ファンタジー

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【ネタバレ12話】君と肩を並べて・・・

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』

偽の懐妊の事件がひと段落しました。

正妃となったベルタと陛下は、これからどんな関係を築いていくのでしょうか。

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』話のネタバレを紹介します!

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』
今すぐ無料で試し読み!!

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【12話】ネタバレ!

あれからマグリットが姿を消し、更に陛下が捕縛の兵を差し向けたので

当然ながら王宮はひっくり返したような大騒ぎになりました。

いずれにせよ保守派の権威が大きく削がれることはもはや明らかな局面で、

代わりにこれまで沈黙を貫いていた”第二妃・ベルタ”が自らの手は汚さずに完全な勝ちを得ました。

後宮に残っていた保守派の女官たちは制圧し、これまで保守派に恨みを募らせていた

ペトラ人女官たちの暴発を防いで、今や高級はベルタのものと言われていました。

でも、ベルタは浮かない顔をしています。

なぜなら陛下と前王妃マグリットの間にある歴史を知らずにただ彼女を

切り捨てる陛下を責めたからです。

彼はきっと正しいのだけど、正しすぎて時々嫌になってしまいます。

陛下と1人の人間として向き合うことも、王妃として歴史の当事者になることも

ベルタは前までは怖く感じていました。

彼と向き合い、近づくほど理解できなくなると思うし

気が付きたくない事にも気が付くことになるからです。

でも、いつかこうなって良かったと思える日が来るのだろうかと思えるようになりました。

そして陛下の側近はベルタを新しい王妃にすることによって、

かつての王太后のような強い実権を持つ王妃になるかもしれないと期待していました。

でも、それよりも陛下と対等な個人として渡り合い

寄り添いながら陛下に私人としての瞬間を思い出させる伴侶になって

くれるかもしれない・・・そう思ったのです。

その頃、ベルタの両親も本当の意味で娘が嫁に行ってしまったという話をしていました。

そして娘は君主の妻として、そして次期君主の母親としていったいどこまで行くのかと

未来に期待と不安をにじませていました。

ーーー数日後、今日は初めて新しい王妃として民衆にベルタをお披露目する祭りの日です。

美しいドレスや煌びやかな装飾品を身に着け、そして化粧を終えベルタは

立ち上がり陛下が待つ場所へ向かいました。

陛下はベルタを見るなり驚いた顔をし、「やはり似合うな」と言いました。

「やはり」と言われたベルタはどうしてか?と聞きました。

するとこういう盛装の色も伝統的な行事も元々は異教徒侵攻前に

この国にあった全王朝に起源があるので、全王朝の王や女王の系譜は自分よりも

ベルタやルイに似た容姿だったからだと陛下は答えました。

それを聞いたベルタは言われてみれば陛下は見た目は完全に大陸中枢の貴族という感じ

だなと思いました。長くこの国を治めその年月だけで緋色の衣をまとわれてきた

王室の当代として陛下も似合ってるとベルタが言うと、

陛下は驚いた顔をしました。そしてベルタにこれからはこの国の王妃になるが、

自分の妃として同じ景色を見てくれるか?と聞きました。

そう聞かれたベルタは、それは違う人間なのだから時には違う景色も見えるだろうし、

夫婦になるからといって全く同じものを見る必要はないと思うと答えました。

陛下はその答えを聞いて、そういうものか?と聞くので

きっと自分の目から見える世界も陛下のお役に立つと思いますし、

自分は王妃という立場で全うするだけですとベルタは言いました。

そんな風に答えるベルタに陛下は

「俺と君の背負うものの利害がいつか対立したら君はどうする?」

と真面目な顔で質問してきました。それを聞いたベルタは

やっぱり彼は正直な人だと思い、そうならないように手を尽くしていくのが

自分の仕事だと答えました。

そして出自の異なる自分達が共に生きて行くということがどういうことか

この人となら誠実に話し合うことからきっと逃げないでいられると思いました。

ベルタの言葉を聞いた陛下はベルタとルイと

そして何よりこの国のために自分も手を尽くそうと笑顔で言ってくれました。

そして左手をベルタの前に差し出したので、ベルタはその手を取って共に歩き出したのでした・・・

 

ーーーー完

 

うっかり陛下の子を妊娠してしまいました【12話】感想

これからお互いの事を知っていくベルタと陛下。

陛下は国民の為、ベルタの為、そしてルイのために最善を尽くすと約束してくれました。

とても正直で素直な頭が柔らかい人です。

この人となら伴侶になってもいい・・・ベルタはようやくそう思えたようです。

長年連れ添った正妃をその座から引きずり下ろす形にはなりましたが、

国のためにそれが一番よかったと思いました。

国のために動かないといけないのに、自分の私生活がゴタゴタしていては

たまったもんじゃないですよね。余計な仕事や心配事が増えるだけです。

そしてベルタになら国王と肩を横に並べて立てる王妃になれると思いますし、

お飾りの王妃ではなく頭のキレる賢いそれこそ王太后のようになるのではないかと

今から期待します!なんだか濃い~話だったので完結しちゃうと寂しくなりますね(涙)。

まとめ

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました』12話のネタバレを紹介しました!

これから陛下の横に並び同じ目線、時には違った目線で国のために尽くしていく

事に決めたベルタ。2人の治める国が平和で幸せに満ち溢れることを願います。

『うっかり陛下の子を妊娠してしまいました~王妃ベルタの肖像~』
今すぐ無料で試し読み!!