女性漫画

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~【ネタバレ9話】迷子の涙

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』 人事コンサルタントの皆川佑人。組織改革には首切りも必要で、仕事に感情を持ち込まないことから、死神または氷の男と呼ばれています。ある日、行きつけのバーで泥酔した女に絡まれます。すると彼女が情報漏洩問題に関わっている可能性があると分かり・・・!?

皆川は奈都と会う予定をしていましたが、奈都の仕事が終わらず、東条主任に手伝ってもらい、2人で残業をしていることを知り、嫉妬に近い感情を抱きます。そして、事前のすり合わせは後日自分の自宅でやりましょうと伝える皆川ですが・・・!?

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』9話のネタバレを紹介します!

\7日間無料で読み放題!/
シーモア読み放題公式サイトへ

\画像クリックで無料試し読み/ \画像クリックで無料試し読み/

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』9話 ネタバレ!

迷子はいわば天然記念物です。

あの平凡さが珍しかっただけ・・・

だからこうして、箱の中に閉じ込めて鍵をかけてしまえば、もう不必要に思い出すことはありません。

それなのに今日は・・・僕は自らその鍵を開けてしまうのだ・・・

仕切り直し当日、順調に仕事は進み、亜武電機での仕事も目途が見えてきました。

漏洩問題もあとは迷子から情報を搾り取るだけです。

堀内との食事会が勝負どころです。

今日はそのための下準備の日です。

打ち合わせが終わって、廊下を歩いていると、奈都が書類を抱えて目の前を走り去って行きました。

随分焦ってる様子です。

迷子・・・?

オフィスビルで走る人間などほとんどいません。

気になって追いかけてみると、人事部に入って行きました。

何かトラブルのようです。

まあいい・・・

夜に会った時に聞けばいいことです。

ああもう!

やっぱり放って置けません。

今聞けば良いだけの話です。

踵を返した瞬間に、ドンっとぶつかります。

目に飛び込んできたのは、目に涙をいっぱい溜めた迷子でした。

すみませっ・・・と奈都が言います。

奈都の泣き顔を見た瞬間、皆川の心臓がドクンとします。

ごめんなさい!!と言って奈都は手で顔を覆い、その場を去ろうとしますが、皆川が腕を掴んで引き止めようとします。

しかし奈都はその手を振り解き、去って行きました。

仕事で泣く女性のことは、いつも皮肉の目で見てきました。

なぜこんなに動揺する・・・!?

皆川は人事部に何があったのか確認をしに行ってみます。

すると、提出書類が遅れて副本部長がカンカンに怒っているのだと言います。江藤奈都は”私が溜め込んでいたんです。副本部長からは先週預かっていたいた”と言って、気の毒なほど謝っていたようです。

特に今の本部長に代わってから、文書はいつも彼女が持ってくるようです。

それも企画本部には女性が1人しかいないことが理由のようです。

先日の雑用の話といい、閉鎖的な小さな部門の中で起きていることが見えてきました。

副本部長は前社長の縁戚です。

どうやら前社長の影響もかなりありそうです。

企業本部のトップである副本部長・・・彼は下積みはなく、主に広報・宣伝畑などウマい汁を吸いながら、企画本部に着任しました。

弱者に威張り散らすことで己を大きく見せる、見え張りで、器の小さいオッサンといったところか・・・と皆川は分析します。

前職では秘書が付いていたようです。

それが彼のステイタスなようで、なぜそんな要望が通ったのか理解に苦しみます。

副本部長を引きずり出し、能力相応な人事対応をする必要が出てきました。

人事改革案に手を加えなければ・・・と皆川は考えるのでした。

図らずも迷子が僕の仕事の全ての出来事に絡んでいるとは、彼女は想像もしていないんだろうな・・・

『仕事は終わりましたか』とメールを江藤奈都に送りましたが、まだ返信がありません。

本来なら僕の部屋に来ることに尻込みをして、あがく彼女を見て楽しむつもりでした。

しかし、先ほどの泣き顔の奈都を思い出すと、皆川の胸がぎゅっと締め付けられます。

今日ばかりはこちらが動いてやらねばと皆川は思いました。

コートを羽織ると、返信が届きました。

『終わりました』

皆川はゾクゾクと胸が躍ります。

メールには返信せずに、戸惑う彼女を捕獲することにしました。

我ながら、こんな時にいじめなくても・・・と思いましたが、僕のSっ気が顔を出し始めました。

1人で膝抱えて過ごすより、生産的に過ごせるだろ?

すると急いで帰ろうとしている奈都の姿を見つけました。

ほう・・・

皆川はそんなに急がなくても大丈夫ですよと小走りの奈都に向かって話しかけます。

すると奈都は体をビクッと反応させて止まりました。

そして、ものすごく気まずそうな表情で振り向くとお疲れ様ですと言いました。

奈都の頬には涙の跡がありました。

あの後、どんなふうに過ごしたかは想像がつきます。

どうしてもとうまく立ち回らない!・・・まぁいい

2人は皆川の家へと向かうため、電車に乗りました。

人事データによると彼女はこの路線のずっと先に住んでいます。

駅周辺はおしゃれでも安全でもない地域で、質素なワンルームあたりだろうと想像がつきます。

電車を降りると、歩ける距離ですが今日はお疲れでしょうからと言ってタクシーに乗り込みます。

こんな状態で・・・寒空の中歩かせるのは不憫です。

道筋を覚えておいてください。簡単ですので。と皆川が言うと、はいっと返事をして、窓の外を奈都はしっかり眺めます。

言った後で皆川はなんでだ?と疑問に思いました。

まぁ再び招く機会がないとも限らないが・・・

奈都は窓の外をじーっと眺めています。

ぷっ、単純で素直だな・・・

誰にでもこんな調子なのでしょうか。

当然、東条にも・・・彼にとっては可愛い部下だろうと想像できます。

着きましたよと言って、タクシーを降りる際に皆川が手を差し出します。

すると、奈都は恥ずかしそうに手を握り、ありがとうございますと言ってタクシーを降りました。

手が冷たいな・・・早く温めてやらねば

家に着くと、洗面所の場所を教えます。

自由に使ってください。僕はリビングにいますのでと言います。

まずは腹ごしらえです。

フードデリバリーのアプリを確認するともうあと5分で着きそうです。

そして、ベッドルームのドアを開けます。

次は軽くジャブです。

さあ子羊よ、社会勉強だ

今のうちに寝室も見ておきますか?恋人なら当然長く過ごす場所ですからと皆川が言うと・・・!?

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』9話 感想

皆川の優しさがいっぱい詰まってる回でした!!泣いている奈都を放っておけなかったり、副本部長の人事移動を考えたり、タクシーの乗せたり、フードデリバリーを頼んだり・・・胸キュンポイントがたくさんありました。それから少しSっ気があるところもあって、飴と鞭のような感覚が面白かったです。特に印象に残った胸キュンポイントは、奈都の冷たい手を早く温めようとするシーンでした。

*まとめ*

『冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~』9話のネタバレを紹介しました!

どんどん皆川の心の壁が低くなってきているように感じます。寝室を見せられた奈都のリアクションも楽しみです。お互いのことを知り合ううちにどんどん惹かれあっていくような気がします!!

\新規登録限定50%OFFクーポン☆/
コミックシーモア公式サイトバナー

\画像クリックで無料試し読み/
\画像クリックで無料試し読み/