

好きでもない男の部屋で眠りこけるとは・・・忘れたのか?僕と過ごしたホテルの夜を・・・

皆川は奈都の唇に触れたい衝動に駆られます。

僕がもし、悪い男だったらどうするのだ?

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』10話 感想

”氷の男”こと皆川さんらしい言葉がたくさん出ていましたが、その言葉の裏側には全て優しさがあることがわかりました。奈都には傷つく言葉も多かったかもしれませんが、すごくいい言葉が多かったように思います。それから、二度も奈都に触れたい感情に苛まれていたようですが、皆川さんがはっきりと恋に落ちてる気がした回でした。

*まとめ*

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』10話のネタバレを紹介しました!

皆川の家ですっかり眠り込んでしまった奈都ですが、皆川は衝動を抑えることができたのでしょうか!?氷の男だけれど心優しい皆川と魅力たっぷりの奈都、2人の関係を応援したくなります!次回も楽しみです。

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

\画像クリックで無料試し読み/

\画像クリックで無料試し読み/